コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

ぱちんこCR北斗の拳ケンシロウ  
 

実戦データ
店舗名 関東K店
換金率 40玉
遊技ルール 無制限・台移動・出玉の共有不可
機種名 ぱちんこCR北斗の拳ケンシロウ
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 18000円
総回転数 2893回
大当たり回数 38回
確変回数 3回
総出玉数 28649個
換金額 71500円
収支 53500円

今日開ける筈であろう店へと向かう。

前日に閉店間際まで店を見て回った結果、絶対的なトップバッターはなかったが、とりあえずの候補を二軒に絞ってみた。一軒は並びさえすれば釘はどうであれ打てるであろうS店と、もう一軒は見た目の釘はかなり良いレベルだが抽選入場のK店だ。

こちらは少ない情報の中で、知り合いから全体的に回していると聞いたお店。できることならK店の方で打ちたいに決まってはいるが、今日この日を逃すと原稿が書けなくなるので、ここは大事をとってS店から攻めてみたのが裏目に出た。前日の雰囲気からすると、今日は開けてくる可能性大だったのだが。

それなりの早い時間に並び、首尾よく台を抑えることに成功したのだが、如何せん想像以上に回らない。ヘソの大きさも昨日と寸分違わずだ。でも念の為打ってみてしまうところが己のまだまだ甘いところなんだな、これが。だれがどう見たって回らないっつうの(笑)。 ところが2000円ばかり打って回らないのを確かめ終わったところで、悪運強く当たってしまった。予告はよく覚えていないが、とにかく疑似連が4回続いて、掛かったリーチがジャギだった。

まるで朝一確変ランプが点灯していたかのような早業だったが、約400分の1を自力でツモッタ。昨日はあっちこっちで20000円もばら撒いて、ついに当たりを見ることなく終わったのと、一昨日は500回ほど違う台で回していたから、実に久しぶりの当たりだ。どうせなら大連チャンでもしてネタにでもできればと意気込んでみたものの、これは5回で終了した。時短もたったの60回転で何も起きず。

ここで潔く止めればいいものの、時折ステージからポコポコっと入賞する玉の挙動が気持ちよくズルズルと打ってしまった。せいぜい回せても1000円あたり20回程度が関の山。33玉交換とて無理ってものだ。徹底的に回らないのを見届けてようやく踏ん切りをつける。

さて、ここからが問題なのである。もう一軒の店に行こうとは思うのだが、今居る所からはどう頑張ったって1時間30分は掛かる県外のお店。しかも昨日の状況からすると、この時間からのこのこ行っても空き台待ちでどの位時間が掛かるか分からない。しかし今日もまたブラブラするわけにはいかないので、空き待ち覚悟で向かってみた。

ようやくのことでK店着。肝心の北斗にもちろん空きはなく、暫し釘見がてら店内をウロウロしていると、ここでなんと早くも北斗に一台空きができた。ちょっと信じがたい光景だったので隣の人に確認してみると、たった今止めていったばかりだとか。拍子抜けしてしまったが、ここまで来て正解だったようだ。

風車回りが若干マイナスにされている他は文句ない。スルーが勉強不足だが。そして最初の10000円で回せたデジタルは302回転。う〜んまずまずってところかな。しかしこの後、回りがちょっと落ちてきたが、何とか18000円使ったところで無事ステップアップ予告が最終までいって掛かったリーチは朝の当たりと同じジャギ。514回転目のこと。

確変になってから初めてスルーが足りないことに気付く。何せ、デジタルの消化が早くて、電チューの保留があっという間になくなるので、玉減りこそしないもののヘソのデジタルまで回ってしまうことがしばしば。こんな所に落とし穴があったとは。これが6連チャンとなり暫くの間はこれで凌げるかな、といったところ。

信じられない結末が・・・。

先程の台もこの台もそうだが、ステージに乗っかった玉は複数だと上手く入らないので、1個乗れば止めたほうが良さそうだ。右打ち時にはお決まりの節約で、大きく差がでる筈。

