> > 狙っていくのは……?
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

狙っていくのは……?
2015/06/12

メジャーリーグのジャイアンツ・青木選手は大活躍ですね。そしてヤンキースはマー君が戻ってきましたし、ますます楽しみになってきました。女子ワールドカップサッカーや宝塚記念(笑)もあるし、これでお金が増えれば……(悲)。

さて本題です。先日、お世話になっている東北の機械販売会社の社長様と食事をすることになりまして、意見交換した時の話です。「最近はパチンコやパチスロを打ち散らかしてますよ〜」と笑って言うと、その社長様も「俺もだ」と笑って返答。

そんなに打っているイメージのある方ではないのですが、最近は『パチスロ北斗の拳 転生』が大好きらしく詳しいこと、詳しいこと。小生はもうかなり忘れていたので勉強させてもらったわけです。

で、東北でも『パチスロ北斗の拳 転生』はまだまだ設置されているし、バリバリ動いているという話。しかも稼働のよいお店では人気台にもなっているということでした。社長曰く「出玉を見せやすい特徴もあるし、お客様の期待感を煽るのにはピッタリだろう。ただし、高設定を入れていればの話だけど」と笑って教えてくれました。

設定はさておき、出玉の増加区間だったり、ゲーム展開の面白さという面で評価されているのかもしれませんね。また、爽快感もあるし、版権の強さもあってのことだと思いますが、導入直後はここまで注目されていたかなぁ?と考えてしまいました。次々出てくるパチスロ新機種の評価が悪いからだ、と前述した社長は話をしてくれましたが、今後はどうなるのか?と心配されておりました。新しいスロの『北斗』も秋頃には出てくるようですしね。

噂ながら、今後「AT機」というのは完全に作らない方向になったとも聞きますし、主な開発トレンドはノーマルAタイプ又はA+ART機が主流となるのが確実視されています。また「出玉機能のメイン基板移行化」を前に、年末にかけては新機種リリース数も少なくなるのでは?と危惧するところです。

そういう意味では、今から「機種を育成していく」ことが大事で、また、重点化している機種によって、お店のカラーが出やすい時期でもあるなと感じるところです。むしろ、新機種をどんどん買って入替をしていくよりも、出玉という面でお客様に喜んでもらうという戦略の方が今はよいのかな?ととも思うところです。

逆にパチンコは……東北でも大変なことになっているようです。稼働がどんどん落ちていくということで。ユーザーが求めるニーズとお店が提供しているものとにギャップがあるということなのでしょうが、言葉では簡単でも実に問題が複雑に絡み合っていると言いましょうかね。ここは地道にやっていくしかない部分ですし、メーカーにもヒット機を登場させるようますます期待したいですよ。

上手に立ち回るのであれば、パチよりもスロかなぁ?と、また考えてしまいました。夏に向けて、皆様のご武運をお祈りしております。ハイ。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・パチンコで、財布の中身は、暴風雨……
(解説)
*うーん? 6月に入って調子いいかな?と思っていたら、あっという間に諭吉くんがいなくなってしまいましたよ。まあ、使っていればお金はなくなりますけどね。打ち散らかせなくなってきたなぁ。ああ……。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る