> > CRハイパー海物語INカリブMTB 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CRハイパー海物語INカリブMTB  
text by タッキー
 
筐体画像 先日、パチの友人と食事をする機会があり、当然のことながらパチンコの話に花が咲き、とあるお店の店員さんの話になって、盛り上がったのですが・・・ある時自分が彼の勤務するパチ屋で羽根物を打っていたときの事、隣の台の役物が作動不良で交換することになったのですが、その役物、ネジを外して盤面から取り外す際に左右の落しの袴の上にある風車が邪魔でなかなか上手い具合に外せなかった為、なんとその彼、風車を釘ごと手でグニャっと曲げて役物を交換し、当然のようにまた手で元に戻す荒業をやってのけました。いやいやこれにはもう開いた口が塞がりませんでしたよ。羽根物の袴の風車といえば、落としの釘以上の生命線だと自分は思っていますから。それをあなた、普段釘なんて叩いたことのない素人同然の人が誰にも了解を得ずに手で・・・(汗)。 思わず店長さん呼んで教えてあげたら、その店長さんも暫し唖然としてました。やはり釘というのは一律同じ調整のように見えますが、個々の台に見合った釘調整をしているのです。特に羽根物などは役物固有の癖が存在するわけですから、そんなことをしたら大変なことになります。しかも営業中に。ただ風車に関してはどうでしょう? 今までの経験から言わせて貰うと、それまで良く“鳴いてた”ものが駄目になってしまったというほうが明らかに多いようです。店長からすれば、不幸中の幸いとでも言ったらよいでしょうか。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る