コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CR燃える闘魂アントニオ猪木TS  
 

実戦データ
店舗名 関東k店
換金率 40玉
遊技ルール 無制限
機種名 CR燃える闘魂アントニオ猪木TS
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
75002405左ゴッド 激突「迷わず打てよ」ゴマちゃん2匹南極
66真知子ドロップキック
2646擬似連×2 激突「真冬の…」猪木群 ゴマちゃん2匹南極
2124擬似連×2 激突「人生とは…」俳句「鹿」坊主
435002080終了
総投資額 51,000円
総回転数 2802
大当たり回数 4
確変回数 1
総出玉数 0
換金額 0
収支 -51,000円

■今回の猪木さんは・・・

一万円札をサンドに入れて、バトルの開始。予想以上によく回る。ステージの出来がいいのも強い。35/1kくらいをキープしながら、回り続ける。これなら、40玉交換でも文句はない。後は、早く持ち玉にしたいところ。開始から一時間弱・・・いつものように周囲の中で現金投資の一人旅。でも、回りがあるから、全然あせらない。結果は最後についてくるだろう。

投資が7500円になったところで、通行人が出たと思ったら、左からゴッドがとぼけて登場。チャンスアップか。インパクト激突となって、南極へ。ゴマちゃんが2匹いるので、これまたチャンスアップか。はたして、リーチアクションを見ていると、お見事、確変5の直撃当り。投資も少ないし、回りも申し分なし。これならいけるぞ。しかし、確変はあえなくワンセットで終わり。

さあ、勝負はここからか。時短をスルーし、淡々と出目が進行する。260回転を過ぎたところで、ガセばかりの擬似連が2回目でインパクト激突。まあまあなのか。またもや南極へ行って、ビデオテープを見ているようにゴマちゃん2匹。これも無事当るが、残念の青い絵柄。でも、回りがあるから玉は順調に増えている。

3回目は早かった。擬似連2回からまた激突。鹿の俳句が出て、坊主で当り。でもまた青。確変が強くないスペックだから仕方なしか。でもまあ全然オッケー。玉は増えている。勝負になりそうな回りなわけだし。

さて4回目が展開としては肝心なところか。回りは一時的に落ちるときもあるが、33/1kくらい均してみればキープ。どんどん打つ。打ち込む打ち込む。700回転を過ぎたところで持ち玉はあっさり壊滅。もちろん、何も迷うことなく、追加投資。時間も回りもまだまだある。勝負はこからだぁぁぁ。

しかし、当らない。あっさり1000回超える。思えば、昨日もスーパー海での初当りは1600回オーバーだった。そこからまくったんだよなあ。今日もその口か。しかし1500も1600も超える。何だかちっとも当る気がしなくなった。というか当ってない。アツい予告も演出も何もない。1700回くらいのところで、猪木群で病院行き。これはまあまあか。であっさりはずれ。いよいよ当る気がしないな。

隣にポンと座ったお姉さんは、爆連開始で景気よさげ。アクションや演出のことを尋ねられたので、分かる範囲で答えて、後は「猪木群が18人だと当りだよ、よく数えてごらん」とか「プラカードがアントキのにおい」になれば確変あたりだよ。とか冗談でからかったりして笑いをとりながら、時間は過ぎていく。1800回もスルー。1900回もスルー。そして、いきました2000回もスルー。なんだか、とういより回りも落ち気味。2000回を超えたところで、1000円20回程度が続いて、嫌気がさしてくる。当らないのはいいけど、下ムラにはもはや耐えられん。ヤメやめ。帰ってボクシングでも見るとしよう。

■プロ的な考え方

うーむ。1/300を超えるデジパチを打ってるいるのだから、今回のようなことはよくあること。避けて通れない試練の道なのだ。つらいといえばつらいけど、回る台を打ったので、とりあえず問題はないとしよう。

どんなに回る台を打っても、当らなければ、勝ちようはない。しかし、回らない台では当る当らないを別にして打つことすらできない。だから今回のケースも避けて通れないってことだ。猪木さんじゃないけど、「陽はまた昇る」だ。パチは勝負ごとのひとつ・・・勝負の中身がありさえすれば、手痛く負けた時こそ、胸をはれだな。

では、みなさんよいお年をお迎えください。一年間ありがとうございました。来年もよろしくお願いします。

text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る