コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CRハイパー海物語INカリブMTA  
 

実戦データ
店舗名 関東HA店
換金率 40玉
遊技ルール 無制限
機種名 CRハイパー海物語INカリブMTA
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
100021
100022
200039
125003335ノーマル
6 6マリン
311 4→5擬似連 魚群人魚
33 2R
15 2R
67 2占い巨大イカ
92 8白い地図 魚群
252 4ノーマル
45 4地図巨大イカ
145 6ワリンチャンス 魚群ワリン
148 9ノーマル
67 2R
30 1マリン
16 4マリン
322 6擬似連1 魚群人形
301 2カジキ
190 2→昇格宝物
44 1ワリンチャンス 魚群ワリン
7 8水竜
501 終了
総投資額 16500円
総回転数 3007回
大当たり回数 19-3回
確変回数 9-3回
総出玉数 12020個
換金額 30050円
収支 +13550円

■カリブの海は青すぎる・・・

そいで今日は二日目。一応整理券をもらうが、一抹の不安。最後に打った台は角なのよ。ほとんどが地元のObaちゃん常連なんだけど、ほらそういう人たちって意味無く角台が好きなケースが多いでしょ。カリブは100台以上あって、入場は20番だから普通なら楽勝なんだけど、入って見たらほらみなさい。やっぱどっかのおばちゃんのハンカチが置いてあるっちゃ。やっぱなあ・・・・意味無く、好きなんだかなんだか角が、よくとるんだよねえ。まずしかし順番だから文句言っても始まらない。大体、整理券をもらいにいったのは冬月が一番だったのに、その時点ですでに20番???スタッフに聞いたら、60歳以上の人には前の日に配ったんだってさ。

さてさてでは、今日も試しうちから入ることにしますか。一台目21回、空いている台をもうひとつ22回、さらにということで昨日と同じ流浪の旅・・・4台目にしてようやくワープを抜けやすい台に遭遇。昨日の回りは望むべくもないが、何とか20後半あるかも・・・とりあえずの宛てが出来るとほっとする。当たりを狙うことはできないけど、台の選択と技術介入は自分の力だからね。名手タッキーもスペシャルレポートで書いてたけど、技術介入しないと勝てる台はいまやほとんど存在しないのだ。つまりは「回る台は現状においてほとんど無く、回せる台だけが存在する」と思うなり。というわけで、後は回すのみ。

回りはストロークと、合わせ打ちでまずまず良好なれども、当たりはなかなかやってこない。前の人が回していた回転数を差し引いて、自分だけの試行でも確率分母は超えて、400回転台に突入。魚群はおろか、スーパーリーチにもめったに発展しない実に静かなカリブの海。でも回るからなんだよねえ・・・・何も起きないこの静けさが「海シリーズ」のいいところ。時間効率が上がるしさ。よく「リーチがかかんなくなっちゃった」て言葉を、常連のobaちゃんたちからよく聞くけど、「回る台はリーチが少なくなるんですよ。いいことなんですよ。」と何度「説明」したことか。100%徒労なんだけど。(笑)

ともあれ、回し続けるべし。保留満タン消化で、メインデジタルの短縮機能が作動しない。はたしてリーチだ。絵柄はジュゴン。そしてついに来ました。待望の魚群・・・・しかも目にあざやかな赤!!!・・・というわけでサムくん登場。ああ驚いた。冬月の場合、初打ちは偶然にもこういうケースが多いなあ。『仕事人』の初当たりもノーマルリーチ即止まりだったし。薄いとこひくよねえ、われながら。ってゴメン、書いてから気づいた・・・赤魚群は昨日のことだった。メモをよく見たらノーマルリーチだった。

さてさて、ともあれこの確変は一発で終わり。確変弱い機種だからまんずこんなものか。2回目の当たりは、ちょうど確率ライン。アドベンチャーモードにしてたら、擬似連を一回はさんで、くらげ経由の魚群で5がダイレクトに当たった。むだな突確を2回もはさんで、結局はワンセット。と思ったら時短で単発を一個追加の3連。

次も深くは無いけど、また単発。その時短でまた単発。時短が終わってすぐに、ワリンチャンスからまた単発。当たりはいいから文句はないけど・・・青いなあ。
そして次の当たりも早め。140回転くらいで、タコカニWリーチがノーマルでまんまタコがそろって笑ってる。久しぶりの赤い絵柄にほっと一息。で確変に入るとはかったようにまた無駄な2R確変。でもようやく一回は生き延びてくれた。マリンの泡だけだが、タコカニWが揃ってくれた。そいで3連。

次は確率ラインで、トラ柄の扉をマリンが開けて魚群からアンコウ。その次も確率ラインで影が横切ってカジキが2を止めた。ほんと青いなあ。青すぎるぜカリブの海。ぶつぶつ言ってたら、今度は泡の青い当たりがラウンド中にイルカが横切って何とか確変。ワリンチャンスで魚群が走り3連。これで今日の負けはなくなったか。

しかし、その後は悲しいくらいに回りが落ち始める。5000円くらいの玉を基準に25/1Kを切ったらヤメと心に決めていたら、最後に20/1Kくらいに激落ちしたので、躊躇なくヤメ。やっぱイマイチの台だったか。
■王者「海シリーズ」

ああしかし青かった・・・今日の海は。もっともスー海とは確変率が違うから当たり前。爆発力は弱くなったかな。しかし、演出面ではうまく進化したと思う。思ってたよりもずっと楽しみながら打てたもの。

特に、チャンス目停止による静かな擬似連がいい。ノーマルモードやアドベンチャーの場合、同じ絵柄が並ぶと期待できるものね。ありゃ、飽きにくくていいや。しかも、大概は1回の擬似連で終わってしまうけど、まれに2回3回とくる時もあって、そりゃアツい。大概はそうなりゃ魚群をつれてくるからね。

確変中の確変確定法則も活きている上に、カジキなら確変とか、パイレーツだとバトルリーチ出現の時点で確変確定なんてのも素敵。通常時のアドベンチャーモードは以前の大海のステップアップがうまく引き継がれているし・・・冬月は飽きるとモードを切り替えて遊んでたけど、アドベンチャーが多いかな。それぞれに時間効率が変わらないようにうまく演出されてるし。なかなかいいんでないかい、ゲーム演出は。やっぱ王者は王者ってことか。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る