> > ぱちんこ冬のソナタ2 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

ぱちんこ冬のソナタ2  
text by 冬月カースケ
 
筐体画像 今日は、新機種の取材やら何やらで、朝から稼働はできない日。こういう時は、お店を見て回るのがいい。しかも、我々の間で話題のあの新機種●リ南●が導入される模様。攻略記事を書いた手前・・・果たして現場実戦で可能なのかどうか確かめたい気もするが、実際には全国各所で、設置即撤去みたいな動きが始まっているようで、いくばくかの責任を感じつつ・・・・・・。

取材を終えて都内某所のホールに向かうと、くだんの台は今日が導入初日だというのに、すでにシマ閉鎖になってる。顔見知りの主任さんに聞くと「すみません、攻略法があるようで、メーカーから云々で、閉鎖です。明日外します。」だって。自分で自分の首を絞めたような気分。でも攻略といっても、難易度こそ低いが効果は??って感じだったので、釘調整で何とでもなると思うのだけど。遊ばせることも出すこともシメることもまさに自由自在で、ゲーム性も面白いし、ホールにとってはやりがいのある良い機種だと思うのだが。

以前のように、釘を叩ける人がいなくなったことや、真のゲーム性を理解せずに、風評やお達しだけに弱くて、独自のちゃんとした判断ができていないのかもなあ。まあ、しかし現状では扱うのが難しいということなら仕方あるまい。ホールは慈善事業をやっているわけじゃないので。

というわけで、ホールを一周していくと昨日導入されたらしい『冬ソナ2』のシマが大賑わい。当然満席だが、休憩中で離席している台をちらっと覗かせてもらうと、まずまず打てそうな顔をしてる。初日から超●ッタと予想していたので、しばらくはご縁があるまいと思っていたが、これならやってもいいなあ・・・とブラブラしてコーナーを抜けようとした時にポツリと空き席を発見。止めた直後の模様。釘はと・・・まあまあまあって感じ。ではやりましょう。自分にとっては、ライフワークみたいな機種だから(イミフメ(笑))。

まずは取材で持っているカタログやなんかが入ったカバンを、ロッカーに入れて、時計を出してメモ帳とボールペン、飲み物と携帯を置いてと・・・もたもたしてるのは、打つつもりがなかったゆえ。さていよいよ準備完了。現場ではお初です。よろしくお願いしますと心の中で一礼して、打ち始める。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る