> > 6月も動くなぁ
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

6月も動くなぁ
2015/06/01

5月31日は日本ダービーで、競馬ファンがもっとも盛り上がる時期のひとつだと思いますが、天気がよくて何よりでしたね。予報では日曜は雨でしたし。競馬はよくわからないのですが、先行逃げ切りタイプや追い込みタイプや……ペース配分を狂わせたりと結構心理戦的な要素もあって、奥が深いですよね。個人的には「ヤエノムテキ」「リンデンリリー」「穴の安富(安田富男)」という時代で止まっているので、細かく突っ込まないでください(笑)。

さて本題です。週末は大きな地震もあってビックリしましたが、早いもので5月も終了です。歳をとるたびに時間が経つのが早い感じがしています。また、パチンコのマックス機中心の現行内規機も10月発売で終了なので、逆算するとこの6月にも保通(=試験期間の保安電子通信技術協会)を適合しないと、都道府県に検定申請する日程や販売日程などを考慮すると間に合わないってことになるので、メーカーも最後の追い込みをかけているのかな?という印象です。

パチスロは新試験が始まっていますけど、11月末までの発売というのを考えれば、パチンコよりは持ち込み&適合までは少し期間があるのでしょうけども。

それと保通のHPには、申請中機種や試験中の機種の件数は公開されているのでそれを見てもらえれば明らかですが、、5月28日時点の情報でも平時の月よりもかなり多いかな?という印象。また、4月までで言えば、パチスロの適合件数が少し増えていることもあって、しばらく動きは活発となるのでしょう。

問題は……これは不思議ですが、それと反比例するくらい、お店とファンの反応が下がっているという点で、とても深刻です。メーカーとお店……そしてファンの思惑が明らかに「マッチしていない」ということを表していると個人的には考えます。

以前から述べているように、ファン目線で言えばスペック重視は必要ですけど、はじめの取っかかりは「面白くなければ打たない」というのが大前提。ヘビーユーザーなら「おいしいか?(スペック的に甘いのか)」になるでしょう。これをすべて満たすというのは大変ですけど、個人的には面白くなければ、新台好きのユーザーも1回打って終わりとなってしまいます。金銭的にも持たないし(笑)。

お店が新台入替をする理由はいろいろありますが、最近は「宣伝材料がなくなる」という点を危惧しています。基本的にチラシや駅ポスターや看板などもそうですが、射幸心を煽ると疑われる表現は一切ダメですからね。また、リニューアルなどの設備投資は毎週できませんし(笑)。入替には、宣伝といった役割も担っているので、それに呼応する形でメーカーもハイペースでリリースする流れも理解できるところです。

ただしお店は予算も少ないですし、リリース数も多いですから1機種あたりの購入台数を減少させる作戦が顕著。1台とか2台とか(笑)。大型店舗であれば話は別なのでしょうが、こうなるとなかなかユーザーニーズを満たすというところまではいけないということで、少し停滞感を感じるということになるのでしょう。

まあ、小生も『ルパン』や『牙狼』の新シリーズが出てくる?というニュースを耳にすれば、新台より今の『ルパン』や『牙狼』を打っておきたいという気持ちにもなるのですよね。だって好きだから(笑)。

小生の中では、昔のように「新台入替=お祭り=出る」という都市伝説は完全に消えております(笑)。また、お店も新台入替の取り扱いは平均的なものになってますし、むしろ入替当日が一番危険?というプロの話も聞いたことがありますしね。前述したような背景がわかると、それも納得できる部分がありますもの。

さあ、6月。この数カ月はいろいろ動きがありそうなので注目ですね。楽しみです。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・番長も、出世しないね、サラリーマン……
(解説)
*いやー、久しぶりに『押忍!サラリーマン番長』を打ったのですが……負けました。ピークで500枚ちょっと取れた時間帯もあったのですが。何度も研修……受けたんですけどね(笑)。おかしいなぁ?




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る