その確変中はリーチさえ掛かればバトルに発展して当たりか転落するかのどちらかなので、中々のスピード。加えて16ラウンドの当たりは右打ちなので、出玉スピードもかなりのもの。データを取りながら止め打ちして、箱に綺麗に玉を入れるのはちょっと大変だ。

時短が60回を抜けても続いていたので、もしかしたら潜伏の可能性もあるかと期待していると、あっさり80回転目で終了した。次はいつ当たってくれることやら。回りの方は30回を突き抜ける時もあったり、20回ちょっとのときもあったりと結構ばらつきがあるが、打ってもいいレベルだと思う。

次もまた500回を超えたところでやってきた。北斗七星ランプが上から順に点灯して更に赤く光った。いままでは下から点灯してたのだから、結構熱いんでないの? これがラオウストーリーリーチに発展して、ユリア登場。最初の店でも一回掛かったが外れたのを思い出した。しかし今度は物にできた。

ここらで一発でかいのがきてくれないとなぁ。これまた無難な5連チャンで、おまけに5ラウンド当たりが3回もあったので、朝からずっと7000個止まり。ここを抜けてくれると随分見栄えもよくなるのに。これも時短は80回で途切れまた一から出直しだわ。

さて次。500ちょい手前まで特別熱いリーチもなく先程まで一度しか掛からなかった世紀末モードが頻繁に起きるようになる。これになるとアタッカーがパカパカときて、2ラウンド確変か、通常か、はたまたフェイクかといったところ。2Rの所にランプが点灯すれば当たりになるが、パカパカするだけで一向に何も起こらず。その上、データ表示もリセットされるため、かなりのうんざり感。6回も立て続けにやられると流石に打ち気も削がれるってもの。こりゃ、飲まれた時点で早上がりかな。

ちょっとやる気が失せてきたところで、パカパカの契機となる五車星リーチが掛かる。帯のような色が赤いものの信頼度最低の「風」。 もうさっきから何度も何度も目にしてきたやつなので、携帯にフェイクと打ち込んでいたら、これがなんとラオウストーリーからユリアに発展して当たってしまった。これにはビックリ。

よしよし、これでまたやる気が沸いてきた。全く勝手なものだと自分でも思うよ。当たればそこそこに面白く、当たらなきゃグチグチと始まっちゃうんだものなぁ。でもこの手の台は当たってなんぼ、連チャンしてなんぼの台だから、当たるまでは辛抱するしかないのだよ。わかったよ、もう文句は言わん(笑)。 

そしてこの後とんでもない結末になろうとは。まあとにかく攻撃されても、耐える避けるの繰り返しで、7連チャンに成功した。ここで「YouはShock」と例の曲に変わった。そうそうこれこれ、北斗はこれじゃないと雰囲気でないね。

結局これがなんと閉店まで続いたものだから、たまげた。怒涛の21連チャン。最後は店員さんに時間ですと言われて終了した。そう、その保留で、これはラオウの台詞かな? 「我が・・・に一片の悔いなし(?)」とかなんとかいう台詞。随分前とはいえ原作を読んだくせに、全然覚えてない。それで掛かった時には当たりだと思って右打ちの用意をしてたら、無想モード突入で2ラウンド当たりだって。これどう考えても潜伏ってるはず。もったいない。

まあでも良かった。明日もまたここへ来る気が湧いてきたし、早い段階で打てたことに感謝。どうでもいいけど、これから帰って明日の公開までに原稿書かなきゃならんのだ。帰りは高速使って帰るとするか。いったい何時に書きあがるのだろうか・・・。

<タッキーのひとり言>

季節の移り変わりも早いものだが、パチンコのそれもまた凄まじいものがある。『夏祭り』なんて結局打てなかったし、『侍』でさえ今後の開けを期待すると果てしなく??だしね。あまりにもド派手で店のあおりも半端じゃないから、ちょっと今はこれ以外考え難い。『慶次』の対抗馬としてもうってつけであろうから。侍探しの次は北斗ですかぁ(笑)。
次回、月曜日は祭日のため一回お休みです。

すこしの間、充電だ。

text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る