> > CR花の慶次−雲のかなたに− 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CR花の慶次−雲のかなたに−  
text by タッキー
 
筐体画像 GWもとうに明けたというのに店の状況はまあ相変わらずで、心も沈みがち。おまけに天気の方もここ何日かグズグズと湿りがちときているので、ついつい大きなため息をついてしまいそうなところをグッと堪え、本日も少ない開けを期待していつもの店へ。

今日は海のイベントとなっているが、ここのところの弱い開け具合を察してか、開店待ちのお客さんの数もまばらだ。本来ならばこの状況でこの店を一番にもってくるのも如何なものかとも思ったが、時々やってくれるのよ、予想もしない開け方を。そんなだから、ついつい性懲りも無く来ちゃうんだなぁ(笑)。これって負け組の典型的なパターンだったりして(汗)。

冗談はさておき、もし今日もショボイ開けなら、弱いながらも他に当てがあるので思い切って店回りも兼ねて動いてみようと思う。定刻に入店し、まずは海のコーナーから見ていくと、残念ながら開けてはいるがちょっと弱すぎる。無理矢理に打てないこともないけれど、夢がなさ過ぎるってもんだ。何処かの誰かさんに笑われてしまいそうなので、一旦は確保した台を外して念の為他の台の釘をざっと見て歩くも、当然ながら開きは無し。

そういえば先日、隣で打っていた人から「niftyの人ですか?」と声を掛けられた。ちょっとしたきっかけで言葉を交わしたのだが、第一声がこれだったもんだから思わず「え〜〜〜!」と言いつつ変な汗までかいてしまった(笑)。 彼もまたパチプロの一人。何日か前から自分も彼の存在には気付いていたが、まさかこんな風に声を掛けられるとは夢にも思っていなかった。彼は自身、日々の立ち回りをブログで公開しているとも聞いた。これからもよろしくなのだ。

パチスロ実戦の佐々木師匠やワサビさんのように顔出ししているわけではないので、普通の人に声を掛けられることはないが、誰が見ているか分からないのでお手本とまではいかないにしても、恥ずかしくない立ち回りぐらいはせねばならない。久しぶりに一発も打たずに店を後にした。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る