コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

オキニといえばこの1台!『CRそれゆけエリちゃん』  
 

実戦データ
店舗名 関東L店
換金率 40玉
遊技ルール 無制限
機種名 CRそれゆけエリちゃん
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
500円53それ浜
137
61
151
ボーナスラッシュ55連チャン
100+165ボタン
725カウントダウンそれ浜
183
107
1035
95
1001カウントダウンそれ浜
441ラッキーナイン
47
77
2243それ浜
15
43
161
1153カウントダウンそれ浜
675トリガー
37
273
705
113
171
63
23
ボーナスラッシュ5連チャン
100+177カウントダウンそれ浜
343
301
25
623ラッキーナイン
163
1493ボタン
37
ボーナスラッシュ10連チャン
100+76突確
6
ボーナスラッシュ4連チャン
100+52終了
総投資額 500円
総回転数 3,441回
大当たり回数 107回
確変回数 4回
総出玉数 21,855個
換金額 54,500円
収支 54,000円

うふふ・・・

まずは500円、慎重に玉を電チューに合わせていく。ここのところ、前半はまずまずの出だしで当たりを重ねていけるのだが、これからって時に10,000個余りの持ち玉を飲まれること2回。600超えで当たらず時間切れで終了なんてこともあり、すこしばかりエリちゃん不信に陥っているのです。今回は果たして・・・その500円の玉であっさりと当たりを引いた。さすがに一発目からボーナスラッシュに入る筈もないので、この当たりが潜伏確変であることを願いながらデジタルを回していく。どうやら潜伏ってる感じ。早い当たりが何回かつづき幸運にもこの玉でボーナスラッシュに突入! できることなら10連チャンぐらいはして欲しいところ。この一週間でその10回を超えたのは僅かに1回だけ。これではいくら回りがあっても勝てるはずもない。まあここはあまり意識せずに当たりを積み重ねていくしかない。
なんとか無事に10回を超えたところで100回転の時短に突入した。個人的にはこの時短がこの機種のウリというかなんとも熱い部分なのだ。 「うふふ」の声で始まるリーチに期待せずにはいられない。この機種、通常時の作業が体力的にキツイ為、この確変と時短が唯一楽に打てるところ。 ボーナスラッシュに突入した時の興奮と安堵感といったらそれはもう・・・。
楽とはいえ、時短中も常に3回開放の電チューを狙っているわけなので、それなりの作業といえば作業だが、通常時の作業に比べればそれはもう・・・。熱いリーチを期待しながら電チューを狙っていくと、90回転に達したところで初めての「うふふ」でリーチとなって見事に当たってくれた。デジタル横のランプが赤く点燈した瞬間がまたエリちゃんフェチにはたまらないのである。こんなことを書いてるだけでも打ちに行きたくなってしまうほど完全にエリちゃんにやられちゃってます。

さて、この時短での引き戻しはラッキーの一言なので、この後は気軽に打っていられそう。
ところが、気軽にだなんてとんでもない。いやいや、ちょっと自分でもびっくりするような驚異の55連チャン! 2ラウンドの当たりが5回あったとはいえ、出玉のほうは一気に19,000個まで達した。出だしが良いといってもここまで良いのは特別。いっそのこと止めてしまってもいいかな、なんて思ったりもするけれど、いくら結果が欲しいとはいえこんな早い時間には到底止めることができないのが辛いところ。もっとも止める理由など他にはないのだし、ここはひとつ出玉をさらに上乗せしていくのである。
気持ちを切り替え、淡々とデジタルを回していく。
その後は55連したからというわけでもあるまいが、当たれど当たれど単発ラッシュでその数20数回。まあ、それでも十分な回りと深いハマリも無かったお陰で3,000個程の出玉を減らしたに過ぎない。3時間余り揉まれた後に、ようやく本日2回目のボーナスラッシュに突入した。ホッと胸を撫で下ろす・・・。今回はどこまで伸びてくれるかな、なんて思っている間もなく5連チャンで即効終了だとさ。ちっとも上乗せなんてできやしない。
気がつけば外はもう既に陽が沈んでいた。このあと何回ボーナスラッシュに突入できるのだろう。
そんな思いで更に回りを重ねていくと、今回はまずまずのところで突入してくれた。連チャンも納得の10回をゲット。そういえば今日はまだ16ラウンドが1度も出てなかったっけ。3%の出現率ではあるが100回も当たれば1回ぐらいは出てもいいんじゃないの?
そして次は2ラウンドの当たりの後、たった1回でボーナスラッシュを引き当てた。しかも変な掛け声と共に待望の16ラウンドがやってきた。心の中でほくそ笑む瞬間である。今回はあっさり4回で終わってしまったが、こればかりはどうにもならないので、16ラウンドを引けたことに喜ぶべきである。
長い時間を費やしてしまったが、何とか少しばかりの出玉を上乗せでき、そして何よりも明日に繋がる結果を残せたことに満足して本日のパチンコにけりをつけた。

細かい作業の積み重ね

やはりこの機種の腕の見せ所は、電チュー抽選外れ時の寸止め1個打ちかな、なんて自分では思っております(この表現でお分かり頂ければ幸いです)。 特に必殺技というほどではないけれど、ここを普通に打ってしまうとその後の電チュー開放のタイミングが微妙にずれてしまうため、きっちりとやりたいところだ。この辺は打ち手のレベルというよりは性格の問題なんでしょうけどね。

<タッキーのひとり言>
今週はずっとエリちゃんを打っていたわけだけど、実は新台の『黒ひげ』くんがなかなかの釘をしていたもので、打ちたい気持ちをグッと堪えての実戦でした。しかもエリちゃんの背中の島に入っていたもんだから、一人訳の分からない妄想に囚われて落ち着きのない一週間でした。コラムのネタになる黒ひげを打つべきか、儲けの大きいエリちゃんを打つべきなのか・・・。

text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る