> > CR花の慶次−雲のかなたに− 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CR花の慶次−雲のかなたに−  
text by タッキー
 
筐体画像 八月に入り、新装やイベントでまずまずの稼働ができ、それなりに収支の方も上向きになってきて何となくではあるが普段の自分を取り戻した感じの今日この頃。スロ実戦の両巨匠や先生はなかなか稼働が出来ずに大変な思いをしているようで、お察しいたします。自分の場合はこのコラム以外はな〜んにもしていないので、稼働が取れる時はデータの使い道に困るほどで、良いネタが出来たなんて思っても、結構闇に葬ってしまうことも多々あったりして、忍びないことこの上ない。

今回もネタ的には前回の続きで、小林幸子の華麗なる・・・が良かったのだが、プロ実戦3連発になってしまうので断腸の思いで闇に葬ってしまった。その幸子さん、結果からいうと安い銭で食い付き前半はまずまずの立ち上がりだったにもかかわらず、最終的には1,600回オーバーで撃沈となった。

肝心の釘のほうは若干の締めはあったものの十分戦える釘だったので、あの日の選択に誤りはなかったということ。まぁ、たまたまとはいえね(笑)。 立ち回る上で、昔から固定観念は持たないように努めている。あくまでも釘を開け締めするのは店側なのだから(笑)。 勝手にこっちで判断しちゃ駄目ってことだと思うよ。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る