コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

ぱちんこ冬のソナタ2  
 

実戦データ
店舗名 関東K店
換金率 40玉
遊技ルール 無制限
機種名 ぱちんこ冬のソナタ2
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
12000366ポラリスボーナスミニョンモード
11ユジン・ミニョン「…」デートチャンス
411ハングル白「婚約指輪」緑アルバム10年前の記憶
4647擬似連3 金枠チェリン 黒アルバム ミニョン群 スキー場
248ハングル白「婚約指輪」緑アルバム10年前の記憶
3682R確変交通事故
82R確変
457擬似連4 赤「高校生」 P回転二人の銀世界
331→タミニョン「思い出したんだ」二人の誓い
182R確変
352R確変
426→7ウインドウサンヒョク 黒アルバムあの日の記憶
226ハングル白「婚約指輪」緑アルバム初めての海
513擬似連4 雪ダルマ群 赤アルバム涙の電話
221緑アルバム10年前の記憶
2052擬似連1 ステップ4 ミニョン群空港
12308→R昇格ハングル赤「純粋な愛」赤マフラー降雪
72擬似連4二人の銀世界
155擬似連3 レインボーダルマ 確定音 P回転
22R確変
12デートチャンス
167擬似連3 P-フラッシュ二人の銀世界
38デートチャンス
28デートチャンス
34ウインドウユジン 緑アルバム二人の銀世界
667擬似連4 ミニョン群 P回転
10擬似連3 P-フラッシュあの日の記憶
717擬似連3 P-フラッシュ10年前の記憶
7ポラリスボーナス
終了
総投資額 12000円
総回転数 3400回
大当たり回数 24+5回
確変回数 17+4回
総出玉数 22500個
換金額 56250円
収支 44250円

■お約束の1000回オーバーに

K店の金曜日。この日はなぜか釘を開ける傾向が強い。少しばかりの期待をもって並びに参加。常連さんと話しながらの開店待ちはいつもの風景。入店してみれば、うーむ、いまいちどころか厳しいか・・・とあきらめかけていたら、『冬ソナ2』に一台だけアキがあった。しかし、なんども騙されている(騙す店は悪くない、自分が悪いだけ)ので、寄りやら風車やらアタッカーやら色々と見渡す。くわえていったん押さえたまま、ブラブラしながら冷静に考えてみる。

かつて、打った時の釘の映像を思い出してみる。時間効率も前作よりスペックダウンしている『2』なれども、この釘だと相当いけるはずだ。舞い戻って着席、とりあえず500円の玉貸しボタンをプチ。さすれば、予想以上にいい感触。500円で稼げた回転数は21回。次も16回と申し分ない。とはいえ、ウェルカムだけで早晩落ちてくるのが習いだが、今日は釘の根拠が強いのでそうは落ちない気がする。玉の動きがそれを物語る。

やはりいい感じは続く。ばたばたとオーバー入賞してしまうほど。避けたほうがいいオーバー入賞だけど、回るなら時間効率を上げたほうがいいから、合わせ打ちの精度は低めで打ち続ける。1000円31回転くらいのペースが続く。玉増えも強い台なので、これはいいや。久しぶりに今日はまともなパチンコが打てそう。ほっと一息。あとは当たりがフツーについてくれれば・・・

いつものように確率分母はあっさりスルー。何とか2倍までには玉になってほしいもの。そんなことを考えていると、保留4個の消化からミニョンさんが車から降りてきた。はいはいまたガセのモードリセットですか。それでも一応保留4消化のパターンなので、いくばくかの期待をこめてボタンを押すと、「シュバーン」とポラリスが飛び出した。ああ驚きのポラリスボーナス。一発目の確変突入はありがたい。回転数は366で投資は12000円だから、やっぱ回る台はいいなあ。この確変は速攻でかかったデートチャンスがものになり3連。

