コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CRスーパー海物語 M55W  
 

実戦データ
店舗名 関東H店
換金率 3円
遊技ルール 無制限
機種名 CRスーパー海物語 M55W
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
46500 1817 4ノーマル2段階
182 4ノーマル2段階
3 3魚群サンゴ
21 3マリン
44 1ノーマルW2段階
47 8サンゴ
104 9魚群黒潮
17 3魚群マリン
22 4黒潮
63 3ノーマルW2段階
30 8黒潮
316 8魚群黒潮
85 7魚群サンゴ
7 8→7魚群黒潮
8 1魚群マリン
102 7魚群マリン
23 6黒潮
40 2→3魚群フルーツ
55 1魚群マリン
8 8ノーマルW
870 終了
総投資額 46,500円
総回転数 3864
大当たり回数 20
確変回数 12
総出玉数 30,937
換金額 92,500円
収支 46,000円

■どこまでも深い海・・・はたして

お店に着くも、もちろん冬の早朝、誰もいない。場所だけ確保して、車の中で寝ながら待つ。白々と夜が明けてきた頃、一番に並びを開始する。防寒もして、持ち運びイスをセットし、PDFでお仕事モード。そうこうしているうちに、常連さんたちもちらほら。今回のイベントに誘ってみたTくんも到着。PDFをしまって、とりあえず入店して直後の立ち回りを二人で確認。数がないだけに、失敗は許されないからね。

いざ入店。案の定、「ゴールデンハンマー」の札はついていない。しかし、夕べ遅くの店内放送で「ゴールデンハンマーをご用意します。」とアナウンスされたので、今までの経験からあることは間違いない。

足早にあらかじめ決めてあるコースをひたすら走りながら、マッハで釘を読んでいく。ヒトシマ目にはなし。二シマ目にもナシ。少々、あせってきた。三シマ目のスーパー海に一台あったが、すでにどこかのおじいちゃんがモノを置いている。愛用の台なんだね。四シマ目にももう一台発見。そしてもう一台は、ゴジラだった。Tくんのルートにも一台あって、どうやら4台のみ。うち3台を押さえた。話し合って即座に判断〜二人ともスーパー海を打つことにした。

しかしながら、いつもの「ゴールデンハンマー」に比べると、アケは全然弱い。しかも出来ワルの台ばっかだ。大きな期待はできないけど、10個戻しにそこそこ入れば、35/1kをきることはあるまい。と打ち出すと、大体そんな感じプラスアルファ。でも、スタートで回っているわけではないので、時間効率はよくない。Tくんの様子を伺いにいくと、すでにランプがピカピカ。カメが当ってる。ほどなく、主任さんが「ゴールデンハンマー」の札をにやりとしながら、頭上につけていった。

回りは、少しずつ上がってきたが、ともかく当らない。全然当らない。ここのところほんとに毎日毎日当らない。一昨日は、猪木さんで2000回当らずをやったばかりだというのに。そして当らない。500、600、700、800、900、1000回・・・まるで当る気配なし。時間だけがどんどん過ぎる。1100、1200、1300、1400・・・いったいどこまでいくというのか。1500、1600、1700 を超えた辺りから、無我の境地に入る。というか入らないとやっていけない。1800を超え、いくら回る台とはいえ、投資は4万5000円を超えた。

そして、保留が埋まってリーチなので、下を向いて投資額を確認していると、「ギュンギュンギュン」と走る音が。。。。気づけばサメが走っていた。1817回転目。時刻はなんともはや薄暗くなる午後4時だった。再始動も抱っこサムも勿論でず。巨大投資と費やした時間に比して、手元にあるのは1600個ばかりの持ち玉。でもまあ、とにかくスタートラインについたと思おう。

ダメならダメでとにかく規定時間まで打つのみだ。それしか選択肢はないんだから。2回目はしかし早かった。280回転くらいで、またサメが走った。勿論、サメはサメでサメのまんまなのが、どうもあれだけ。。。しかし、奇跡はここから起きた。大当たり終了後の保留玉で魚群が走 った・・・図柄はカメ。こういうのが当るようなら苦労はすまい。とあきらめの境地で、見るともなくも見ていたら、おやまあ当ったじゃないの。そしてこれが4発きて、計5発。ベースが高いので、大当たり出玉も多めなのが助かる。これて何とか規定時間まで、追加投資はしなくてもいいかも。

3回目もミラクルか。時短終了直後・・・というか最後の最後まで電チューの開放を狙って、3回目の開放で入賞した玉が魚群を連れてきた。図柄は愛しの赤いカニ。外れたと思ったら進んで当った。お おミラクルだ。これが3発きた。そして、時短中にもう一回カメが当ってワンセット。でもまあ都合で5+5の10連達成だ。追加投資の可能性は消滅。もしかしたら、勝って帰れる可能性も色濃くなってきた。この時点で収支はプラスになっているわけだし。

この後、時短引き戻しを2回はさんでの9連がやってきて、収支プラスは決定した。というかかなり勝っている模様。そして、噴いているTくんが、「今日は、のり でいきますよ。」とのありがたいお言葉。こうなりゃ、さらに上乗せをするぞと意気込むが、残念そうは問屋が下ろさず、最終ラウンドは900回弱で当たらずだった。でも、ベースが上がったおかげで、3万発以上も玉が残ったのもこれまたミラクルか。

■パチと人生これまた・・・

なんとまあ、ドラマチックな長い一日だったことか。終わってみればあっという間でもあったけど・・・パチンコの面白さは、一日たりとて同じ展開の日がないということだ。こりゃまた人生と同じ。似てはいても、同じ日はないのだ。だから一日一日を大事にしていかなければならないのか。

今回のような展開は出来ればご勘弁願いたいが、しかし喜んで受け入れなければならない日でもあるんだ。「人間万事塞翁が丙午」であり、「禍福はあざなえる縄のごとし」なのだ。

それにしても、今回のような特別なイベントはそうはない。事前にしっかりと打ち合わせして、臨んだのが功を奏したカタチ。行き当たりばったりでうまくいく事もあるが、それはあくまでラッキー(偶然)によるもの。誰かが「勝ちは偶然、負けは実力」と言っていたが、それもそうだなあと思う。

今年も厳しい年になると思うけど、せいぜい頑張りますので、今年もご愛読よろしくです。新年のご挨拶にかえて・・・

text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る