> > CR花の慶次−雲のかなたに− 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CR花の慶次−雲のかなたに−  
text by タッキー
 
筐体画像 前回のコラムでも書いたけど、ここ最近の低迷ぶりともやもやした気持ちを心身ともにリフレッシュするつもりで丸坊主にしたんだけど、いやぁ実に気持ちがイイ。忙しい朝も気にしないで済むし、シャンプーも微量で済むし、もちろんドライヤーなど無縁の物。これはもう超身近なエコなのだ。一番はゲン担ぎのつもりで行った行為。オカルトとは一線を画する(多分)。スポーツ選手にもこういう人結構いるって聞いたことがある。万全の備えをして勝負に臨みたい表れなのか? 何れにせよ復調のきっかけになってくれると良いのだが。

先週なんて酷かった。少しの開けを無理して打ったら、初当り2回で連チャンもせず撃沈。真田幸村風に言えば「冗談じゃねぇぞ!コノヤロオォォー!」だ。そして今日は坊主にして初めての『CR花の慶次−雲のかなたに−』の実戦だ。

いつもより少し早めに家を出た。近頃どういうわけか先頭集団に並んでいないと台の確保に厳しい状況なのだ。少ない台数の上、ステージの使えそうな台はそれなりの人間がいつも決まって座っているので必然的に自分もお決まりの台。

しかしこの台もいつやられたのか定かでないが、アタッカー周りが悪形にされてしまい消化時間も4分オーバーと、ギリギリの状態だ。とはいえ、玉の飛びがすこぶる良いのでランクアップボーナス(16回)時に最大950個(表示上)オーバーを記録したほどなので中々手放せないでいるのが現状だ。

果たして今日はいくらか開けてくれているのだろうか? 今日はなんと先頭バッターで店に入ることになってしまった。店員さん一同に深々と頭を下げられての入店。自分の中で一番嫌な瞬間なのだ。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る