コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CRウルトラセブンL77  
 

実戦データ
店舗名 関東K店
換金率 3.3円
遊技ルール 無制限・共有・台移動可
機種名 CRウルトラセブンL77
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
12000円2867雷雲+あおり+ウルトラアイVSエレキング
143BB終了ビーム食らう
75000円2034終了
総投資額 87,000円
総回転数 2463回転
大当たり回数 1回
確変回数 1回
総出玉数 0個
換金額 0個
収支 -87,000円

今回の勝負展開

「せっかく取った初当たりも単発とか2〜3連で終わることも珍しくなく、なかなかに辛いというか荒いゲーム性と言えるだろう」――これは最初にセブンを打った時に書いたコメント。いやはや、このコメント通りの結果……生涯負け記録を更新するとは、トホホだなあ。とはいっても、回転数は出玉削りナシで、3.3円で25〜26/kくらいだったから、勝負内容としては、なんら問題はなかった。いい時は30/kは超えていたしね。ただ、現金投資になった夕方には20/kくらいに落ち込む下ムラに見舞われ、一挙に戦意を喪失したというのが事実。
それでも2,000回オーバーなんちゃ、これらの機種を相手にする場合、当然覚悟のラインなので、精神的にはどうってことはない。我々プロは「打 て る 台 が な い こ と が 最 も 恐 怖 で あ り、ハ マ リ そ の も の は 恐 れ る 対 象 で は な い」から。とはいうものの、日銭商売だから大マイナスの日はちょいとチクチクするのは、一般の人と同じデャァ。
プロから見た攻略ポイント

 最近、負け負けデータが多いが……トータルでは勝っているのでご心配なく(笑)。さて、前述したように、なぜ大ハマリで負けても問題がないかというと、我々プロは「期待値(仕事量)がプラスになる台(=勝てる台)」を打っているから。その日は負けても(当たらなくても)、勝 て る 台 だ け を 打 っ て い る か ら、デジタルを回せば回すほどやがて確率の収束によって大当たり回数(出玉)は理論値に近づき、長い目で見ればしっかりと結果(期待値・仕事量)は出るのである。
その台選びに必要なのがイチにもニにも釘調整だ。今更ながらだが、この基本を抜きにしては勝つことはおろか、遊ぶこともできないのが現代パチンコである。
セブンは玉の大部分がへソに向かうゲージだが、ステージに個体差があり、台自体のネカセやクセがわりと出やすい。慎重な試し打ちで玉の動きをよく見ながら、ステージがいい調整の台を見つけてほしい。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る