コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CRダイナマイトキング  
 

実戦データ
店舗名 関東I店
換金率 2.5円
遊技ルール 無制限
機種名 CRダイナマイトキング
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
3000円662R通常マンゴー 2GO (♪ラ)スリリングロング
14500円29271ロール 緑 3GO (♪シ)モーフィング
172R通常黄色 3GO (♪ド)コマ送り
12000円3852R確変黄色 2GO(♪ド)スリリングロング
257モンスター 赤 2GOコマ送り
673ロール 3GO 白
1171ロール 1GOスリリングロング
107白 3GOスリリングロング
192R確変モンスター マンゴー GO1(♪シ)スリリングロング
2373ロール 3GO 白モーフィング
32R確変黄色 1GO (♪ド)スリリングロング
782R確変モンスター 赤 2GO (♪ド)コマ送り
142R通常黄色 2GO (♪シ)スリリングロング
2407白 3GOモーフィング
192R通常白 2GO (♪シ)コマ送り
1947レインボートルネード
132R通常1ロール 緑 3GO (♪ラ+A2)コマ送り
357モンスター 白 3GOコマ送り
182R通常黄色 1GO (♪シ)スリリングロング
21071ロール 黄色 3GOモーフィング
522R通常モンスター 赤 2GO (♪ラ)コマ送り
310終了
総投資額 29500円
総回転数 2040
大当たり回数 10+11
確変回数 7=10 3=11
総出玉数 4828
換金額 12,000円
収支 -17,500円

■今回の展開は・・・

入店してみると、モーニング高確はなし。釘をざっと見ていくと、スルーはまあまあだが、電チュー寄りのマイナス調整が目立つ。その中でも一番、デキのいい台から打ってみる。
最初は24/1k くらいの回りをキープしていたので、「やはりデキのいい台は違うな」と心の中でブツブツつぶやいていたけど、肝心の当りはさっぱり。当りをひいてもすぐに3でとばされ、ちっとも玉は増えやしないどころか・・・のまれのまれの三度笠。いつのまにか回りもめっきり落ち始め、ついに投了となった。裏引くと、なんでもそうだけど、ダイナマイトもきついね。

■攻略ポイントと台選びの視点

ダイナマイトは打ち方、立ち回りに大きく差が出る機種だけど今回はようやくその打ち方について書くよ。

◇まずは台選択について
モーニング高確があれば、当然ゲットしよう。よってまずは入店したら釘よりもデータよりも何より、告知ランプ(15Rランプの2つ上)をざっと見るべし。次は釘だけど、スルーはそこそこでもあまり問題はないが、 電 チ ュ ー へ の 寄 り は 超 重 要 だ。
電チュー左上の2本の釘で調整する店が多い。とりわけ大事なのは上部の釘だ。これが、左に振られる、また下に下げられるが最も多いマイナス調整だ。またナマ入りのへそにも注意だ。釘読みが苦手な人は次のことに注視するべし。回る台の特徴→必ずナマ入りがたまにある。電チュー2個以上の複数入賞が頻繁にある。さらに電チューサポート時には玉は減らない(増える)。
この3つが絶対条件で、こ れ ら を 満 た さ な け れ ば 回 る 台 で は な い と言っていいだろう。
冬月は40玉なら1000円22回を最低ラインにしている。(出玉削りなし)最後にアタッカーも大事で、ポロポロこぼれる調整ではとても1500個は不可能だ。

◇打ち方について
自分の経験則ではストロークはやや弱めに構えるほうが電チュー入賞は安定する。天付近で玉がバラけるのはあまり好まない。しかし、 バ ネ 悪 の 台 は ダ メ 。
5-6発に一発くらいで弱い玉が出るような感じだと、バッドだ。捨てたほうが賢明。止め打ち、合わせ打ちは難しい。基本は打ちっぱなしで可。しかし、もちろん高信頼度のリーチアクションの場合は止めたほうがいい。保留が埋まっての止め打ちもきちんとやる必要はない。なぜなら、止めることによって保留が埋まるほどのグッドタイミングの玉飛びが崩れるからだ。
逆に、入賞が悪くなったら、一旦打ち出しを休めるのも効果がある。どうしても、スルー通過と電チューへの寄りのタイミングが狂う時があるからだ。(この辺はややオカルトっぽいけど、実戦的にはほんとにそうなのよ)

◇更に打ち方
打った人はすぐに気づいたと思うけど、大概の店は電チューサポート時は、玉が増えるもしくは増える調整になっていると思う。よって、増える調整の店だと、大当たり確定の ギ リ ギ リ ま で 電 チ ュ ー を 狙 い 続 け る べ し。
アタッカー調整がよければ、当然ラウンド間は止め打ちだ。8個目がアタッカー直後で止めるくらいが調度いいかな。9カウントぴったりを狙うのではなく、無駄玉は増えても必ずオーバー入賞を狙うこと。理想は、8カウントの時点で盤面に玉が3つあり、それが全部入賞して、アタッカーが閉まるタイミングと玉の動き。大体はそんなにうまくいかず数個の無駄玉が出るけどそれはそれでよし。あまりシビアにして9カウント調度よりは出玉は増えるだろうから。びしっと決まると得した気分にもなるし、実際得するよ。

◇止め時その他
今までの実戦記で書いてるけど、出目と挙動による判別も使えるが、最近はタイマー右横の3色に光るランプ点灯によって、ABの判別をしている。これはパチンコ雑誌などに掲載されていたものを切り取って手元においてある。完璧ではないようだけど、自分が打った限りではほぼ網羅されており、ABの判別はほぼ完璧。これなら、白1が出ようが、タイマーが戻ろうが、心置きなく止められるし、逆もまたしかり。(実際にランプ表と対照して打つと、ガセの挙動と高確なのに挙動普通のアクションを示す時が意外に多い・・・今まで高確連チャンと思っていたものが、飛ばして時短中に引き戻しのケースもかなりあったと予想される)

◇最後に
立ち回り方によって収支が大きく変わる機種だけに、ちゃんとした知識をもって打とう。過去の実戦記を全部読んでもらえれば、大丈夫だと思う。打つ前に、是非一読を勧めるよ。釘が渋くなってきたから余計にね。ではまた。

text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る