コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CR新EX麻雀H-VC  
 

実戦データ
店舗名 関東K店
換金率 40玉
遊技ルール 無制限・台移動・出玉の共有不可
機種名 CR新EX麻雀H-VC
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
1500円34突確
4PUSHマン白虎
7連チャン
突確
4連チャン
突確
突確
2R通常
50+66八→七好機招来音朱雀
2連チャン
2R通常
50+183六→七点棒ステップアップ4・赤白虎
10連チャン
突確
突確
突確
九→七
突確
五→七
2R通常
50+21四→七四獣ステップアップ4・好機招来音朱雀
2連チャン
2R通常
50+147八→七福禄寿連続演出3回朱雀
10連チャン
突確
2連チャン
突確
突確
突確
2連チャン
2R通常
50+15福禄寿連続演出3回玄武
2連チャン
突確
2R通常
50+60突確
福禄寿連続演出3回・好機招来音玄武→青龍
2R通常
50+139突確
ニ→15R福禄寿連続演出3回・好機招来音白虎
2R通常
50+98終了
総投資額 1500円
総回転数 2901回
大当たり回数 69回
確変回数 8回
総出玉数 48018個
換金額 120000円
収支 118500円

厳しい評価に変わりはないが。

では本題に。別にこの台がうんざり感いっぱいだなんて言ってないからね(笑)。 でも、まさかこの台で三度も実戦コラムを書くなんて夢にも思わなかった。なんてたって過去二度の対戦は何れも負けを記録した苦手機種。カースケ先生はまずまずの評価だったようですけどね。 

別に面白くないって言ってるわけじゃいんだけど、何が辛いって、当たりそうもないリーチを延々と眺めていることが苦痛なわけで、大概保留玉もいっぱいだし、することがないのよ(笑)。 煙草を吸ってる人にとっちゃ、ついつい火を点けたくなるポイントが沢山あるような台なのか。

なので、こんな時は決まってトイレに行ったり、コーヒー買いに行ったり、テレビのチャンネルをあっちこっち回してみたりしながら手持ち無沙汰を解消してるってわけ。 間違っても席を離れてる時に当たってしまって大慌てなんてことも皆無だからその点は安心(笑)。 

ま、そんな理由から、開けを見つけたとしてもいつも決まって後回し。しかし今日は、これ以外に打つべき台が見当たらない。逆にいえば他に食指が動く台が無いからこそ、こいつとも向き合えるってもの。とはいえ、最初に打った時に比べたら喜んで打てるような回りではないのだが。


近頃、店員さんのプレッシャーを感じるのだけど・・・。

丁寧に玉を弾いていくと、最初の1000円で30回を超えてきたが、これはいくらなんでも出来すぎの感。その直後に図柄がピカッとなって青龍のシルエットが。これって掛かる度に分かっちゃいるけど一瞬“青龍リーチ”か?と期待しちゃうんだよね。結構思わせぶりな演出。大概はアタッカーがパカパカとやってガセで終わってしまうわけで。しかし、今回はそのパカパカで2Rランプが点灯した。意外だったなぁ。

おまけにこれが確変だったから二度ビックリ。もちろん当たって初めてそれが確変だったことが判ったのだが。当たる時なんて本当に簡単なもの。いつもは相当熱い予告で、リーチも最終段階まで行っておきながら外れのパターンだが、その最終まで行かず呆気なく当たってしまった。これまたビックリ。

通常時は辛い部分もあるが、バトルに入ってしまえばこっちのもの。なんだかんだ言ったって82%の継続率はそう易々と終わらない。そしてこの当たりが12連チャンとなった。続く時は当たり前だが、バトル中の会話が成立した時にはきっちり朱雀が登場するし、その逆の時はちゃんと玄武が出てきて持ち堪えるというパターン。

おまけに終わった後も、潜伏していたのかと思わせるような早い当たりが続いたものだから、あっという間にドル箱の山。近頃ちょっと目立ち過ぎなのよねぇ。そしてまた突確が何度か絡みながらの12連チャンと、よくもまぁ派手にやってくれること。

この後も、いかにも潜伏してそうな感じで早い当たりがバタバタと。そこそこ出ればパチンコって楽しいが、あまりにも出過ぎたりするとそれはそれで居心地が悪くなるってもの。

そう思った矢先、普段はホールに出て来ない店員さんがこの島の担当になったみたいでウロウロし始めた。こんなことは慣れっこなので平気だけど、それでも気持ちいいものではない。もちろん普通に打っているわけなので、お咎めなどなかったのは言うまでもないが。

結局、後半は少しばかり勢いがなくなったが、初当たり自体は申し訳ないぐらい軽かったので、終日当たりっぱなしのような感覚だった。今日は『北斗の拳』も『花の慶次』も振るわなかったらしく、この台が今日この店での一番の出玉となってしまった(汗)。なんでも一等賞というのは嬉しいものだけど、今日に関してはただツイていただけの話。

<タッキーのひとり言>

苦手な台とはいえ、打ち込めばそれなりに味がでてくるわけで、初当たりの軽さと継続率の高さから、今後も積極的に打つことになるだろう。もちろん釘次第ではあるけれど。ステージへの自力乗り上げが期待できるので、癖さえ良ければ…といいたいところだが、ここまで何台か打ってきた感触ではそれもあまり望めない。やはりヘソはある程度の大きさがないと回らないだろう。玉増えも期待薄だしね。
text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る