> > CRエヴァンゲリオン〜奇跡の価値は〜 SF 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CRエヴァンゲリオン〜奇跡の価値は〜 SF  
text by 冬月カースケ
 
筐体画像 前回の実戦記でちょろりと書いたが、調子は悪い。当たりの内容が云々というより、「ないようがないよう!」って感じ。(笑) たとえば、弟子とノリウチする機会がたまにあるのだが、その基本的な戦略をもう一度立て直すことが必要になっている。

どうしてもノリウチを意識して、共有や高換金を意識してきたが、その結果ギリギリの台に手を出すことが増えて、持ち玉がつながらないと、追加投資による長時間稼動ができなくなっている現状がイタイからだ。3円以上で移動共有可というルールなのだから、釘調整がきつくなるのはそれは当然といえば当然と分かってはいたが、やはりパチは長時間稼動してこそなんぼの遊技。

追加投資も問題なく長い時間打つことを優先すべしと今更ながら、ノリウチ戦略の変更とまたもやの原点回帰で、いくべし。ということで今回も低換金店を狙っての実戦だ。低換金ながらも持ち玉移動と共有が認められているi店。でもなぜかそれをしている人はほとんどいない。店内にも一切書いてない。責任のありそうな店員さんに確かめて、冬月は可能だと知っているが・・・積極的には行ってないということなのか? まあいいや、オッケーなんだから。というわけで、i店に向かった。
狙いは『エヴァSF』だ。ただし、今回は釘を見てから弟子を呼ぶ作戦とした。より慎重にね。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る