> > みんな、ここで頑張りましょう!
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

みんな、ここで頑張りましょう!
2015/06/10

ちょっとちょっと……。西武ライオンズが好調なのでご飯が美味しい毎日ですが、全然順位が上にいかないじゃないの! というか、ソフトバンクと日ハムが強すぎ。まあ、トップに立つとプレッシャーで負けちゃうから、3位くらいがちょうどいいのかも? 最後にトップになっていれば……ね。岸投手も戻ってきたし。うん。

さて本題です。梅雨入りしたのでお店も湿りがちかな?と思いきや、少しずつ稼働が戻ってきているお店が増えているということでよかったですね。少しでも明るい兆しが出てくると盛り上がるのですけども。

で、今回はライターイベントの話をひとつ。ご存知の方も多いと思いますが、有名ライターさんが1日プロデュースしたお店の話題が業界内でも結構有名になっていまして、いろいろと意見交換したわけです。

まあ、簡単に言えば「自分でプロデュースした店に早朝から並んで一番乗りで台をゲットした」「設定6っぽいとブログでアップした」「仲間のライターも従えた」などなど。お店のサクラなんじゃないの?ということでバッシングを受けたという顛末ですね。ええ、事実はわかりませんがまとめるとこんな感じ。

お店の方も、ライターイベント自体が悪いわけではないですが、お客様が「どう思うか? 何を感じるか?」が大事で、疑われたり惑わしたりするのであればライターイベントそのものに否定的……ということになるでしょうか。

多くのライターさんだって、ユーザー目線に立ち返れば「有名人が来るなら……お店が高設定を入れてくれるのは当然」くらいの気持ちがあるのではないでしょうか? 逆の立場で、もし自分が招かれたら「期待感あるものにしなくてはならない」ということを考る人がほとんどでしょう。

2012年の広告・宣伝規制(法遵守厳格化)がなぜ行われ、どうしてそうなったか?という背景をもう1度考えるキッカケになりました。煽りに煽りまくってましたからね、射幸心を(笑)。それからは、パチンコ店もおとなしくなったかな?と思いきや、ギリギリを攻める(告知からメール配信、そしてブログへの誘導等)お店が今もあるので、未来は暗いなぁと。

だって、注意されたらレッドカードというか、規制されるのは過去の歴史を見ても明らかなのに「ほかのお店がやっているから」「お店が潰れるから」といった自己中心的な理由で現場が動いていたら、ホント、何をやっても構わないみたいになっちゃいますものね。

ライターイベントがそういった部類と同じにならないように、前述した通り、お客様がライターイベント(=有名人来訪)というのに「どう思っているのか?」「その告知で何を感じるのか?」ってお店側も考えて欲しいなぁと思う次第です。

なんだか上から目線で恐縮ですが、「ライターイベント=サクラ」と思っている方が少しでも存在するならば、今後それを払拭するだけの取り組みをしていくことが必要だと思うのですよ。うん。

ハッキリ言って、広告規制だって、遊技機性能調査だって……毎日ストレスの溜まる思いを持つ関係者やユーザーもたくさんいると思うのです。小生も「何もできないストレス」もあるし、しょっちゅう壁にぶつかります。でも、こうなった原因は過去の経緯を見れば明らかで、今後しっかりやっていかないと、ますます先細りする可能性があるわけですから。みんなで頑張りましょう。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・『ジャグラー』で、1万負けたよ、40分……
(解説)
*今日も待ち合わせで、空いた時間でパチンコでも……とお店に入ったのですが、すぐに台を離れてもよい台ということで『GOGOジャグラー』打ったんですよね。隣に座った方が3回転くらいでペカって、ついアツくなり……。あっという間に1万円なくなったわけですが、時計を見れば40分。早いなぁ、消費スピードが。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る