コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CRスーパーダイナマイトキング  
 

実戦データ
店舗名 関東O店
換金率 33玉
遊技ルール 無制限台移動自由
機種名 CRスーパーダイナマイトキング
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
朝一-T店千昌夫
L店・6500円
店移動-T店泉谷しげる
T店・2000円
店移動-O店アンルイス
O店・500円107実写カットインサバト
7ジャンプアップボーナス
28ジャンプアップボーナス
305星の振り子ステップ3VSサキュバス
183ミニゲームVS死神
45ジャンプアップボーナス
405ミニゲームサバト
399フリフリチャンスサバト
249ミニゲームVS死神
1013実写カットインVSサキュバス
561ミニキャラVSサキュバス
31星の振り子ステップ3VSサキュバス
108終了
台移動Sダイナマイトキング
107全回転
483キャラクター赤ハンマー
157キャラクターレインボーハンマー
997キャラクター白機関銃
73キャラクターマンゴーハンマー
37キャラクター赤ダイナゴンバトル
53キャラクター緑機関銃
57キャラクター白機関銃
177キャラクターレインボーダイナゴンバトル
223キャラクター黄機関銃
207キャラクター赤ダイナゴンバトル
1287キャラクター白ハンマー
433キャラクター赤ハンマー
727HOLD2回機関銃
157全回転
113キャラクター緑機関銃
393キャラクター赤機関銃
69終了
総投資額 9000円
総回転数 1137回
大当たり回数 29回
確変回数 4回
総出玉数 31750個
換金額 95000円
収支 86000円

こんなに拾っては罰が当たりそう

100回転も超えると段々自信が無くなってくる。本当に潜伏っているのかと。のっけから6,500円も使わされてしまうとは・・・よく分からないまま戦況を見つめていると、何やら熊が倒れて無事に当たったが、単発絵柄では当然のことながら、負けが決定してしまうので思わず力が入る。再抽選で赤い絵柄が揃って、何とか勝に転じた。何とも危なっかしい展開である。ところがラッキーなことにこいつが5発も当たってくれたお陰で、まあなんとか格好がついた。

さて、この後どうするかだ。前回のコラムのように玉を持って移動はできないし、もっとも動いたところで打ち込むことのできる台なんて皆無に等しい。この玉でこの台と向き合うことも出来ずじゃ、もうこの店にいる用はなくなったようなもの。ここは一つ、拾えたのを良いことに、今日一日拾いに徹してみるのも悪くはない。店回りという名のもとに。生憎まだ換金所は開店前なのでこの玉はそっくり貯玉して、意気揚々と店を飛び出した。

やはり拾いとなると換金率の高めの店が魅力だ。まずは近隣の店を片っ端から見て回る。しかしこのご時勢、そう易々と望み通りに行くわけもないのは百も承知、心が萎えるまでやってやろうじゃないか(笑)。 動かなければ始まらないのだし。これもまた食えない時は食えないなりの選択肢の一つなのだし。

何軒かまわってみたものの、さすがに昼近くになると、いかに郊外店といえどももう売り切れといったところか。かくなる上は、何処かの誰かが捨てていって放置されている、もしかしたら潜伏ってるかも? そんな台を手当たり次第に打ってみることにするか。下手をすると骨折り損で終りかねない危うい立ち回りではあるが、乗りかけた船、もう引き返すわけには・・・。

次に向かった先はこの辺りではかなりの優良店T。今日は新装初日ということで空き台すらままならない状況の中、1台だけ大当たり後の妙に回転数の浅い『CR泉谷しげるの座頭市』を発見。もしかするともしかするかも。さり気なく席に座り打ち始めると何のことはない、アタッカーパカパカの小当たりまでもカウントしてしまっているではないか(笑)。以前はこんな風ではなかった筈なのになぁ。もっともこの状況で放置されている方がおかしいか。

気を取り直して次に向かった先は客付きもまばらなO店。意外とこのまばらなところが良かったりもする。ざっと店内を見て歩く、さすがにこりゃ渋い渋い。到底平打ちでは勝ち目が無い。そんな中これまた1台発見。『CRアン・ルイスと魔法の王国S-T』 大当たり1回スタート65回となっていた。まあ、騙されたつもりでちょこっとだけ回してみるか。

まずは500円。せいぜい入れても2,000円までと決めて打ち始めると、いやいやたまげた、いきなり実写がカットインしていとも簡単に7が揃ってしまった(笑)。今日はやっぱりこういう日なのかもしれない。もうこうなったら“毒を喰らわば皿まで”だ(笑)。悪事を働いているわけでもないのだが、まあそんな心境だ。これには少々びっくりしたが、更にこの後とんでもないことが待ち受けていた。たったの500円で食い付いた上にこの当りがなんと驚きの12連チャン! 確変と、引き戻しを交互に繰り返しての荒業。さてさて、連チャンが終わってしまえば申し訳ないがこの店にももう用は無いわけで、さっさと玉を流して移動を決行。まだやるかね、と何処かでそんな声が聞こえてきそうだが、もう誰も止められないのだ(笑)。

ここで先程から『CRスーパーダイナマイトキング』 の島を行く人行く人が1台の前で立ち止まってはやり過ごしていく。どうやらこの台もそんな1台だったのか。先程見た時は気付かなかったが。とはいえ、この台に関しては2ラウンド通常もあるので浅い回転数だからと楽観視するのは危険。まあでも今日のところはオレに打てと言っているようなもの。台移動もオーケーなので、一箱だけ持ってこいつと付き合ってみるか。

ついているときはこんなものかねぇ。持ってきた玉一握りで食い付いた。これがなんと2ラウンド当たりも含め、驚愕の17連チャンとなった。これはちょっとやり過ぎであろう。殆ど打ったことのない店で超目立ってしまった。なんとも申し訳ない、先程の台といいこの台といい、もしかしたらその前に打っていた人がこの狭い店内にいるかもしれず、そうだとしたらそれはそれは嫌な思いもさせてしまった筈。もう逃げるようにして店を後にした。


最低限のルールとマナー

ここのところこんな稼動が増えてきた。とにかく釘が開かないことには、ネタに頼るか、今日みたいな立ち回りに頼るか選択肢は限られてくる。結局のところ開けられない釘の前ではただただ無力なのである。出来る事といえば、ひたすらに足を使って一軒一軒店を見て回って歩くことぐらいだ。そしてあくまでも放置されている台を打つということ。ハイエナのような行為は避けるべきである。

<タッキーのひとり言>
今日のように簡単に落ちていれば苦労はないのだが、一旦これに手を染めてしまうと普通に打つのがバカらしくさえ思えてくるし、嵌りにも耐え切れない体になってしまうので程ほどにといったところか。たまにはこんな日もあって良いだろう。と前回でも書いたような気がするけれど・・・。

text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る