コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CR七人の侍SF-T  
 

実戦データ
店舗名 関東R店
換金率 33玉
遊技ルール 無制限・台の移動自由
機種名 CR七人の侍SF-T
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 5500円
総回転数 3106回
大当たり回数 28回
確変回数 7回
総出玉数 27555個
換金額 82500円
収支 77000円

こんな台を待ってたよ。

そして今回はいま最も注目の新台『CR七人の侍SF-T』 での実戦だ。選んだ店は去年の今頃は結構お世話になったR店。こじんまりした居心地の良いお店。最近はもう身分もバレバレで(タッキーじゃなくて、パチプロってことで・笑) たまに事務所から出てくるマネージャーさんに声を掛けられる程なので、平打ちオンリーってことで(笑)。とはいえ時短中の玉増えぐらいは目を瞑って下さいな。

しかしこの店も近頃平常ではめっきり釘を開けなくなったので、新装の2日間ぐらいが狙い目。少ないコマの中では結構高めの信頼度なので迷うことなくここを一番に持ってきたのが正解だった。

抽選とはいえ、台数が多いしお客さんも少なめ。外れくじを引くほうが難しいくらいなので、当然のように当たった。肝心の釘のほうもアタッカーの調整が気になる以外は寄りもヘソもまずまず。あとはステージ次第ということか。

いざ打ち始めると、ワープに結構抜けてくれるのだが肝心のステージが全然駄目。入りそうで入らない。見ていると、真ん中で完全に玉が停止しないと奥へ行かないみたいで、個体差もあるだろうけど、全体的にあまり宜しくないようだ。知り合いが何人かいたので聞いてみたが駄目だって。その代わりに下段のステージがゆらゆらとしてるわりには、最後はピタッと真ん中に落ちるので儲けもんか? ただしここは釘次第なので、ある程度上げ調整でしっかりヘソが開いてないと無理。

まあそれでも1000円辺り25〜6回といった程度だけど、今のご時勢このぐらい回れば喜んで打てるレベルなのかな・・・。
で、3000円使ったところで早くも実写系リーチがかかり村の長老が登場したけど、これはあっさり外れ。多分予告が弱すぎなんだろう。その後、5500円目の126回転でいきなりの旗役物予告で実写にはならず、アニメ系リーチの槍特訓リーチとやらで当たった。しかも青い絵柄から赤いやつに昇格して早々と確変をゲット。こいつは2回。

次は超早いのが来た。上皿で疑似連が2回、兜役物がガガガっときて期待の神剣フラッシュから実写バトルへ。登場した侍は勝四郎。まずまずの信頼度だし予告も強い方なので期待して見ていると見事大当たり。おまけに赤い絵柄でまたもや確変ゲット。

そこそこ続いてくれると嬉しいのだが・・・。するとここで赤い絵柄でリーチが掛かり、当然ながら実写系となり菊千代登場。ほぼ手中にした感じで戦況を見つめていると、これが残念敗北となった、と思った瞬間、勘兵衛登場で復活大当たり。いやぁ実に渋いな、これ。近頃、ちっとも熱くないどこぞの派手派手実写系リーチに嫌悪感さえ抱いていたところだったので、シンプルで良い。
とはいえ、これとて十分派手な演出ではあるけれど、いやみが無いっていうのかな、打っていて好感がもてる。ただし、最近の台にすっかり慣れてしまった人には、実写系の信頼度が高い分なかなか拝めないということ。嵌った時には少々退屈するかもしれないけどね。

結局こいつは5連チャンとなった。

嵌りの後に訪れたビッグウェ〜〜ブ!

そう、この後ちょっとした嵌りに遭遇することになろうとは。200回転程のところで、神剣フラッシュから実写系、勝四郎登場で貰ったと思いきや、あっさり外れて何も起こらず嫌な予感。足元に5箱有った玉が、じわりじわりと無くなってきた。買い足しという最悪の展開も視野に入れ始めた900回越えのところで疑似連が2回と神剣フラッシュで菊千代。途中出てきたヒヨコが妙にでかかったけど、どうなの? 

助かった、何とか凌いだ、青い絵柄だったけど。当たったという事実だけで十分。結局この間、実写系は一度外れた勝四郎のみで、やっぱりちょっと退屈だったけど余裕で耐えられるレベル。これが時短で単発を当て2回。

そして嵌りの後には凄い当たりが待っていた。400回手前で無事赤い絵柄が揃い、これが5連チャンとなり喜びも束の間、今度は200回手前のところでまたまた確変5連チャン。まだ終わらない、上皿を打ち込んだところで見たこともない画面になり、サムライ外伝〜三船敏郎参上〜で問答無用の全回転リーチから侍が三つ。あ〜驚いた(笑)。 3連チャン。

今日はもう十分と思ったところへ、これまた上皿ちょっと打ち込んだところで旗予告から2ラウンド確変を引いてきた。これは青いの一回で終わった筈だったのが、よそ見をしてたら大当たり後に本日初の確変昇格となって3連チャン。いやもう出来すぎでしょ。後は時間まで回して終了とした。

当初、ステージの悪さから厳しいかなと思ったのだが、意外にも手前ステージからの入賞が多かったので、多少効率は下がるが1個乗っては止めての繰り返しでまあストレスなく回りを上げられたのが大きかった。もっともこれは奥のステージからの入賞とは異なり、ある程度のヘソの大きさがないと無理な話ではあるけれど。

それともう一つ、電チュー入賞が4個戻しのため、しっかりと3回開放を一回づつ狙っていければ毎回100個以上の上乗せができるはず。アタッカーが少しマイナス調整だったため、今回はここで出玉を補ったかたちとなった。

<タッキーのひとり言>

最近うちの娘は、楽しい時や気分が良い時に「どう?」って聞くと、ニヤリと笑って『イイ!』なんて言うのが口癖になってるんだけど、今回の侍はまさにそのイイ!の一言。そこそこ当たり易い確率だし、突確は全て電チューサポート付だし、ガセはないし。青は短発、赤は確変、潜りはなし。潔いというか、はっきりしていて好感度抜群。近頃流行の8個保留ではないので電チューが途切れることにイライラしないですむし、気軽に席を外せるしで、良いこと尽くめだ。ど派手な演出、リーチにうんざりしている人にはうってつけの台と言えよう。

text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る