コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CR水戸黄門M67TF1  
 

実戦データ
店舗名 関東某店
換金率 2.5円
遊技ルール 無制限
機種名 CR水戸黄門 M67TF1
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
4500円1504→助ノーマル
24突確助黄格
25S2 喝 後光F 黄5人助格
69→3振動1 助格 黄5人笑顔助格
101お銀すべり  黄5人 後光Fお銀
323振動3 赤侍 S4 黄3人笑顔 後光F光圀再始動
31振動2 お銀すべり 黄5人 後光Fお銀
214→格お銀スベリ  黄5人 後光F光圀
98→3振動3 S5 黄5人 後光F光圀
89S5 チャンス目 水戸黄門チャンス弥七
231S2 喝 後光F 黄3人お銀
1646S3 ミニ雀風呂
4013振動2 格さんすべり 赤3人悪代官
229振動2 S2 後光F悪代官
4202→3振動2 金「矢七に」成敗
103振動2 格さんすべり 赤5人 後光F光圀
341擬似振動3 後光F助格
3448→7振動1 パチってちょんまげキャラ風呂再始動
112→3S4 黄門キャラ弥七再始動
18振動3 格さんスベリ 赤5人光圀
83振動3 赤侍 アイテム三味線 後光Fお銀
669振動1 S4 後光F悪代官
14突確チャンス目 助黄格
71八兵衛すべり アイテム三味線 後光F助格
12振動3 助さんすべり S5 後光Fお銀再始動
85突確チャンス目 助黄格
149振動2 黄3人笑顔 助格
4471→助振動3 桜吹雪法則崩れ 後光F弥七
558→7チャンス目  水戸黄門チャンス助格
881赤侍 S5 後光F弥七
3988→助弥七「湯の支度が」 ミニ雀風呂
195振動1 黄3人 後光Fお銀
41→格振動3 アイテム印籠 後光F光圀
122→助振動2 八兵衛声「次は当てるよ」 後光Fお銀
153振動1 黄3人 後光Fお銀再始動
247振動1 赤侍 黄3人 後光F弥七
584振動1 お銀スベリ アイテム三味線お銀
3452→助振動1 金「印籠の」 赤3人弥七再始動
158→助振動1 ゼブラ パチってちょんまげ弥七再始動
28突確チャンス目 助黄格
802振動2 ゼブラ 後光F悪代官
1409振動3 赤3人 後光Fお銀
236終了
総投資額 4,500円
総回転数 4,005回転
大当たり回数 4+38回
確変回数 4+28回
総出玉数 51,174個
換金額 12,7500円
収支 123,000円

今回の勝負展開

 まあまあのアキで、1,000円で30回ちょいの回りだが、出玉性能を考えるとこれで十分。後は最近ひどく欠損している当たりを普通に待つだけ。ところが、いやはやひどく驚いた。というのも、アタマの大当たりリーチが“どノーマル”だったから。何かキャラを見逃していた可能性もあるが、記憶では何の予告もなく、閉まったふすまの前で「444」と止まっていた。しかもこいつが最後に例のアレで「ひかえおろう!」と確変昇格。その後も確率分母付近にくると、ちゃんと当たること当たること。さらに確変もそこそこに伸びて、夕方には大勝ち確定。夜に入ってからも当たりは続き、結局閉店20分前まで打ち、実質大当たりは38回、5万発越えの大爆発。「パチってちょんまげ」も2回見られたし、初当たりも確変も安定していて久々の快勝。
故田山プロが著書の中でハマリのあげくに連チャンして勝ちが確定した時「この時がくるのを涙をこらえて待っていたのだ。」と書かれているが、今日のカースケはまさにその心境。
今年は今回みたいな当たりの多い、いい年になりますように。
プロから見た攻略要素

 まだまだ現役で頑張っているホールも多い黄門さま。なんといっても変動中の玉持ち(玉増え)とアタッカー性能の秀逸さに尽きる。今回のホールでは大当たり消化が150秒ほどで、かつヘソ入賞も多かったから、出玉は1,700個台の後半かと思われる。こ こ が 削 ら れ て い る ホ ー ル だ と 打 て る ラ イ ン は ま た 変 化 す る。
あまり早さはない機種なので、スタート回数を左右する釘だけでなく、アタッカーとスルー周辺も考慮して台を選択すること。それではみなさん、今年もがんばってよい年にしましょう、お互いに。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る