コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CR華麗なる小林幸子の世界M-T  
 

実戦データ
店舗名 関東K店
換金率 40玉
遊技ルール 無制限
機種名 CR華麗なる小林幸子の世界M-T
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
235007218もしかしてモード達成 群日舞実写
1656金色ネコアテネ
1062R確変
252R確変
818背景チェンジ 群日舞実写
3604群 華麗なるロゴ日舞実写
528群 衣装チェンジアテネ
3204群 衣装着替えアテネ
953終了
総投資額 24500円
総回転数 2783回
大当たり回数 8-2回
確変回数 2回(2R)
総出玉数 0個
換金額 0円
収支 -24500円

■またもまたもの単発ラッシュに・・・

抽選の時刻になると、どこからこんなに??と思うくらいの人が集まってくるのがこの店の常。店内にいる人より多いんじゃないの?といつも思う。まあそれもそのはずで、「新装=初日から回収」というスタイルが主流になってしまった現在。4回に1回くらいはちゃんと打てる台を用意してくれる店だから、4回に1回というのもなんだけど、それでもいまや貴重な感じ。お客さんもよく知っているし、この時ばかりはと専業のみなさんも結構集まってくる。

この日は、カースケ同様に絶不調のさーちゃんもやってきた。台の数から考えて4倍くらいの競争率。とてもじゃないが当たる気はしない。でもやってみないと何も始まらないから、いちるの期待をもって抽選カードをもらう。結果はもちろんハズレ。

でもさーちゃんは知り合いから譲ってもらったらしく、演歌歌手の新台をゲット。一人ポツンと一時間ほどハネモノを打っていると、台が空いたけど打ちますか?というメールが・・・いそいそと出かけていくとさーちゃんの隣が空いている。へそは見た目小さいが、ゲージが甘い機種なのでとりあえず触ってみることに。

まずまずいい感触。ステージからの決まりが予想以上に良い。1000円30回転あるかもしれないな。いつもありがとう、さーちゃん。今日はどうやら1/4のほうだったようだ。じゃ、こいつと心中覚悟で打ち込むことに。さーちゃんと隣打ちも非常に久しぶり。気が楽でいいや。

相変わらず当たらないけど回りはあるので、投資に投資。300、400、500、600、700、とあっさり2倍ラインを超えて漱石さんを投入し続ける。意味の無いガセ小当たりにいちいちリセットされるのがたまらなくうざいが、我慢我慢。700回転を超え漱石さんが20人以上死亡したところで、「もしかしてモード」中に「8」でリーチになればとのミッションに群が出て、達成!だと。そのまま踊りのリーチで大当たり。単発ゲットか。

その玉は何とかつながる。確率以内に「6」の単発。2R確変から「8」の単発。そして確率ラインちょい超えで「4」の単発。時短で「8」の単発。そして、確率ラインで「4」の単発。おいおい、これって赤い絵柄もあったよね?

まったくもう。それでも玉は出来ている以上、攻めるだけしかやることはないので、ステキな演出に耐えながら淡々と回す。さーちゃんも時折は当たるが、ワンセットと単発ばっか。夜に入ると二人とも深海を彷徨うような感じに。まるで当たる気がしない演出とガセ小当たりにイライラしながら、玉を打ち込み続ける。リセットされるので台上のカウンターの回転数は軽いが、はまりは深い。300、400、500、600、700、800、と時間だけは過ぎる。900回を超えたところで玉は尽きた。ここで心置きなく止められる時間帯に。めでたしめでたし。可愛そうに、さーちゃんはまだ1500個も残っている。

その後帰宅すると10時過ぎにメールが、ギリギリでまた青いのが当たりました。拷問です・・・と、いいえて妙とはこのことなり。

■ゲーム性について、ちと

回るなら、どんな展開でもどんな台でも喜んで打つのが我々だが、気分的にそうもいかない日もある。人間だから。長時間打つことが多いので、ゲーム性のうんざり感が高いとそれはそれで辛い。それでもまともに当たっていれば、人間というのは現金なものだから気にはならないが、こうも単発ラッシュで当たりが重いと厳しいものがある。

それにしても自宅にホームユースの有線をひくほどの無類の音楽好きなカースケだが、(今だって流れているよ・・・大好きなエアロスミスが)、『華麗なる世界』の音楽とは合わないというのがよぉぉく分かった。ファンの方には申し訳ないが、あくまで個人の好みだから聞き流してもらいたいけど、冬月カースケ苦手音楽選手権のトップ3にランクインしそうな勢い(笑)。

ノーマルリーチ成立時にかかるワンフレーズだけでも、辛いものが。いっぱい当たれば吹き飛ぶんだろうけどね・・・ゴメンね、さっちゃん。あとは、いまやメイン演出になりつつある「ガセ小当たり」と「モード移行演出」は是非に止めてもらいたいと痛切に願う今日この頃であった。

でも台そのものは、望外にスピードも遅くはないし、ゲージも甘めだし、電チュー回りもいいとは思うので機会があったらまた打つこともあるか・・・もしかして♪ もしかして♪。

text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る