コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CR花の慶次−雲のかなたに−  
 

実戦データ
店舗名 関東L店
換金率 40玉
遊技ルール 無制限
機種名 CR花の慶次−雲のかなたに−
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
10000円367
10000円693
10000円1014
10000円1308
10000円1689
10000円2055
2500円2116もののふチャンス奥村助右衛門
18大ふへん者
6岩兵衛城門突破
752R通常
17500円100+1119終了
総投資額 80000円
総回転数 3434回
大当たり回数 4回
確変回数
総出玉数 0個
換金額 0円
収支 -80000円

今日も一日キセル待ち

新装2日目ということもあり、いつもより少し早めに家を出たというのに店の前には先客は3人程。とはいえ開店時間になるとそれなりに賑わいをみせるのがこの店の良いところ。そんな状況の中いざ開店となって、一人だけ新台とは違う方向へ向かって行った。案の定釘は昨日の形のまま。昨日の状況からみても、稼動も出玉も程々といったところだったので今日のこの釘は十分予想できた。もちろんこれはこの店に関してのことなので。全く稼動のない状態でも締めてしまう店のほうが圧倒的に多いのが昨今の流れ。それを当てにして何度騙されたことか(笑)。

さて、昨日の賑わいとは打って変わって、誰も居ない静かな島。まずは500円分の玉をと言いたいところだけれど、慶次に関してはまずは最初の10,000円と言ったほうが良いのかな・・・そう思いながらも最初の500円、その次の500円と、回せたデジタルなんと50回。釘はいつもの開け幅と変わらないのでたまたま上手い具合に回っているだけのことだとしても回らないよりは断然良いに決まっている。それでも丁寧に回していけば30回後半の回りが得られそうな台なのだが、そこまでやっちゃうと消化も悪くなるので程々に。最初の10,000円で回せたデジタルは367回となった。これだけ安定して回ってくれていれば何も恐れるものはないでしょう。一生当たらないってわけでもないんだし。次の10,000円で693回、その次が1,014回と徐々に回りが落ち始めた。それでも普通に当たってくれさえすれば全く問題ないので投資を続ける。

ここまで淡々とデジタルが消化しているだけで、当たりそうな気配というか、予告もなければ期待できるリーチも何一つない状況。かかるリーチといえば伊達さんと真田さんばかりでさすがにうんざり。初めて打った時にはこのセリフにしびれたもんだけどなぁ。そんなことを思いながらデジタルを消化していくと1,300回のところで赤の扇子から、家紋付きの赤襖が現れた。かなりの迫力。一瞬体が仰け反った(笑)。金ではないがこれは初めて見るやつだし、結構期待しても良いんじゃないのかな? 行き着いた先は直江兼続リーチ。キセル予告はないにしても当たっても不思議じゃないでしょ、これは。戦況を見つめること暫し。んー、残念ながら外れ。やはりキセルかもっと強いリーチに発展しないと駄目っていうことか。

次に期待しながら更にデジタルを回していく。1,500回転を過ぎたところで前々回の冬月先生のコラムの大負けデータが頭を過る(笑)。いやいや笑い事ではないし、他人事でもない。日々そんな局面と遭遇することを想像しながら闘っているのだ。逃げることもままならないし、明日に持ち越すこともできないのだ。とまぁ、自分に言い聞かせ打ち込んでいく。先生には申し訳ないが、一旦頭を過ったらあの91,000円って文字がなかなか頭から離れない。それにしてもキツイ展開でしたね。こればかりはどうすることも出来ない確率の世界。とはいえ、立ち回りの上ではノリ打ちや玉の共有などでこんな大負けも回避できるし、収支的にみてもこちらの方が安定しているといえばしているのだが、元来パチンコなんて一人で打つものだしね。余程お互い気心が知れて、同程度のレベルで、同じ意識と、高い収支目標を持った人同士じゃないと本当の意味でのノリは成立しないと思っている。もちろん持論ですけれどね。ちょっと下世話なことをいうようだけど、一日二万円儲かれば良いって人と、四万円欲しいって人が同じ意識で打てるとは思えないですよね? どう考えても。これは先生と自分のことを照らし合わせて言っているわけではないので誤解しないで下さいね。

ちょっと話しが逸れてしまったけれど、今日は何だかとんでもない展開が待ち受けていそうな予感。もっともこの時点でかなりマズイ展開といえばそうであるけれど。

そしてとうとう一度も当たらずデジタルが2,000回転を超えていた。朝から現金投資で2,000回超えは2回ループの大工の源さん以来だ。この手の台を毎日のように打っていれば、きっともっと頻繁にあるのだろうけれど。そしてその後も当たりそうな予告もないまま迎えた2,116回転目、もののふチャンスから到達したリーチは奥村助右衛門。文字が赤い以外は全く期待できそうにない感じだったのに、当たる時は得てしてこんなものか? なんとも拍子抜けするような当たりかたではあったが、かえってこの方が良かったのかも。キセル予告なんか出てきた時には多分ドキドキしちゃって見ていられなくなりそうだもの(笑)。あ〜ようやく長い長い現金投資から解放された。

こんな時ぐらい長い連チャンがあってもいいものだが、こればかりは期待したところでどうにもならないけれど力は入る。いや力み過ぎか!? 


1,000円34回転の意味するところ

結果は五、ランクアップボーナス16回、参、2R通常と、玉のある当たりが3回で終了してしまった。玉を持ったとはいえこのぐらいではなんとも心もとない。またひと嵌りしてしまえばそれまで。結局この玉も飲まれ再び現金投資となってしまった。とうとうこの日はキセル予告を一度も見ることなく最後は1,219回転回したところで時間となってしまったので終了とした。

今日は風邪を押してまで稼動したのに惨敗という結果に終わってしまった。やはりこの慶次、そう簡単には勝たせてくれないのが実際のところ。パチンコって玉が出ない時こそ回りは大切。精神的にも1,000円あたり30回は譲れない。臆病者の自分には絶対に譲ることのできない自分のボーダーライン。何一つ得られることのなかった今日一日。残ったものは大きな疲労と、終日1,000円あたり34回転させてしまったという事実。こんな大敗でも明日の釘はほぼ確実に締まるという結末が待っているのは想像するに難しくない。

<タッキーのひとり言>
実は2日後に家族旅行を控えていたので本当は家でゆっくりしていたかったのだが、如何せん根が貧乏性のためか、はたまた単なるパチンコ好きなのか自分でも分からないけれど、体は余程のことがない限りいつものように反応してしまう。いずれにしても今日は、休むも良し打つも良し。何がしか得るものがある一日だった筈なのに、終わってみれば何一つ手に入れることが出来ない長い一日となってしまいました。はあぁぁ・・・。

text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る