> > 確率の感じ方って?
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

確率の感じ方って?
2015/07/16

いやー、儲かっている業界は勢いがあるようですね。「キャンピングカー、中高年に高価格モデルが人気」というニュースを目にしましたよ。500万〜800万クラスの車が売れているようですね。いいなぁと思いつつ、どの世代にも格差があるのだ……と改めて思う今日この頃です。持っている方は持っていますからね(笑)。羨ましい……。

ということで本題です。先日、会合でご一緒した方と偶然宝くじとモーターボートの話になりまして。まあ、いつものように「宝くじの1等を当てるのは至難の業」とか「モーターボートは6艇だし組合せも少ないから当てやすい」などなど。そんな話をして盛り上がっておりました。

その方が言うには、パチンコ業界関係者は数字とか確率に関しては身近な存在だから、パッと数字を言われてもイメージがつきやすいというのです。

例えば……パチンコのマックスタイプ。約1/400ですが、簡単に引ける時もあれば2000回以上ハマることだってある。パチンコという遊技を通じて大体の確率をイメージできると言いましょうか。

それで「どこまでの確率ならイメージできるか?」という話題になり、1/100は「ああ、あんな感じかな?」と想像もできますが、さすがに1/1000くらいになると「もしかして……?」くらいの感覚かな?って(笑)。

まあ、時々スロのフリーズを引けるのですから、まあ「1/100000くらいはなんとかなるでしょう!」と少しだけ強がっても見ましたが。もう「百万分の1」とか「千万分の1」とかになると、イメージがつきませんよね? みなさん、どうですかね?

この期待できる、当たると思える確率というのは人によって違うのでしょうけども、ここはパチンコやパチスロにも関係するのかな?と。あまりに遠すぎると絶望しか感じませんが、微妙なものであれば「ひょっとして?」と思いますし。

パチンコの甘デジも2ケタという確率に可能性を感じる方が多いのでしょう。今や低貸コーナーでも1/100以下の甘デジスペックが人気なのは、それだけ「当たりを求めている」というのでしょうかね、今は。ええ、もちろん1/100だってそれなりにハマりますけど(笑)。

これが不思議なもので、過去に1/50程度の機種も登場したことがあるのですが、人気にならなかったのですよね。不思議です。出玉という見返りとのバランスなのでしょうが。また1/120〜1/150といった確率は少し中途半端さがあるのかもしれませんし、お客様の心理というのは難しいものです。

スロもさすがに1/10000より辛い確率だと「現実的じゃないなぁ」と思いつつ、1/8000くらいなら1日打てば引けるかも?って思っている方が多いのでしょう。メーカーもその部分を当然狙って機械を開発しているでしょうから。

改めて、パチやスロでなく、社会の出来事などの確率に対して、世間はどんな目線でその数字を捉えているのか?って大事だと思った次第です。でも年末ジャンボなどの宝くじが売れるのは、確率と見返りとのバランスではなく、きっと1年の総決算というイベントみたいな形で社会に根付いているから人気もあるのだと思うのですよね。パチやスロもそうなればいいなぁと羨ましく思った今日この頃です。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・パチは今、3面鏡が、流行ってる?
(解説)
*最近、3面鏡ならぬ「複数パネル」を設置するパチンコ機、増えていませんか? 流行なのでしょうかね? 新機種発表会などでお披露目されると「3つついてた」みたいな(笑)。偶然でしょうが、同時期に同じような企画が考えられていたと思うと、少し面白いなぁと感じました。これからどんどん出るよ!




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る