2回目は400を超えたところから、ポラリス回転はなしだが金枠と群で当たり。ワンセット。頭が確変だから文句はいうまい。

3回目も確率分母を超えたところで「入院」。電チューサポート付きだから大きい。サポート中に玉が増やせるから。2Rと引き戻しをはさんで実質6連。これでほぼ大負けの可能性はなくなった感じ。玉が増やせているのが大きい。

4回目は、弱い予告だけど空港で単発。でも早めの当たりで玉は増えている。

ところが5回目がやってこない。500、600、700、800と、うんともすんとも言わない。900、そしてお約束の1000回も超える。このとこ羽根デジ以外の機種なら一日一回の1000回超えはもはや習慣だ。1100、1200、いよいよ持ち玉も残り時間も減ってきた。こうなると遅い(デジタル消化)のがネックになる。恐れていたことだ。

しかし展開にグズグス言っても始まらない。いい時もあるんだからさ(たまには)。1200を超えたところで、赤いハングル。どうせアニメに行って終わりかと思いきや、スーパーに発展せず降雪にいった。はて?前作だとこれは当たりのパターンだったはずだが・・・トリプルになってチンスクが止まった。昇格率が低いと思っている降雪だから期待せずにいると、やはりそのまま。ところが、最後に「シャキーン」と出てきた。よかったよかった。はまりの後に単発と確変じゃ気分的に大違い。

でも一発で終了。しかし、これで負けはない(?)あとは規定の40分前までは打つだけ。そんな謙虚な気持ちでいると早い当たりがやってきた。155回転で擬似連3回からのレインボーダルマに確定音がキター。図柄は赤いのでまさにキターァァァ。9時15分に入ったこの確変で勝利は確定。ところがこれが奇跡を呼ぶ。デートチャンスがわらわらと続いてあっというまに6連。しかも、この時短中に擬似連4が発生。もちろん確変の引き戻し。時刻はすでに10時。あと30分で取りきれるか? 出来れば綺麗に終わりたいが、続いてしまえばそれもそれでいいや。閉店保障のあった時代が懐かしい。

すでに誰もいなくなった店内で、一人黙々と打つ。こうなると、途中2回とったストレッチ休憩がイタイな。あと15分せめて10分あれば・・・でもね、そういうことも覚悟してとっている休憩だからいいさ。ところが・・・

■最後にドラマは待っていた

予想はいいほうというか悪いほうというか、まあしかし玉が出るのだからいいほうだけど。この確変も続く。Pフラがキュンキュンきて、それでも早めの当たりが3回きたところで、閉店まであと30秒。最後の当たりはなしかと思ったら、まさに残り15秒くらいのところで、何の前触れもなくポラリスが朝一と同じように「シャキーン」と飛び出して、最後の最後にポラリスボーナス。後ろで見ていた店員さんが、「うん」って顔でうなずく。これが単発なら言うことはないけど、残り1500玉がもらえたのはラッキーラッキー大ラッキーだ。いつものスーパーリーチアクションに入ったら演出の途中でそのまま時間切れだったわけで、当たりをとれるのはポラリスボーナスしかなかったわけだし。

玉を流してもらいながらふと我が台を見ると、保留玉でハンドルがなにやら光って回ってるけど、それは見なかったことにする。(笑)

細かいことだけど、終盤は当然うちっぱなし。さすれば玉は増えるどころか減る感じ。やっば止め打ちの効果は、いまさらながら強力だな。

最近の機種では、電チューサポートが発生した場合、確変中は2R当選割合が変化する機種が多いため、単なる時短中とは打ち方が変わる。確変の場合は、小デジの消化をとめない様にかつ玉が増えるように打つ。しかし、時短の場合は小デジが止まっても、完全に玉増え重視で打つ。こまかあい技だけど、こんなことでもしないと勝てないのが現状だ。

でも今日は、ほんとにひさしぶりにいい調整をしてくれたK店に心の中で深深と頭を下げる。それにしても、「冬ソナ」もドラマだけど、ドラマな展開だったこと。外に出ると車は一台もなく、真っ暗な寂しい駐車場で一人車に乗り込んだ。

text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る