> > ミスマッチの解消を……
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

ミスマッチの解消を……
2015/06/29

すごかったですね、女子ワールドカップサッカー。なでしこジャパンは見事にベスト4進出ですか。朝から興奮しましたなぁ。もうここまできたら、どんなサッカーでもよいから優勝して欲しいですよ。100年は追い越せない伝説になるでしょうからね。しかし優勝しても国民栄誉賞の上はないから、どんなご褒美が待っているのでしょうかね? 気になりますよ、うん。

ということで本題に。月末月初なので仕事が立て込み、休日ながらも事務作業をせっせとこなしておりました。今年も半分を消化しようという時期で、リリースされた新機種の数なども例年にないほどのハイペースなのですが、どうしても違和感を覚えるのですよね。

仕事でパチやスロに携わっていると同時に、「いちヘタレユーザー」としてプレイヤー目線で物事を考えると、ギャップどころか、どんどんニーズとはかけ離れた方向に行っているような……そんな感覚になるのですよ。

パチンコ大好きだった時代は、新機種は1カ月に1回あるかないか?くらいのペースでしたから、新台打ちたさに並ぶというのもありましたけどね。今はいつでも遊べるし、都市伝説の「新台=勝てる」というのも信じている方はほとんどいないでしょうし(笑)。

スロはある程度お店の規模がないと「低設定ばかりだろう」と疑心暗鬼になっている自分もいます。だって、バラエティコーナーとか……ノーチャンスだなぁと思うことってありません? お店の方もおそらく設定を入れようがないとか思っているのではないかと。実際はしりませんけど(笑)。

とにかく今はお金がかかり過ぎるということもあるので、そりゃ毎日遊んでいた方も、懐のあったかい日しか遊べなくなりますよ。また、ギャンブルなら別の公営ギャンブルもたくさんあります。業界全体が広告規制の厳格化により、機械入替やリニューアルなどの材料で宣伝するしかないという事情も理解していますが、それだけでは足を使ってお店に行くというところまでモチベーションが上がらないのもあるかな?と。ヘビーユーザーは別ですけどね。

だからこそ、このパチ業界とユーザーの「ミスマッチ」をどうやって埋めるか?というのがカギだと思うのですよ。以前にも書きましたが、メーカーの方には恐縮ですけど、無理して新台購入しないで、その分をお客様に還元して欲しいなぁと。月に10台我慢すれば、約400万の原資ができるわけで、年間で4800万も還元できるのですから(笑)。

あとマックス機は高い、甘デジや低貸は安いってイメージを持っているユーザーが多いと思うのですが、決してそんなことはありません。イメージの問題だけです。当然ながらマックス機でも甘デジでも低貸コーナーでも新台購入は変わらず1台約40万。

勝てそうだという期待感を持たせる魅せ方が重要ですから、バラエティ化して揃えるにしても、もう少し工夫が必要かな?と生意気にもそう感じるところでして。

というのも……ホームのお店の営業方針が変わったのか、すっかり昔とは違う姿になってしまいまして。よくなるどころか新台入替が増えてから、とにかくヒドイ……。

面白いと思う機種を設置して欲しいと願うとともに、機械選定者はもっとプライベートでもパチやスロを打って、ユーザーの気持ちに一度立ち返って欲しいなぁと思う次第です。うーむ。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・月末は、忘れたフリする、パチやスロ……
(解説)
*どうしても遊びに行きたくなるので、月末は可能な限りパチやスロのことを忘れて過ごそうと思っております。そうそう、お財布もたなきゃいいのだ、とずっとノーマネーで週末は生活することにします(笑)。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る