> > ユーザーはよく理解している
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

ユーザーはよく理解している
2015/06/15

週末に新日本プロレスの試合を見たのですが、解説をしていたのが獣神サンダーライガーとミラノコレクションで、不思議なことに声のトーンが似ているのですよね。もう、ワイプが出て……ああ、こっちがしゃべってたんだ、と聞き間違えるほどでありました。顔が似ているというのはよくありますが、声まで似ているというのはなかなかないなぁと思った今日この頃です。

さて本題に。早いですよね、ホント。もう6月も半分を経過しましたよね。先週は雑誌ライターの方が多数いる会合にお邪魔して、いろいろ意見交換してきたのですが、その話をひとつ。

ライターのなかでも、「昔プロ、今は引退」「今はプロ」とさまざまな立ち位置の方がいらっしゃったわけですが、現在パチプロ・スロプロを宣言する方は少なく、「攻略ライター=プロ」という位置付けではないという解釈で話がごたつきまして。小生も、以前に「プロ」というテーマでコラムを書いた記憶があるのですが、基本は「結果を出す」ということですよね? プロって?

パチンコやパチスロの「結果を出す」という意味は「収支をプラスにし、それを極大化する」ということですよね? 1カ月でも1年でもよいのですが勝率をあげながら稼ぐ、そんなイメージです。ちなみに小生はプロではなく「ヘタレ」なので(笑)。また、詳細は不明ですが、トータル時給の高い方がプロとしての技術が高い?と評されるそうです。

13時間営業のお店で、収支3万9千円なら時給3千円。月間稼働25日なら75万円、年間300日稼働なら1117万円、1000万プレイヤーって感じですね。そりゃ、毎日4万近く収支プラスで終了できるならホントのプロでしょうが、現在はあり得ない数字で、その半分でも全国に100人いるかいないか?という感じだ、というのです。

小生、半分の年収500万でもすごいなぁと思ってしまいますが、等価交換のお店で出率100%以上に設定された台を掴むということが大前提になりますから、そりゃ難しい話。現況を鑑みるに、展開次第で勝つ時もあるでしょうが、お店の営業方針など不確定な要素も存在するわけで、前述した通り「プロ=結果を出す」ということなら、プロの名称も名乗れなくなりつつあるのでしょう。

パチンコもまったく同様の考えです。パチンコの場合、設計段階では想定出玉率を数字上で計算されておりますが、実際は……違いますものね。回転数だってバラバラだし。

素人質問で「連チャン即ヤメのように、収支を極大化させることを第一にすれば、時給単価が上がるんじゃないか?」と言ったところ、それはそもそもがプロじゃない(笑)と言われ……。ま、考えて見れば“運”のみでパチもスロも打ちまわすという点でプロじゃないわけですけど、結果(=稼いだ大きさ)だけが評価軸ならプロと呼べるかもしれませんしね。

ライターさんはより勝ちやすい方法をファンに伝えるためにパチなりスロを研究し、少しでも多くの期待感を感じられるような立ち回りを紹介する仕事だと思います。こと、パチの場合は、打ち方を含めて“勝てる”台が非常にすくないということ。1000円あたりで何回回るか?という「ボーダー回転数以上の台」を探すのは本当に大変な作業ですしね。台選びより店選びの重要度の方が明らかに高まっているのが、店舗格差がついている証拠ではないでしょうか。

止め打ちだってハウスルールで禁止しているところもありますからね。勝率アップの方法を教えてもらっても、なかなか真似できない、真似できる環境(=お店)にない、というのもありますから。

つまり、お客様は自分の体験を通じて、ある程度パチやスロを見切っている部分があり、冷静に遊技機としてみているなぁと思うのです。連チャン即ヤメする方を見てもわかる通り、その後持ち玉で長時間遊んでも期待以上のものが返ってくるとは思えないということなのでしょうね。

書き方の問題もありますが、そういう部分でユーザーが気になっている情報、不足している情報をいち早くお伝えする、そういった役割も必要とされるのかな?と最近思うようになりました。難しいですけどね。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・フラフラだ、財布にあるのは、領収書……
(解説)
*いやー、財布を見たら、お札は入っておらず、領収書の山でビックリ! けっこう使いましたからね。ええ、お金のない時は打ちません。パチやスロは、健全な大衆娯楽ですから(笑)。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る