> > ぱちんこ黒ひげ危機一発2 等々 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

ぱちんこ黒ひげ危機一発2 等々  
text by 冬月カースケ
 
筐体画像 怪我の具合はイマイチ直りが悪く、やや気が滅入る日々。パチの当たりもそれに呼応するかのように日に日に悪くなり。悪い時が続く今日この頃。

まあ、こういった稼業に限らず色々浮き沈みはあるものだから、あまりくよくよしていてはいけないと思うが・・・それにしても困るのは、当たらないこと、玉が出ないことよりも、打ち込める台が見つけられないこと。「パチプロ殺すにゃ刃物はいらぬ。釘をポンとシメリャいい!」ってなもんだ。

この前の日も、試し打ちという名のバラマキで7人近くの福沢さんをホールにおいてきたぱかり。何だか不安な感じだけど、怪我もあって動きにくいが、隣接して数件のホールがある某駅前店で勝負してみることに。とんでもない結末が待っているとも知らずに・・・まずは、ホームから覗いて見るがナナシーを二台打ってみて打つ台ナシと判断、駅前に移動。前日のバラマキだけは繰り返すまいと思ってはいたものの・・・・

入店してみると昼前だというのに相変わらずの客ツキの良さ。すでに8割の席は埋まっている。とはいうものの、客ツキほど釘は良くないのがこの店。なんでこんなにお客さんがいるのか?いつも首をかしげながら実戦している店だが、怪我以来全然覗いてもいないので設置ラインナップも把握できてない。随分、設置場所も移動しているし。

とりあえず、広い店内をグルグルと歩きながら、開き台の釘を見ていく。とはいうものの、ミドルタイプ以上は基本的に使えない店なので羽根デジと変則タイプ機種を中心に見ていく。ずっーと以前に打ったことのある「黒ひげ2」が開いたので、覗いて見れば、打てるかどうかギリギリのラインのように見えた。他にアテも見つからなかったので、とりあえず打ち出す。
最初の1000円では、ステージ上からポコポコ決まり32回転。まずはいいスタートだけど、ムラだよね。そんなに回るカタチになってないもん。とはいうもののとりあえず回っているのだから、いぶかりながらも打つべし。2000円、3000円と足すうちに、やっぱ30/1Kなんてあるわけない。5000円打ったところで回転数は115回転。まあそんなものか。それでも、スルーの調整と電チュー回りがいいので、3.3円ということを考えればまずまず打てるはず。

それにしても当たらないなあ。昨日から合算で1500回転はゆうに突破している。で、次の1000円で18回しか回らず、やっぱダメか・・・とあきらめかけて、それでもあと500円だけとボタンをプッシュした瞬間・・・・




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る