コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CR七人の侍SF-T  
text by 冬月カースケ
 
筐体画像 この夏、スキーの修行で南半球のニュージーランドに行った時のこと。MTルアペフ山麓にあるトゥロアスキー場の最上部の標高は2300メートル。そこに立った時、不思議な光景に出会った。

目算で200度くらいは見渡せる眼下の風景はラウンド状。分かりやすく言えば、地平線がまっすぐじゃなくて円形になっているわけ。まさに「地球は丸いのだ!」ということを目の当たりにしたというわけだ。幼稚園生でも知っている当り前のことでも、実感したのは人生で初めて。感動すると同時に不思議な光景だった。

そんな地平線〜空の向こうに亡くなったMがいると思うと胸が熱くなった。

で、浮世離れの経験をしてきたわけだが、実はこの夏のパチの戦績があまりにもひどくて、スキー修行にいけるような身分ではなく、キャンセルしようともしたのだが時はすでに遅し。キャンセル代がほぼ全額かかるということが判明し、だからキャンセルできずに行ってきたという情けないオチもあるのだが、この経験ひとつだけとっても、無理して行っておいてよかったかな。

現地の人の話によると、特に山が晴れ渡る日じゃないと見られず、そういう時は強風でリフトが止まり、これまた山頂に行けないことが多いということで、いくつかのラッキーが重ならないと見られないらしいから・・・。パチの戦績は悲惨の極みだが、こんなところで帳尻があっているのか・・・・。

で、頑張らないと「廃業」もしかず。くらいの気持ちで今日は新台抽選に向かった。

K店に定刻の10分前に到着。常連のおっちゃんに会釈して、携帯をポチポチしているとすぐにドアが開いた。抽選は10時30分からなので、少し余裕がある。新台は2機種。『ジュラシックパーク』と『七人の侍』。タッキー兄さんがいまやぞっこんらしい『七人の侍』を是非とも打ってみたいが、当選確率は導入7台に対して50人くらいはいるから1/7くらい。かなりの難関となる。

ブラブラしていると、いつもはシブシブの羽根デジの一台がすこしだけアキになっている。打てればこれ幸いと500円玉を投入してみれば、く●回らん。止めようと席を立った瞬間、リーチがかかりそのまま当った。その玉ですぐにもう一回。しばし打ち込むが、やはり回らないので、600個ばかりの玉を流して、抽選を待つことに。この時点で700円の勝ちか・・・(爆))。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る