コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

ぱちんこCR北斗の拳ケンシロウ  
 

実戦データ
店舗名 関東K店
換金率 40玉
遊技ルール 無制限・台移動・出玉の共有不可
機種名 ぱちんこCR北斗の拳ケンシロウ
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
19000円5318→3ウインドウステップアップ・4・キリン柄・強敵背景サウザー
306北斗七星ジャギ強・耐える
55転生モードルーレットジャギ強・敗北
181→3死兆星・虹サウザー・よける
1386ルーレットジャギ・先制
42北斗七星ジャギ強・よける
4無想モードルーレットサウザー弱・敗北
375→3ルーレットジャギ強・耐える
272流星群サウザー・先制
1043オーラ白ラオウ中・復活
136→7オーラ緑ラオウ強・よける
2391→7オーラ緑ラオウ強・よける
274オーラ赤ラオウ・先制
3無想モードオーラ黄ラオウ中・敗北
28無想モードオーラ緑ラオウ強・敗北
60+2045→7ステップ・4・赤タイトルジャギ
808ルーレットサウザー弱・よける
691→3北斗七星ジャギ強・復活
481→3北斗七星サウザー弱・復活
464セリフおれは天才だー!ジャギ強・よける
103流星群サウザー弱・よける
33無想モード流星サウザー弱・敗北
56ルーレットジャギ強・よける
606オーラ緑ラオウ弱・耐える
558オーラ黄ラオウ・先制
30無想モードオーラ赤ラオウ強・敗北
100+2976疑似連・2サウザー
11無想モードルーレットジャギ強・敗北
84→3流星群アミバ強・耐える
86無想モードザコ車・流星群サウザー強・敗北
60+3395→3ウインドウステップアップ上スクロールラオウストーリー・ユリア
246→3ザコ車・指ポッキンジャギ弱・復活
47無想モード流星サウザー強・敗北
448ルーレットサウザー・先制
164ルーレットサウザー・先制
50無想モード北斗七星サウザー弱・敗北
19無想モードルーレットサウザー弱・敗北
406北斗七星ジャギ強・よける
88→3ルーレットサウザー強・耐える
404→3流星群サウザー弱・耐える
1688→16Rオーラ赤ラオウ弱・よける
776→3オーラ緑ラオウ強・復活
406オーラ黄ラオウ弱・よける
176→3オーラ緑ラオウ強・復活
48無想モードオーラ赤ラオウ強・敗北
80+3048→3カウントダウン・ステップ4・赤タイトルラオウストーリー・トキVSラオウ
168無想モードルーレットサウザー弱・敗北
60+92終了
総投資額 19000円
総回転数 4201回
大当たり回数 47回
確変回数 5回
総出玉数 24059個
換金額 60000円
収支 41000円

こいつもやはりステージが肝心ってことか。

パチンコの方に目を移すと、この季節とは裏腹に熱い、熱い。こんなにホールが賑わってるなんて久しぶりのことじゃないのかな? ということで、もちろん今回も前回同様『ぱちんこCR北斗の拳ケンシロウ』での実戦だ。導入から一週間以上たっているにもかかわらず、いまだ客付き100%のモンスターマシン。ここ最近ではあまり記憶にないなぁ、こんな加熱っぷりは。そんな状況ゆえ、朝の時点で座れなければアウト。

釘のほうは少しずつメリハリが出来てきて、見た目の釘の大きさに騙されることもしばしば。当初、何台か打った感触ではステージ性能にそれ程個体差はないなと感じていたのだが、先日目撃したガバ開きの台なんて全くステージが使えなくて、その日はお帰りを食らった程。せっかく高速使ってまで来たのにあぶれてしまうのは勘弁願いたいところだ。さてさて今日はどんな展開になるのやら・・・。

ただし、仮にそこそこの台に座れたとしても、嵌りという恐怖が常に付きまとう訳だから精神的にはあまり穏やかでない。十分な回りがあれば別だが。それ故、『花の慶次』同様、プロっぽいのはあまり打ってないのがいい。

