> > 敏感対応なお店に……ね
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

敏感対応なお店に……ね
2015/03/23

「第37代木村庄之助が引退」ということで、大相撲の横綱対決を見ておりました。地味ではありますが行司という仕事は、神経を使う大変な仕事ということは素人目にもわかります。なにせ神事である相撲の勝敗を裁くのですからね。お疲れ様でございました。また38代目が早く登場することを祈っておりますよ。

さて本題です。いよいよ春ですね。卒業シーズンも終わり、各地で桜の開花宣言が出され、ビジネスでは「人事異動の季節」でもあり、今は送別会や歓迎会が盛んになっていくことでしょう。新しく何かを起こすのは季節的にも春が一番向いているのかもしれません。

しかしながら、パチンコ店はすっかり不況風が吹いている……という感じで、大変苦しい状況が続いています。「ベースアップ」のニュースもこの業界には関係なく、物価上昇局面でありながら値上げも値下げもできず……そんな感じでしょうか。

また、インターネットでは「パチンコの内規改正でさらに面白くなくなるのではないか?」とか「パチスロの新試験方式により5号機初期時代に戻るのではないか?」などと、ネガティブな意見が数多く見られますし。しかし、その反面で、世の中で言われるように、射幸性の高い機種=人気機種という構図でもないように思いますしね。

むしろ「面白いか、面白くないか?」という点と「お金がかかり過ぎる」「長く遊べない」ということが、参加率を減少させている原因かと。これだけあるメーカーの過多とも言える新台リリース、それを多額投資金で購入するお店、その狙いは参加率を上げるための作戦ですからね。宝くじでも公営ギャンブルでもそうですが、毎週のように参加しているファンはごく一部。ほとんどは空いている時間……休日に遊ぶという程度だし、さらに翌日も勝負できる方はさらに少数になるでしょう。

パチンコやパチスロが「インターネット上で賭けて遊べる」というものではないですからね(笑)。足を使って来店してもらうには、お店のスペースだったり「何か」変化がないと。

調べると、パチンコはマックス機がかなり登場する予想。またパチスロは現時点でも適合率が悪く、今後数カ月は新台がリリースされないという点が懸念されています。メーカーはもちろん困りますが、お店も広告宣伝材料としてキッカケが減ることから少し困る話です。ユーザーも「新台入替があるならお店に行こう」という方もいるでしょうから、来店を控えようという動きも多く出てくるかもしれません。

さあ、ここからは小生も鬼になって(笑)、完全ユーザー目線で立ち回りを考えてみたいと思います。毎日……とは言いませんが、週に2回〜3回遊ぶユーザーにとっては、ホームのお店は信頼が大事。「お客様がたくさんいるから……」「過去にあのお店で勝ったから……」とか、そういうことではありませんよ(笑)。

一言で言うならば「顧客が減っていることに敏感なお店」というのでしょうかね? とにかく対応が早いお店。広告宣伝でも入替でもリニューアルでも「ヤバい」と思ったらすぐに対策を打つお店……そうそう、お客様の動きに敏感だというのが条件でしょうか。

パチスロの場合、メールなどの内容で「この人がホントに設定を担当している」とかわかりますよね? 部下が代わりにメールを書いているという形式的な感じも逆によくわかるというか(笑)。前者のようなお店で遊ぶのはそれで楽しかったり、勝ち負けも可能性を感じますしね。

これからは機械入替やリニューアルじゃなくて、そういった「敏感対応」がお店に求められてくるんじゃないか?と思いますけど。

皆様も、早くそういったお店を見つけて遊んでくださいね。そういうお店をいくつか見つけられると楽しいです、ハイ。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・空き台に、飛び込み着席、でも故障……

(解説)
*『金色』の空き台に座って、打とうと思ったら玉が飛ばないんですよね。そしたらスタッフが「あっ?故障してますから……」ですって。おいおい、故障台ってわかるようにしてよー、と心の中で叫びつつ『おしおきピラミっ伝』で負けです……。今回も最初から運がなかった。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る