> > 甘デジコーナーもチェックね
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

甘デジコーナーもチェックね
2015/06/30

年齢もありますが、これはちょっと驚き。鉛筆の主流は「2B」に。「HB」は消えていく?というニュースをキャッチしました。なんでも、筆圧がだいぶ下がったので2Bになるとか。昔よりも字を丁寧に書く子が増えているのだそうで。そういえば、大人になると鉛筆も使わなくなりましたね。

さて本題です。今日も朝から東奔西走しておりました。もう7月ですね。早いものでお盆前の機種選定はほぼ決まり、という感じで。すでにお店もメーカーもお盆後の機械へと話題が移っている模様です。

例年とは異なり、この時期の新台入替についてもやや盛り上がりに欠け、どちらかといえば冬ごもりをどうしよう?という、なんとも気の早い話をするお店もあるようで(笑)。市場全体も雰囲気は暗いですからね。

それで業界の方と話をしたのですが「時間潰しにちょっと遊ぼう」とか「待ち合わせまで少し遊ぼう」といった、この1時間ちょっとくらいの時間の潰し方にパチンコ店は選ばれなくなったなぁ、とつくづく感じるところです。

飲み屋さんでも、立ち飲み屋さんのように回転率重視のお店など、ちょこっと飲みたい方のために業態が変化しているのですけど、パチンコ店のトレンドは「どれだけ長くお店に滞留させるか?」という点に重点が置かれているように思います。

それはそれで悪いことではありませんが、負ける時は1時間で2万近く負けますし、遊ばないで1時間お店の中にいるというのも大変な話で(笑)。どこにいていいのかわからないし、音もうるさいですしね。

もちろんパチでもスロでも「長く打って欲しい」というのを意図したゲーム性が中心と言いましょうか。「ほんの少しだけ遊びたい」という方のニーズを満たす空間ではないのかな?と。社会的にも時間感覚が時代とともに早くなってきましたし、難しいところですよね。

そこで、この「ちょっとパチンコ・ちょっとパチスロ」という敷居の低いパチンコ店を作ってみては?と提案したくなるわけです。まあ、羽根物などはその代表的なところなのでしょうが、ちょっと遊んで1箱くらい勝てるかも?くらいの。

以前は、1時間5000円くらいが大衆娯楽って言ってましたもの(笑)。パチンコで言えば甘デジに相当するのでしょうが、現在の甘デジは差玉性能の幅が大きい機種が多いのでなかなか勝てません。期待感という意味では、例え確率が1/100以下でも打てば打つほど勝てそうにない、という印象ですものね。これじゃマズイ。個人的には昔の現金機のような甘デジが好みなんですけど。

お店もそういったメッセージを持つような機種構成になっているところが少なくなりました。特に首都圏はどこでも同じようなラインナップなので、ちょっと警戒感を持つというのでしょうかね。

なので、お店を観察する時は、パチの『海』コーナーであったり、スロの『ジャグラー』コーナーなど、常連さんがどれだけ遊んでいるか?をひとつの試金石として見て欲しいです。これ、前から述べておりますが。次に主力機種コーナーでしょうかね。特に新台入替時の「1つ前」に導入された新台の稼働かな?

最後に甘デジコーナーです。低貸ではなく4パチの甘デジ。ここ、稼働のよいお店と悪いお店で4パチ全体のよし悪しが把握できますね。稼働がほとんどなくて、低貸に逃げちゃっているようであれば、4パチ全体に信頼がないってことですよ。警戒してくださいませ。打つ前にね。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・夏なのに、『ジューシー』なかなか、動きません……
(解説)
*久しぶりに大好きな『CRジューシーハニー』で遊んだのですが、以前とは異なり……全然回りません! 一体、どういうことだ?と思っていたのですが、もう限界……。だって、1000円で11回なんですもの。無理無理、絶対ムリ。うー。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る