コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CRぱちんこ華王・美空ひばり M62TF3  
 

実戦データ
店舗名 関東H店
換金率 3円
遊技ルール 無制限・共有・台移動可
機種名 CRぱちんこ華王・美空ひばり M62TF3
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
10000197移動
90001792→1夜背景 ミニ扇子×3[中吉] ひばりカットイン 赤F
52お祭チャンス目
1006→9ミニ扇子×4[美空ひばり] ひばりカットイン レインボーF美空
178赤短×3[爆発] 青F
1306→5狐背景 チャンス目華王チャンス[秋]
568ミニ扇子×2 [大吉]ひばりカットイン
548赤短×3[爆発]ひばりカットイン美空
4456→7赤短×2[爆発] ひばりカットイン 赤F扇子
249赤短×2[爆発] ひばりカットイン レインボーF美空
810青短×3[爆発] ひばりカットイン 赤F扇子
394移動
2628赤短×1連発
33811夜背景×2 両美空図柄
48赤短×2 青F
509終了
総投資額 19000
総回転数 2769
大当たり回数 1+12
確変回数 1+6
総出玉数 0
換金額 0
収支 -19000

■今回の勝負

釘を見るとへそは狭い。寄りも今ひとつ。しかしまあ元々ゲージもスペックも甘いわけだからとりあえず打つべし。それにストロークの可動範囲が大きいので、何かできることもあるだろう、で、打ち出すと最初のl000円で回ったのは32回……これはすごい、すごすぎる!がこんなのは上のムラに決まっている。それ見たことか次の1000円では12回。次の1000では18回とその正体を現し始った。これは十分に予想できたことなので、慌てずにいよいよと広角ストローク打法を試してみる。チョロ打ち…駄目、右強目…駄目、ごむ打ち…駄目。総計1万円コネコネと打ったが、全部駄目。バタバタと回り出すと思えば、別の台のように沈黙してしまう…これでは到底駄目。

ふと見ると、数台先が開き台になった。この際移動。少しだけ打つとこちらの方が、ステージが良さそう。とは言え、他に選択肢はないので、我慢できる範囲なら我慢すべし。いつもなら打たない回りだが、どうしてもストローク攻略の可能性を試したくあがいているうちに、夜背景が3回続いて連続ボタン予告が[中吉]と微妙なラインで、ひばりカットインとなった。発展先は残念、扇子リーチ。これはどうなのかと思っていたら、そのまんま当って再抽選で確変に。助かったが…回りが。

突確をはさんで3連は悪くないが、回りが…汗。しかし次の当りも望外に早く、チャンス目から華王チャンスでそのまま当り。これも時短で単発1回加えて3連と悪くはないが…。3回目は確率を超えてきた。たいした回転数ではないのだが、回りが足りないゆえ、玉減りが速い。赤短が爆発して3連。この回りだと確変が一伸びしないと厳しいが、それはままならない。結局これもずるずる打ち込んで見たが、やはり駄目。また数台となりが空きになったので、玉を持って移動。もうこの際何でもいいから可能性を試すことだ。

移動した当初だけこっちも回る。でもすぐに馬脚を現す。1000円20回をきるかきらないかの台はほんと辛い。でも今日はもういい。これでも玉なら期待値は一応はあるんだから。やることをやって帰ろう。そしてさえない回りのまま、単発をゲットして、当然のごとくその玉も飲まれて投了となった。素人まる出しの立ち回りで恥ずかしい限りだが、初物ではたまにこういうこともあるってことでご勘弁。

■プロから見た視点

スペックの甘さと人気(話題性)の高さがそのまま釘調整となって現れた今回。冬ソナ導入時よりも厳しい調整、ある程度予想はしていたがそれ以上に厳しかった。こんな回りでも終日お客さんは満席。100%の回転率。これだと店は相当に利益が出るでしょ。そして、見た目も箱を積んでいるお客さんはいるし、お店にとっては、いいことづく目だ。

ストローク攻略の可能性を探って頑張ってはみたが、この店では通用しなかった。しかし、必ずつけいるスキはあるはず。導入が進んで、しばらくしてからのアケ直しを待つ以外に今の所手はなさそうだ。全国的にこんな状況が多いのじゃないかな。スペックが甘く人気が高い機種につきもののことなので、これから打つ人はやはり十分注意をしてほしい。いつも書いてことだけど、回らない台では出てもそれはたまたまであって、トータルでは必ず負けてしまうのだから。

---------------------------------- 前回の日記で、表記のミスがありました。ご指摘くださった読者の方ありがとうございました。

text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る