コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CR大海物語M56  
 

実戦データ
店舗名 関東Y店
換金率 3円
遊技ルール 無制限・共有・台移動可
機種名 CR大海物語M56
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
70002008→9クラゲサンゴ
459魚群黒潮
399マリン
19ノーマルW2段階
906黒潮
2099ノーマル
281魚群マリン
408マリン
542→3ノーマルW2段階
171クラゲマリン
99マリン
303魚群黒潮
204黒潮
4807ノーマルW2段階
394サンゴ
2416→7ノーマル
214→1枠外サム
688マリン
514シャッフル
158ノーマルW
372魚群マリン
1094クラゲサンゴ
574魚群黒潮
3484黒潮
12981赤魚群マッスル
1817枠外サム
36サンゴ
895魚群黒潮
179魚群マリン
1142黒潮
410終了
総投資額 7000円
総回転数 4360
大当たり回数 30
確変回数 17
総出玉数 32,000
換金額 96,000
収支 89,000

■今回の勝負展開

回りはオッケー。30/1kを超えている。大当たり3分消化の「大海」で換金3円ならお宝だよね。でも、あんまり回りすぎると長持ちしない可能性も高いので、現金投資がなくなったら、あえて30/1kは超えない程度まで回りを落とすつもりだ。

そんなこんなで7000円目を投資していると、本日始めてのクラゲ発生(トレジャーモード)。スーパーを見るとはナシに見ていると、パタリと止まって、尻尾がピクピク。お見事初回は確変突入。しかも、3回続いてくれれば楽なんだけど・・・といつものように、謙虚に願っていたら「麻梨子姉さん」が登場してくれて、うんと楽になった。2回目も速い回転数で引き戻し含めて、8連チャン達成。これで、本日の大負けはナシ。キープできれば日当確保。伸びたら最高・・・まあいずれにしてもただ淡々と打つのみ。その後も当りは問題なし。

しかし、勝利が決定した夕方からくすぶり始め、毎回お約束の4ケタオーバーの1200超え。このまま、2000回を超えてしまうのか?まあそれはそれで避けられないわけだから、回る台の持ち玉ならこれ幸いだ。ここはくさらずふてくされずに回すことだ。最近は色々あっても当り事態はまともな日々が続いているので、カースケも大分大人になったのだ。(笑)

1300回転のちょい手前、強烈な違和感・・・・ははあ「魚群が赤い!」やっぱ、はまったらこいつ!こいつだけはどうにもこうにも頼りになる。3発で終わったが、時短で奇跡の引き戻しで合計6連で最高値まで戻し、大勝利が確定。最後にまた3000個くらい飛ばしたが、大満足で規定時間を終えた。
 
■縦の比較の重要性

やっぱ海はいい。何度打っても、この時間効率の速さと甘めのスペックのコラボは強い。ゲーム性も奇跡のリーチバランスと奇跡の確変単発バランスは最高だ。スー海を打った後に大海を打つと、画面が数段汚く見えるが、中身には関係ないので、期待値が高ければ大海を打つ・・・ただそれだけ。

そして「海」系で、ジグマっぽく立ち回る最大のメリットは、台数が多いこと。イベント対象になりやすいこと。メイン機種なのでホールもシメにくいこと。そして何より、デキがいい台が分かったら、後は縦の比較(故 田山幸憲プロの造語・・・・前日までの釘と当日の釘を比較して見ること)によって、バラマキ(試し打ち)をせずに済むことだ。このメリットは計り知れず、現金投資の最初の時点で、回らなくても、下ムラと判断できる→元々回りムラの出やすい「海」系であっても、迷わずに打ち切ることができるのだ。今回も当然そうだ。

ただし、周囲のお客さんとはあまりにもベースが違っているはずなので、持ち玉になってからは、保留止めやステージ乗りの合わせ打ちをあえてアバウトにして回りを落としたりしている。今はホールコンピュータで簡単にベースが出るからね。長く、遊ばせてもらおうと思ったらこんな「裏の裏技」も必要なのだ。自分ながら、せこいなあと思いつつも、まあこれはこれで・・・


text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る