> > CR弾球黙示録カイジ欲望XF2 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CR弾球黙示録カイジ欲望XF2  
text by 冬月カースケ
 
筐体画像 ざわざわ・・・深夜テレビでも放映が始まった「カイジ」を最近はよく打っている。羽根デジタイプ、ミドルタイプともに。

理由は、まずまず回せるから。ステージデキにかなりの差があり、デキのいい台だとかつての『海スペシャル』を打っていると思えるくらいステージからの決まりがいい。加えて、電チュー性能が抜群で、スルー通過から電チューに向かう玉の流れと、電チュー開放のタイミングが非常に合いやすく、変動中は実に気持ちがいいのだ。100回時短でスーパーリーチが数回かかれば、200個以上の玉が増えることもままあるのが魅力。

ゲーム性も打てば打つほどなかなかにディープで割りに楽しいかな。ということで、今回も低換金だけど、釘をアケシメしてくれるha店へ向かった。真っ先に「カイジ」のシマへ行くと、昨日打って2万7000個出た台はシメシメ。

でも、もしかしたらと期待していた、シマでもっともステージがいい台の釘が一週間ぶりくらいであいた。迷うことなくバンダナを置いて、店内を一周。他にもちょっと食指をそそられる台もないわけじゃないが・・・まあ今日も ざわざわ といくことにしよう。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る