> > このままいけば……?
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

このままいけば……?
2015/03/19

世界の壁は厚いですね、カーリング女子6位ですか。まだまだ……ということなのでしょうが、地元開催ということもあって期待やプレッシャーも大きいのでしょうけどね。このまま予選突破してくれるといいのですけどね。頑張れ、カーリング女子!

ということで本題です。昨日も朝から東奔西走しておりました。とある業界関係者によると、中古パチスロ機の流通が活性化しているようです。新機種リリースが少ない中で、お店が集客のきっかけ作りとして積極的に入替を行うのではないか?という話です。

ホールはあの手・この手で自店をアピールするわけですが、正直なところ、以前も書いた通りかなりグレーゾーンというか、限りになく黒に近いWEB上での文言であったり、メールの宣伝手法だったりと、どんどん過激になっているのが気になります。

結局、そのツケは規制という形で払わねばならないのは過去の経験からわかるはずなのに……。もう、最終最後、背に腹は代えられないというロジックといいましょうか。現金商売で動きが早いからそういう現象が起きているというのも言えるのでしょうが、最近は本当に目に余るような宣伝が多いと思います。

ところがユーザー目線で言うと、集客の確実性という部分では効果があるということも問題です。内情が理解されていないということはさておき。

業界がどんな状態であれ「自分さえ勝てればよい」「勝てない(=勝てる可能性の低い)お店で打つ理由はない」というところなのでしょう。どこまで言っても、自分が勝てるか否か?が何よりも優先されるという点も、パチ&スロ業界の宿命なのでしょうね。

店長というか、設定を打っている方々がユーザーの意見を自ら集めて日々の営業で駆け引きしながら、宣伝手法を開発しているお店はよいのですが、現実は毎週チラシを打つために入替やプチ・リニューアルをしたり、メールやWEBでグレーゾーンを攻めたり……というのが実情です。

悲しいですけど、「やり損」という考えで、その後の業界の行く末も考えられないほど現状が厳しい、ということが理解できます。

当然ですが、これでは規制緩和などはほど遠く、逆にどんどん規制が強化されていくでしょうし、苦しくなってから考えるという発想では、先は見えないですよね。

もっとまとまりのある組合運営ですとか、キチンとルールを守るモラルですとか……そういった部分を改善しない限りは一向によくならない、と最近痛切に感じるところです。何より、ファンが白けているのが目に見えてわかりますからね。

名誉のために付け加えますが、ほとんどのホールはちゃんとやっています。ホント、一部のお店が目立った動きをすることで、全体がダメと見られているのは理解して欲しいと思うところです。

いっそのことライセンス制などを設けて営業許可も厳しいハードルを課さない限りは、現状よりよくならないのかもしれませんね。ホントに。

調整面はさておき、せめて広告宣伝や一物一価という部分は最低限守って欲しいと思うのですけども……。キレイごとじゃ済まない実情があるにせよ、あっという間に業界の市場が縮小する恐れがあるがゆえに、強烈な危機感を感じている今日この頃です。なんとかならないかなぁ。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・桜散る、魚群は既に、北上中……
(解説)
*季節感もありますが『CRスーパー海物語 桜MAX』でいざ勝負したわけですが、何も起こらずノーマネーでフィニッシュです。まあ、考えて見るとマックス機ですからね。そりゃ簡単に当てることができないことは理解しているのですけど、負けるとやっぱり悔しい……。しばらくは静かにしていようと思う、今日この頃です。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る