コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CRスーパー海物語SAE  
 

実戦データ
店舗名 関東H店
換金率 33玉
遊技ルール 無制限・台の移動自由
機種名 CRスーパー海物語SAE
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
2000円712魚群黒潮
21ノーマル
261珊瑚礁
50+254魚群珊瑚礁
25+745マリンちゃん
362ノーマル
34ノーマル
197ノーマル
38魚群黒潮
23ノーマル二段階
17ノーマル
50+20終了
総投資額 2000円
総回転数 407回
大当たり回数 11回
確変回数 ***
総出玉数 4079個
換金額 12000円
収支 10000円

あ〜打てる台がないなんて・・・

週末、金土と用ありで打てなかったのが痛かったのだが、言い訳をしても仕方ないので、この一日にかける思いで眠りに付いた前の晩。何の策もないってわけではなく、この日は近所の店の月に一度のお祭りイベント。それも必ず日曜日限定で、今まで行きたくても行けなかったので、ある意味チャンスなのかもしれない。

ところが長く降り続いた雨が今日に限って止んでしまい、何があっても外せない大事なソフトボールの試合が行われることになり、急遽予定変更を余儀なくされたのであった。

結局試合が終わったのが午後。それから急いで現場に向かったのだが、あいにく店内は満席状態。肝心の釘のほうはお祭りというには程遠い状況だったが、まあそれでも我慢すれば何台かは打てるレベルの台があるのでとりあえず一旦車で待機してみたが、こんな時間に空く筈もなく出直して来ることにした。

どうでもいい台なら一台や二台は空いてはいたが、そんなのに座ってしまったらそれこそ店の思う壺。我慢するしかないんだな、こんな状況では。で、この後どうしたかというと、あまりにも天気が良かったものだから、一旦帰宅して娘を連れてプールに行ってきたのだ(笑)。 今日はもう昼間の稼働は諦めた。こんなに人が居るとは思ってもみなかったのが大きな誤算だった。

我々が一般の人と何が違うかって、もちろん釘読みやストローク等の技術的な部分もあるにはあるが、やっぱり一番は時間なんだよね。真っ先に店に入れて、その店のナンバーワンとは言わないが、ある程度のレベルの台に座れる強みとでもいうのかな。普通の人でも上手い人は沢山いるし、技術的な部分はいくらでも差は縮まるので。

どうにかこうにかあり付けた。

結局再び家を出たのが夜になってから。この時間から何処で何を打てば褒められるのか色々と思案した結果、本来やっちゃいけないんだろうけど、『花の慶次』一万円勝負(笑)。 何の策略もない。泣いても笑っても一万円でお帰り。そう思い何軒か目ぼしい店を回ってみたのだが、いざ台を目の前にすると開きになってるわけでもない台に金を捨てるような行為はやっぱり出来なくて、パチプロの性とでもいうのだろうか。いやただの貧乏性なだけか(笑)。

最終的に昼間覗いた店に再びチャレンジすることになった。今度は運良く空き台が何台かあり、ようやくここで今回の実戦機種『CRスーパー海物語SAE』にありつけることとなった。ふうぅ、長ぁ・・・。でもこいつにはお茶を濁すどころか、幾度助けられたかわかりゃしない。もっとも今では、出玉関係も含めてまともに打てる店なんてこの辺りには存在しないので、めっきり打つこともなくなったが。しかしこの店に関しては、ヘソさえ開けば何台かは打てるので、その数少ない内の一台に腰を下ろした。

さてと、もうあんまり時間もないのでちゃっちゃといかなきゃね。しかもこれを帰ってから原稿にしなきゃならないので、もう切羽詰ってます(笑)。 こんなこと今までなかったし。他のプロ実戦お三方の苦労も分かるってものだ。いざ打ち始めると、ビックリするような回りっぷり。もちろん実力以上に回ってるだけなんだけど、最初の500円で20回も回ってしまったのだから悪い気はしない。

結局、当たるまで回りは落ちずに2000円使ったところで初の魚群がお見事ってほどでもないが2が三つ。お約束の保留玉、2回転目が泡からノーマルリーチとなりタコが揃う。時短中にまたタコが揃う。都合3連チャンとなった。この台だけはスルーが何とか生きているので、時短中も玉は微量だが増える。電チューの抽選が3連チャンで外れることもあるので、間が悪いと駄目だけど。

次は75回転で4が揃ったが、残念、今回は単発、時短でも何も起きず。そして次がやってくれました、99回転で泡からマリンちゃん登場で期待はしないが、見てると結構熱いんだな、このリーチ。普通のCR機でも羽根デジでもこの辺りの力の入り具合は同じようなもの。おいらには。

5回転の確変ゾーンでは何も起こらなかったが、(というよりも魚群を外しやがったこいつ) 時短でノーマルリーチがものになった。この後も確変、時短と当たりを重ねて都合7連チャンとなった。

まだ閉店まで1時間はあったのだが、少ない投資で4000個程の出玉を持った瞬間に止めたくなったので、上皿を打ち込んで終了にした。貧乏性だし、実際余裕がないもので(笑)。 一応、明日のあてを求めて何軒か見てまわったが、日曜日だしあまり参考にならなかった。それよりも早く帰って原稿書かなきゃ(汗)。

<タッキーのひとり言>

その昔、まだパチ屋が定休日を設けていた頃、実は日曜日もしっかり稼働していたので打ちに行くという行為自体はあまり苦ではなかったが、今と昔とじゃ釘の渋さは比較にならないものがあるので、適当な時間に何となく空いてる台に座るなんてのはダメダメ。野球でいうならば、しっかりと自分の決め球を作って狙い撃ちするくらいのやりかたじゃないといけない。全ての玉に対応するのは至難の業。打ちごろの玉がなければ見逃すぐらいの余裕が欲しいものだ。

text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る