コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CR花の慶次−雲のかなたに−  
 

実戦データ
店舗名 関東K店
換金率 40玉
遊技ルール 無制限
機種名 CR花の慶次−雲のかなたに−
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
150056赤扉 キセル 赤文字直江
382R通常
4500501ステップ5 キセル 赤文字直江
66岩捨突破
11ランクアップ六R大ふへん
62R確変
22慶次撃破
26捨丸撃破
1302R確変
82R確変
18ランクアップ六R大ふへん
73直江突破
492R通常
992R確変敵軍増援
63岩捨突破
22直江突破
652R通常
230ランクアップ弐R桜擬似連2 家紋真田
5突破
45直江突破
992R確変
47慶次突破
682R通常
973長寿白衣装 金ふすま 赤文字奥村
68慶次突破
43慶次突破
11直江突破
61ランクアップ弐R大ふへん
11岩捨突破
2岩捨突破
3直江突破
67慶次突破
20突破
4ランクアップ四R大ふへん
90ランクアップ弐R大ふへん
89岩捨突破
1182R確変
15直江突破
252R確変
5慶次突破
252R確変
2岩捨突破
16慶次突破
892R確変
5突破
14ランクアップ六R大ふへん
252R通常
560ランクアップ六R金屏風「これより修羅に」真田
22R通常
146終了
総投資額 6000円
総回転数 4236回転
大当たり回数 50回
確変回数 50-6回
総出玉数 40824個
換金額 102060円
収支 96060円

■やっとのことで・・・・

500円の玉を借りて数発で今日の打ち切りが決定するような回り方。玉の流れやヘソへのからみ方が秀逸だ。「感謝!」の一言。1000円40回転くらいの勢いで回るわけだから、ムラがきても30/1Kをくだることはあるまい。何よりも見た目がそうなのだから、確信になりうる。これに当たりがついてくれば、今日は大勝になるかもしれない。・・・と何度そう思って敗れたことか・・・それはさておき、もはや結果は関係ない。ただ回すのみ。

1500円の玉を打ち切る寸前、赤い扇とセリフ予告に「カーンカン」とキセルがきた。打った人はわかると思うが、ほんとに出ない予告だけにそれだけでアツいはアツい。ふすまも赤色。そして開いたふすまから現れたのはおまつ。これもめったに出ないストーリー系。知り合いのパチ好きでなかなかの腕前の後藤くんが、隣にいたので「どうかな?」と打診すると「扇が赤色ってのがちょっと・・・」と慎重の発言。でも一応激アツの部類でしょ。でも、慶次だからなあ・・・・成り行きを見守るとおまつは笑わずハズレ。やっぱ慶次は手ごわいなあ。

と思っていると、またもや赤扇からキセルが「カーン」、いやはや驚き。こんなに出る予告じゃないからね。へたすりゃ一日打っても一回出るかどうかの時もあるくらいだから。でもふすまはノーマル、リーチは直江で普通の文字。こりゃあかんかと思いきや、セリフ文字が赤。で問題のカットインは大!こうなればいくらかは期待できるのか????まあ、直前のキセル+おまつハズレの例もあるから、あまり期待せずに成り行きを見守れば、おぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ、最後の絵柄で当たった。すごぉぉぉぉぉぉぉぉい。そもそも慶次を打って、初当たりで絵柄がそろう当たりは滅多に経験してない(2R確変からか大ふへんが圧倒的多い)ので驚いた。このバトルが大連チャンなんて贅沢は言わないから、せめて3連か4連してくれればと願うが、勿論願いが聞き入れられないのは世の常。バトルは「まだまだ続くぞぉ」から捨丸一人で合戦という最弱パターンで、あっけなく我が軍は敗北。まあこれも仕方なし。でも今日の釘はとにかくいいのが救いも救い・・・・勇気100倍で回しにかかる。1000円40回近くあればね、元気も出るってもの。

