コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CRスーパー海物語 M55W  
 

実戦データ
店舗名 関東H店
換金率 3円
遊技ルール 無制限・移動可
機種名 CRスーパー海物語 M55W
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
22500 582 8→9カジキW
15 4→1ノーマル
17 5魚群サンゴ
849マリン
134 4ノーマル
257 8ノーマル2段階
941 9魚群マリン
1156サンゴ
5741ノーマルW
49魚群黒潮
573サンゴ
111ノーマルW2段階
216サンゴ
2258ノーマル
6404魚群マリン
3619ノーマル2段階
484サンゴ
1583サンゴ
334サンゴ
150終了
総投資額 22500円
総回転数 4427
大当たり回数 19
確変回数 11
総出玉数 9350
換金額 28,000円
収支 5,500円

■今回の勝負展開

釘調整は変化なし。思ったとおり「シメないイベント」だった模様(苦笑)。まあどこの店のイベントも今はこんなもんでしょ。打ち出して最初の500円で8回転、次が4回転の時は、冷や汗が出そうになったが、ストロークも安定していなかったし、釘に変化はないのだからと・・・迷わず続行。

見たことか回りは上がり始めて、2万円打ったところで、ほぼ26/1Kくらいに落ち着いた。(後半はもっと回って、さらにベースは上がったが)スパ海でこれなら上出来上出来。後はタンタンと投資を繰り返すだけでいいのだ。何も考えちゃいけません。ええ、そうそう考えるのは回転率を上げるストロークだけ。
で、2万円を使いきり、新たに3万円目をサンドに突っ込んでしばらく、泡からカジキが出現。ぼーっと見ていると8で止まった。と思ったら、赤いカジキがジャンプして9に変わった。何も考えてはいけないといってもやっぱりアタマに赤い絵柄だとほっとする。これが、バタバタと5連チャンしてくれて、大分かっこうがついた。戦闘態勢完了!ってとこ。

次は確率以内に単発いっこ。しかし、回りがあるからこれでも玉は増えている。しかし、3回目がてこずった・・・・4ケタの少し手前で、持ち玉がなくなる寸前に、タコ×カニで魚群が発生し、どうかなあ?と見ていると無事、タコで踏みとどまった。伸びてくれれば、最高値を超えられるが、1回で終わり。

4回目もくすぶる。600手前で当ったのはしかし確変で何とか5発きて、盛り返す。追加投資がないので気持ちは楽だが、回りに反して一向に玉は増えてくれない。この展開は最後まで続き、しかし、閉店50分前に泡でカメが止まってくれたおかげで、薄氷を踏むような「勝利」が確定した。

理論値からいうと当りは全然足りないけど、回ったので負けなくて済んだ。これはこれでまたヨシ。(魚群は9回出て2回当り・・・外れは7回だ。もちっと当りの時に出てきなさいよってば)

■プロから見た視点

 データからわかるとおり、総回転数が4400回転を超えている。初当りが8回で時短の恩恵がそう多くないことを考えると、これはいまや破格の回転数だろう。今日日ここまで回せる機種は海とダイナマイト以外はないんじゃないかな。

初当り確率は1/486とメタメタだったが、スペックの良さに助けられた典型的な日じゃなかろうか。いつもいつも理論値どおりになるわけではない。こういう日も含めてトータルな日々の結果が理論値に落ち着くわけであって、こんな日もないといけないわけよ。噴く日だってあるんだからさ、たまには。
というわけで、ストロークを駆使して、みんなもスーパー海を打ってくれ!大海よりもずっと素直なゲージは大好きだ。

text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る