コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CR鬼まぶや  
 

実戦データ
店舗名 関東S店
換金率 2.5円
遊技ルール 無制限
機種名 CR鬼まぶや
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
投資回転数絵柄予告リーチ
1500円2677玉光→海底(クマノミ群れ)16R
3473ノーマル2R
20133玉光→神龍(銀)16R
1733キタキタキタ→キングシーサー(ペロリ)4R
133魂ノーマル2R
30000円878魂魂龍光+ビュイ音→神龍(赤)16R
1333キタキタキタ→神龍(赤)16R
2277キタキタキタ→キングシーサー16R
1973ノーマル2R
22977龍光+ビュイ音→神龍4R
3777キタキタキタ→神龍16R
47魂魂キタア→キングシーサー16R
103魂ノーマル2R
38133左全開→ムーン16R
2433ノーマル16R
11魂7ノーマル2R
11073ノーマル2R
540魂魂玉光+キタア→神龍16R
15魂7ノーマル2R
25573ビュイ音→ノーマル2R
145終了
総投資額 31,500
総回転数 3,027
大当たり回数 20
確変回数 12
総出玉数 0
換金額 0
収支 −31500

■今回の展開

2005年早々から絶好調の逆である。今回もそれにもれず最初の当たりこそよかったものの、その後は中はまりとしょぼ連、単発の繰り返しでどうにもならなかった。900回近いはまりも確率から言えば当然ありうるでしょう。初当たり8回とったけど、1/350では連荘が伸びなければ勝ち目はない・・・しかし頼りの連荘は16Rの振り分けにやや恵まれただけで、後はあっさり終了が多すぎ。単発も2回食らってるし。この機種の単発は出玉0だからよりきついのだ。
しかし、回りは均して破格の25/Kあったので、負けが少なくてすんだという次第。ヤマト、おそまつはもちろん、ハイパーパッションや釣りキチHなどの新基準は展開の荒さがかなりのものになる覚悟が必要。一日二日では結果がでないのは従来機種以上であることを実感している。
しかしそうはいってもいつも回る台があるわけではないので、そういう時(打てる時)に結果が出ないと収支的にはきつくなるなあ。いずれにしろかなり辛い一日でした。


■プロから見た攻略ポイント

ゲージはかなりきついので、へそも寄りもプラス調整でないと回りません。それとムラも大きく、3円以上の店では1000円〜2000円打ったのでは8/K〜12/Kくらいの下ムラに遭遇して青くなることもあるっしょ。しかし、ゲージ構成はステージ含めて極めてシンプルなので見た目の釘調整で十分に回転数の把握は可能。よってこれはプロもしくは釘読みのできる人向きの機種と言える。
攻略要素は少ないが、時短絵柄をひいてしまった場合、小デジはデフォルト(初期)に戻るので時短開始は長いと30秒程度かかる。打ち出しをあせって玉をロスしないようにしよう。必ず小デジが止まってから、打ち出すことと、3回目の開放に的をしぼって合わせ打ちはしたほうがよいよ。
(それとここだけの話だが、ゴトネタもあるので、撤去が早いかもしれない。良い子のみなさんはやっちゃダメ。もちろんおいらもやらないよ。)


text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る