コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

ぱちんこCR北斗の拳ケンシロウ  
 

実戦データ
店舗名 関東K店
換金率 40玉
遊技ルール 無制限・台移動・出玉の共有不可
機種名 ぱちんこCR北斗の拳ケンシロウ
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 2500円
総回転数 4152回
大当たり回数 47回
確変回数 7回
総出玉数 21180個
換金額 52500円
収支 50000円

未だ釘を見ることもままならない。

クワガタのバトルは卒業したが、パチンコの方はというと、今週に入ってから『ぱちんこCR北斗の拳ケンシロウ』を毎日打つ日々が続いている。他の機種には一切手を出さず。幸いにして大きな嵌りにも遭遇せず、意外にもまったりとした気持ちで打ってるんだなぁ、どういうわけか。

カースケ師匠は等価交換の羽根デジで奮闘しているようで、随分と対象的な二人だこと(笑)。 しかし等価の羽根なんて、腕に自信がなければ打てないシロモノ。だって一回転の重みが違うからね。余裕のボーダー超えならいざ知らず、ギリギリの選択を余儀なくされるわけだから、ちょっとのミスが収支に大きく影響するので、釘読み、ストローク、玉の節約、全てにおいて気が抜けないのだ。

自分には少しばかり荷が重すぎる。『北斗』のような連チャン機なら出玉で誤魔化せたり出来る分楽なのだ(笑)。 酷い嵌りに耐えられさえすれば、台毎に設置されているテレビでも見ながら気軽に打てるのがイイ(笑)。 そして、今日も高速を使って近頃お気に入りの店へとひた走った。

とにかく、ここ最近はもうこのお店一点張り。なんといっても居心地が良いし、顔見知りも殆どいないので変な気を使わないで済むところが楽だ。ここへ来たら最後、次に移動するにもこの辺りじゃ土地勘もないし、地元に帰るには時間が掛かるし、この店でどうにかしようって腹積もりで今日も『北斗』の島へ。

探せばそれなりに打てる台があるのだが、相変わらずこの島は朝から大盛況で、釘を見ている余裕なんて殆どない。片側10台あまりのヘソを見るのが精一杯。もっともその釘でさえ、台の癖を把握できてない今の状況では打ってみないと判らない状態なので、毎日が行き当たりばったり。さすがにこれはちょっとしんどいぞ。

そんな状況なので、ゆっくりと釘を観察できるのは閉店間際しかないけど、そんな時間まで打ってないから未だ全台の釘を見たことがないの(笑)。 過去にこんな例は思い起こしても無い。まあそれでも、自分の知る範囲ではこまめに釘を叩いているようなので、ここまで来る楽しみがあるってものだ。

さて、その釘を頼りに選んだ台ではあるが、果たして見立て通りに回ってくれるだろうか・・・。最初の500円でステージからの入賞が1個しかなかったので、これはまずいと思って、残り一台の空き台に移動しようかと悩んではみたものの、500円分の玉で13回と保留玉がいっぱい。なんとも悩ましいかぎりだが、なんとその13回転目で当たってしまったものだから、必然的にこの台での勝負を余儀なくされた。


プレミアムのオンパレードは良いのだが・・・。

この状態をキープしながら、尚且つステージも徐々に良くなってくれると助かるんだけど。昨日は夜になって1000回オーバーを食らったものだから久しぶりの大当たりだこと。やっぱりジャギリーチが最後までいくと信頼度は高めだわ。しかしこれはたったの3回で終了。

次はちょっと凄かった。不覚にも思わず腰を浮かしたぐらいだから(笑)。 毎回がっくりさせられる五車星リーチ。これがなんと、星の光が五色! そう、プレミアム演出。いつかは拝めるだろうと思ってはいたが、いやはやビックリ。これがユリアリーチへと発展して、キリン柄までお出ましで7が三つ。贅沢三昧な当たりだこと。