しかし、さすがにアタッカーいまいちの大当たり一回分の出玉で事足りるほど慶次は甘くない。持ち玉は340回転で壊滅。勿論迷わず追加投資。回る回ると喜んでいるうちに、回転数はあっという間に500超え。でもまったく辛くない。としばらくしてチャンスが。激アツのステップ5からまたまた来ましたキセル!ふすまはノーマルだが、またもや直江の赤文字。カットインは小さいので、微妙なところ・・・ところがまたもや絵柄がそろう。おお奇跡だ。

で、この当たりは伸びてくれた。ランクアップを含め出玉ありが7回続いたところで敗北。しかし、この時短の99回転目で、「敵軍増援」の2R当たり。花びらを見れば、お見事の確変のほう。いやあ驚き。こんなに初当たりひくなんて。(でも途中から隣に座った兄さんは、500円で当てて、終わったと思いきや時短で4回引き戻して、25連チャンしてた 驚!!)お願いだから玉無しで転落は避けたいとの願い聞き入れられ、城門を2回突破の出玉を追加。

ここから大はまりってのがいつものパターンだが、今回は違う。4回目の初当たりはたった230回転。桜擬似連2回から本日始めての家紋ふすま。真田なのでだめかと思いきや、大ふへんのほうでうれしい当たり。城門3発を加えた。玉持ちがいいので、出玉は結構な分量。11回の玉あり当たりだけで、回りを考えるとすでに今日の負けはなさそうだ。なんたる僥倖。反面、知り合いの後藤くんは、2R通常を連続してくらっていまだに玉なし。その隣の若いおねえちゃんは、昨日から引き続き、朝から1000回オーバー。回ると当たるは別なんだよねえ。怖い機種は機種だわ。

そして、ようやくというか当たり前のように、いつものはまりがやってきた。400 500 600 700 800 900 と何もなく時間だけが過ぎる。しかも悪い癖で、持ち玉になるとストロークや合わせ打ちが雑になり、回りはやや低下傾向。このまま閉店まで沈みっぱなしの展開でもいたし方ないかと思っていたらチャンスが・・・・。めったに出ない長寿桜の白い衣装からふすまは金色。家紋はなし。奥村さんのリーチは赤文字。当たらなくは無いという感じか。期待せずに見ていると、でかした奥村さんがやってくれた。(始めてこの子で当たった気が・・・)。そしてこの5回目の初当たりが驚愕の展開となった。

■慶次 考

出てくるキャラは、慶次や直江さんが多く、捨丸や岩の場合は一人でもほとんど城門行き。ダメかと思うとマントが降りてくるし、昨日からの超しょぼ連(昨日は初当たり7回で、2 1 3 2 0 1 0 )と大違い。続く時はこんなものか。上で5発、下で15発の大爆発で、出玉はあっというまに4万発を大きく超えた。さすがは慶次。手ごわいだけにつぼにはまればこの程度の爆発はある。

後藤くんはとみれば、片手以上の投資で得た玉もすべて飲まれ、帰っていった。勝たせてあげたかったけどね、仕方なんだよね。。。ご愁傷様。

で、規定時間のちょい前に、6回目の初当たりがランクアップフルラウンドという幸せを運んで、最高値更新かと思われけど、保留玉で敗北・・・・負ける時は大概こんなもの。最高値復帰はならず、時間切れとなった。二日間打ち切りで、まずまずの成果でほっと一息。これで2008年はようやくプラスに。
面白いけどやばい機種だよねやっぱ。ただ、今回くらいの回りがあれば、出ようが出まいが関係ないんだけどね。それでも回りがある時に結果がでてほしいもの。

そういえば、慶次は777@アワードの入賞機種でもあるし、スペシャルレポートで「元 釘師額」さんもゲーム性は絶賛していたな。確かに打ち込んでいくと面白さがわかるかも。特に戦モードはなかなかにディープ。続く時は、ほんとに面白いように続くし、その演出は秀逸。ちょうど黒ひげのバトルと似ていると思うな。

というわけで、回りさえあれば、今後も打つかもなあ・・・回り具合よりも当たりの展開にもろ左右される機種だから、やや怖い感じもするけどね。(笑)
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る