コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CR花の慶次−雲のかなたに−  
 

実戦データ
店舗名 関東H店
換金率 40玉
遊技ルール 無制限
機種名 CR花の慶次−雲のかなたに−
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
50081ジェットスキー
28魚群マリン
43クジラマリン
5000340終了
4500120もののふチャンス聚楽第
32R通常捨丸敗北
375001250終了
総投資額 47500円
総回転数 1727回
大当たり回数 3+1回
確変回数 ***
総出玉数 0個
換金額 0円
収支 -47500円

■あわや潜伏・・・大勝利か

まずは馴染みのK店に行くも、全部の釘をざっと見るなり即撤退を決め込む。最近はようやくカースケも成長してきて、「試し打ち」という名の「バラマキ」の頻度がぐんと減った。よしよしこれは成長だ(笑)。

そんなくだらないことを考えながら、最近はメインになっているH店へ向かう。狙いは羽根の海。わずかなアキしかつくらない店だけど、そのわずかが馬鹿にならない。ヘソだけでなく寄りも微妙に変えてくるので、細心の釘読みが必要だ。

冬月が一日打つとしばらくは全く打てなくなっているので、データ管理がかなり徹底していると思われる。よって、日を空けて数台を渡り歩くようにはしている。今日は15台もある羽根海に先客が5人もいる。空き台の中で、打てそうな台にまず着席。今日は沖縄かな。

たまには早く玉にならないかな・・・とよからぬ願望を抱いていると、速攻の8回転でキュインと来た。(最近は沖縄なら沖縄モード、ハイパーなら海賊モードで打っている・・・ノーマルが一番好きだけど、確定音が鳴る比率がノーマルより高いから、リーチの際に保留の空きがあった場合、キュインで打ち出しを止めることができる。1日打てば、50-100個くらい得しそうな気がしない? とくに玉になるまでは、500円ボタンをプッシュしなくてもいいギリギリのケースで当たることも多いので)

というわけで、すぐのキュインはありがたや。久々だなあ、早い当たり。それが保留で3発きてほっと一息。時短での玉も増やせそうだし、これで1万個になれば幸せだが・・・次の当たりはやってこなかった。3倍ちょいまでがんばったが、回りがやはり物足りなくなってしまった。ここはヤメトク。安い台はあくまで安い。

何かお土産を作らないといけない・・・次につながる何かを。というわけで、入店時に見た『慶次』を打ってみることにする。昨日より寄り釘がわずかながらプラスになっていたから。このところ、『慶次』を打って玉が出たことがない。最近の『慶次』での累積負債はとうに20人くらいの福沢さんを天国に送っている気がするが、まあいいでしょ。当たらないことを嘆くなかれ、座れれば幸せなり!

で、よいしょと座ってみて何気に頭上も見てみる。おやぁぁぁぁぁぁ〜? 1回の当りで72回転となっている。これはひょっとするとひょっとするんじゃないの? でも座ってから気付くのがカースケのダメダメなところ。ぼけるんだよ、おいらは。その点、さーちゃんは凄い。いつも一緒にいると感心すること仕切り。きちんと見て状況を判断して、そのホールでの最善をいつも過ごすスタイルは超一流! 爪の垢でも煎じて飲んだほうがいいな。

というわけで、ボケの冬月は淡い期待を抱いていそいそと打ち始める。ストロークを慎重にあわせると、おおいい感じ。1000円30回オーバーで回る。しかも、2000円目に突然「ドーン」と極ゾーンに入った。庭を経由せずに極ゾーンに行く場合は経験上、高確率の場合が多いので、もしかしたらと・・・でも回転数はトータルで130回をスルー。うーむ。でもまあ、潜伏あるなしにかかわらず回るのだから何の問題もない。

トータル回転数が200回近くなってきた時、ステップ3で秀吉が出て全出目が光る。となれば「もののふチャンス」にいくな。ボタンの画面をポチとすると、もしかしたらと思ったら・・・でましたよぉぉぉぉぉ「大儀であった」の確定演出。悪顔過ぎる秀吉さんよ、ありがとう。潜伏してたのかなあ・・・多分そうだろうな。自分で回した回転数は120回転だから。

『慶次』の出玉は久しぶりだなあ。せめて2回は続いてくれと、ちっちゃぁぁぁぃ望みで謙虚に打つカースケ。しかし、保留玉にて「まだまだ続くぞぉ〜」から出てきたのは一番見たくないサル一匹、もとい一人。そして当然のように合戦に行って、当然のように倒され、当然のようにランプもペケ。何も楽しむこともなく転落した。

でもこれが『慶次』なんだから、まあいいよ。20連くらいする時だってあるんだからさ。しかし、アタッカーが悪かったな。この店で打つのは初めてなのでストップウォッチ使ったけど、4分30秒は辛い。スルーもイマイチだったしなあ。出玉は少ないか。

それでも、当たり一回分を打ちこむと100+192回転と上々。よって元気よく打つ。現金投資に移るが、30/Kとはいわないが、29/Kくらいのラインでいけてる。これなら押す押す押す。でも空振り空振り空振り。1000回は当然スルー。3倍超えた辺りから回りがガクンと落ち始める。ちょっと集中力も落ちてきた。1000円で20回と18回と落ちたところで、やめておく。これなら打ち切るよりも、後日に釘を温存しておいたほうがいい。で、ヤーメタ。

■根っこはたぶん大丈夫

またダメだったね。うーん、でも内容はまずまずだったからいいとするよ。手持ちの資金もなくなったから銀行にも行かなきゃ。で、途中で「献血中です。AB型が足りません。ご協力お願いします」とアナウンスしていたから、立ち寄って献血してきたなり。何も生産しないパチンコ専業者の、せめてもの罪滅ぼし(にならないけど)。

何もかも上手くいかないけど、実は身体の調子だけは去年までとは雲泥の差で良いので、それがとてもうれしい。献血だってちゃんとできる。一番根幹な部分がしっかりしてきたのだから、日はまた昇るさ、きっと。

text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る