個人的には、回りさえあれば羽根デジと呼ばれる機種なんかよりこっちの方が好きだなぁ。だって、時にはあっと驚くようなドギツイことやってくれるでしょ? もちろん堅さも大事だけど、毎日同じことの繰り返しじゃつまらない。

早速入店し一台を確保して打ち始めると、今日の台はステージからの入賞がすこぶる良い。1000円あたり30回、もしくはそれ以上は回ってくれるだろう。40玉で30回ぐらいじゃ高い儲けは期待できないが、体感的には打っていて安心できるレベル。少々安くても、高換金率で嫌な汗をかきながら打つよりオレはこっちを選びたい(笑)。 

ドギツイのとか言いながらも、心の奥底では安定を求めているのかもしれないなぁ。羽根ならともかく、相手は約400分の1の強敵、とても20半ばの回りじゃおっかなくて打てないもの(笑)。 

最初の10000円でギリギリ300回を超えた。打ち始めた時の勢いじゃ320はいくかなと思ったんだけどね。贅沢は言ってられないので打つけど、普通に当たってくれさえすれば文句は言わん。

敢えて一つだけ言わせて貰えれば、ガセの2ラウンドが多過ぎるってことかな。あれさえなければなぁ、こう言っちゃなんだがバトル中は結構面白いし(笑)。

結局、19000円使って当たったのは良いが、回りは少しダウン。しかし、しょっぱなから11連チャンもしてくれたお陰でどうにかなりそうだ。
次は早いのがきた。ステップ4まで行って、ジャギのタイトルが赤文字。これ以外は強い予告がなかったが(きっと見逃してると思うが・笑)無事当たった。個人的にはこのジャギリーチが良く当たる。

今回も最後にドラマが・・・。

ん〜、しかし強い。今度は9連チャンで早くも当たりが20回に到達した。バトル中は『慶次』と違って、いきなり捨丸登場で万事休すなんてことがないので、精神的にも楽だわ。

前回打った時は勉強不足で分からなかったが、8個保留の台ではあるが大当たりの内訳はヘソも電チューも変わらないので、少々保留が途切れてもしっかり止めるところは止めて玉減りを防ぎたいものだ。この店は40玉交換とはいえ、スルーは辛めの調整で打ちっぱなしじゃ間が悪いと間違いなく玉は減る。4個戻しの弊害なのか・・・。

お次もまずまずのところで当たった。この手の台を打つ時には常に最悪のシナリオを想定して「打たれ強くあれ」と自分を鼓舞しながら打ってるものだから、普通のところで当たると拍子抜けするのよね(笑)。 今回は2回でバトルは終了。

この後も嵌り知らずで、399回転目まさにピッタシのところ、4×4ウインドウステップアップが上に移動!? ってこれ、大当たり確定なんじゃないの? これがユリアリーチとなり当然の如く当たり。これがまた恐ろしいことに11連チャンとなった。ん〜・・・。

そろそろ時間も気になり始めたところへ、またきた。今度はトキ vs ラオウですって(笑)。 当たらない訳がない。前回の閉店時間切れが頭をよぎる。そう思ったのも束の間、何てことはない、最後は一発消しを食らってジ・エンド。

<タッキーのひとり言>

しかし何でしょう、『北斗』の人気ぶりは。何処のお店へ行っても、通路は空き台待ちの客で溢れているし。待っててもそう簡単に空くわけないじゃないの。人間の心理として、狙ってるなと察しがつけばついつい粘り倒したくなるものなのよ。もっとも、オレは回らなければ潔く止めちゃうけどね。
そのあおりを受けてか、『慶次』のお客が少し減ったような気がする。台数減らしちゃった店も出てきた。いかにもスロットから流れてきたって感じの若者も結構いる。新たなファンを獲得できれば良いのだが・・・。

text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る