しかし今回も短い連チャン。たったの2回で終了。次が700回近くまで持っていかれたものだから、買い足す破目になってしまった。しかし、1500円追加したところで、今度もなかなか強烈な当たり方。

4×4ウインドウステップアップ予告から、疑似連が3回。強敵背景、北斗七星ランプが下から、1・2・3・と点灯したところでストップ。あれ!? 何これ??、と思った瞬間、死兆星ランプが虹色に光ってこれまた鉄板。今日は凄いことが起こりそうな予感・・・。

しかし今回もまた2回で終了。ところが時短終了後間もなく、ユリアリーチが掛かり難なく当たり。潜伏してたのかな? それとも自力か? しかし、まあ今日は当たってからの展開が良くない。今回は5ラウンド一回で右打ちすることなく終了。そういえば、先程の当たりも16ラウンドだったが、下アタッカーの為ハンドルはそのまんま。

さてと、気を取り直していきますか。時短が終了した保留玉の最後で4×4ウインドウが上に移動。一瞬上だか下だか判らなかったが、これはまずまず見ることができるプレミアム。5が揃って、16ラウンドとなった。肝心のバトルの方だが、今日に関して言えばとにかく殆どサウザーしか登場しない。アミバは一度も登場することがなかった。そのサウザー登場で攻撃を喰らい、よもや続けて一発かと思った瞬間助かった、リン登場で復活。しかし喜びも束の間、このバトルも長くは続かなかった。3回で終了。

次は700手前でまたレアな当たり方をした。その前にガセで入った世紀末モードの背景が夜になったので、普段はあまり押さないボタンをプッシュ。“五車星リーチをかけろ”のミッション。赤い炎からステップ4までいったので、もしやと思い見ていると、望み通りの五車星リーチでミッション達成と出た。そしてここでようやく納得の11連チャンとなった。当たりは軽いとはいえ、なんとも長い道のりだった。

ところが困ったことに、ポンポンと当たっているうちは良かったのだが、どうも先程から回りのほうが芳しくない。午前中はステージからも徐々に決まりだし、回りに関しては問題なしと判断したのに、まさかここへきて投げ出したくなろうとは夢にも思ってなかった。

いろいろと工夫してみたがちっとも好転しなくていっそのことブン投げてしまおうかとも思ったが、回らないとはいえ元々のボーダーラインが高めなので、体感的にはそうは悪くなくズルズルと打ち込むことに。こんな時は大概は当らず結局ギブアップする破目になるのだが、今日は違った。

今度もまたプレミアム。北斗七星ランプが虹色に光って更にV-プッシュボタンがず〜っと振動したままだった。これが10連チャンとなった。そろそろ時間も気になり始めた時、普段はガセばかりの世紀末モードだが、こんな時に限って2ラウンドランプがピカ。肝心のセグも見かけない形だったので暫く回すしか術がないか。突確のセグはそれでも結構収集できたんだけどね。

そして30回ほど回したところでカウントダウン予告発生。5・4・3・2・1・0・ときた。これも相当熱い演出。先程の2ラウンドは確変だったってことなのか? これがトキvsラオウリーチとなる。ところがこの期に及んで、あっさり外しやがった。プレミアムばかりで当たっていたので、これぐらいじゃ駄目ってことなのか。

更に追い討ちをかけるように、ラオウvsケンシロウリーチ外れ。最後は、赤炎から疑似連2回でサウザー登場。しかもキリン柄の文字。これだってめったに拝めないもの。当然のようにあっさり外したところで時間となった(笑)。 もっともここで当てたところでまともに当たりを消化する時間は残っちゃいないのだが・・・。

<タッキーのひとり言>

近頃毎日のように遠出しているのだが、意外にも近場でウロウロするよりはガソリンを使わなくて済むのが有難い。おまけに移動は決まって高速なので燃費も良いし、暫くはこの生活が続きそうだ。朝早いのと、帰りが遅くなるのが少しばかりキツイが、打てないよりはずっといいのだし・・・。
text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る