> > CRぱちんこ冬のソナタ2 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CRぱちんこ冬のソナタ2  
text by 冬月カースケ
 
筐体画像 北京五輪が明日から始まる。政治的混乱がありそうなのが不安だが、アスリートたちには今までの努力と苦労が実る大会になってほしい。

日本を応援はするけど、国別の金メダルが何個だとかそういうことはどうでもいいから、悔いなく素晴らしいスポーツの世界を見せてほしい。大体近代五輪ってのは、国別というよりは選手の集まり(選手団体)の参加が原則になっており、国旗だって掲げる必要はないのだ。→ 選手団の旗でいいらしい。 それが、国威発揚や政治的目的のために翻弄されてきた悲しい歴史があるわけで・・・今こそ五輪憲章の実現が望まれるよ。

さてさて、「参加することに意義がある」とも言われるこの大会だが、パチ稼業は結果が欲しい。というか、ないと暮らしていけない浮き草稼業が悲しい。(正確には、いまやアマチュアスポーツ選手も勝たないと食ってはいけない時代なんだけどね)

最悪の7月も過ぎ、お盆前のこの時期にこそ頑張らないといけない。細いアテを求めて今日もホームに向かう。打てる台があれば、頑張って座っているつもりだ。数人の常連さんと一緒に入店するが、一応釘を見て座る常連さんが3〜4人いるので、朝だからといってゆっくりのんびりというわけにいかないのが、最近は辛いところ。表面的にはガツガツはしたくないのだが、アキがあっても1台か2台なので、勢いセカセカと歩くことになるのがストレス。

でも、状況は日々変わるからそれに対応していかないといけないね。というわけで、めぼしいところから当ると「冬ソナ2」に一台あった。シマ一律調整が当たり前のこの時代に、いまや化石のような釘調整をするK店はやはりいいな。→ 打てる日は本当に少ないけど。

他には少しだけ気になる台があるが、止めておこう。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る