コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CRAハイパー海物語INカリブSAE  
 

実戦データ
店舗名 関東M2店
換金率 30玉
遊技ルール 無制限・移動可
機種名 CRAハイパー海物語INカリブSAE
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 200円
総回転数 ***
大当たり回数 67回
確変回数 ***
総出玉数 9980個
換金額 30242円
収支 30042円

■中盤のはまりは何なのだ〜

抽選時刻の15分前に着いてみれば、すでに長蛇の列。中にはご近所でみかける専業さんもかなりいる。池本さんや高田くんといった古くからの知り合いもいる。つまりは、打てる可能性があるということをこの並びが物語っている。

「おや、この店に来るなんて珍しいですね〜」とみんな(専業さん)から声をかけられる。「へへへへぇ、行くとこないもんで」と答えていよいよ抽選の時。渡されたカードは73番。なかなかいい数字じゃないのよ。当たりそうな気がするよ(笑)。

店内で発表掲示板を見てみると、首尾良く当たりゲット! しかも、機種は一番狙い目だった『ハイパー羽根海』。何か最近は流れがいいんだよね。長くやってるとこういう時期もある。

新台以外の台のアケはあまり良くないので、これはほんとラッキーだ。

いそいそと台に向かえば、寄りオッケー、スルーオッケー、ヘソもオッケーの十分形。よほどステージがアホでない限りは回る感じだ。ストロークも慣れているし打ち込んでいる機種だけに、こりゃいい。

くじの幸運とダブルで天の神様に感謝して、打ち出し開始。と思ったが、玉が出てこない。店員さんを呼んで直してもらうが、えらく時間がかかる。かれこれ15分以上は待っただろうか。貴重な時間なのになあ・・・と出鼻をくじかれた感。

ようやく直ったところで店員さんがサービス玉を500円分以上出してくれて、お待ちかねの遊技開始。玉貸しボタンを見ると200円分の払い出しになっている。それで合計700円分くらいの玉なのか。この玉で当たるとラッキーだなと虫のいいことを考えつつ打ち出せば、なかなかどころか、かなり玉の流れがいい感じ。

3円という換金を考えれば十分な、1000円20回転の後半はあると思われる。まあ、でもこの子たちは最初だけ回って後は・・・ってパターンも多いゲージだから油断はならないけど。

そんなことを思っていたら、来ました最初の魚群。玉はまだ追加で借りてない。「間違って当たれ!」と念じたらその通り間違って当たった(笑)。それが、保留で3連の好スタート。13回転目の出来事。

その玉が飲まれる前の170回転でまた魚群から当たり。それが引き戻しと保留連で都合9発もきた。しかも、50時短ばっかり。電チューサポート中に玉も増やせるし、いよいよ俺の時代が来たのか?。

次も140回転で4連。その次は確率分母の2倍ちょいの215回転で単発。しかし、時短終了後にすぐに魚群から4連と誠にいい展開。その後もまずまず順調に当たりはきて、3時過ぎには13000個程度の玉が出来あがった。投資は200円だから、今の時点で4万円ちかく勝っているということ。いやはやうまい話があったもんだ。

ところがここから事態は急変。まずは180回転で2連、175回転で単発とモミに入ったのだが、次は485回転の5倍ラインで単発。次も415回転で単発と立て続けの4〜5倍ラインのはまり。そして次も395回転と三度続けての4倍ライン。こんなのも珍しい。

しかも、13000個までの魚群の当たり的中率は100%だったのが、この1600回転の間に出現はたったの2回のみで両方ともハズレ。さらに、5回の大当たり後のST5回転(55回)でかかったリーチは驚愕の0回。経験値で言うと考えられない台の豹変ぶり。周囲の専業さんも「カースケさんおかしいよ、それ」なんて言い出す始末。この5時間の当たらないモードで、さすがに玉は激減した。

心の中で「こりゃ遠隔???」という二文字も浮かび上がるくらい。でも、玉があるし、黒だと決めつけることも出来ないし、大体巷で言われるほどそういうことは信じてないたちなので、いやむしろここまでの自分の幸運のほうが、嘘くさいし・・・減ったとはいえど玉はあるわけだし・・・と色々考えてみても、結局はただ打つのみ。池本さんをはじめ、付近のお仲間もみんな苦戦してる中、自分も恥ずかしくないようにがんばるだけ。回りは問題ないし。

すると21時を過ぎた辺りから事態は好転に向かう。徐々に玉は戻り始め、閉店15分前の最後の当たりが4連してくれて、かろうじて1万発弱のところまで復帰して終了することが出来た。収支的にも、内容も問題なかろうて・・・。

■遠隔考

今回はラッキーに助けられたかたちだが、中盤のもしや「遠隔」・・・みたいな事態に遭遇したらどうすればいいのか? その答えは、ケースバイケースというしかないが、自分の経験値で言うと大半は「思い込み」に過ぎないと思う。

確率上、わずかでも起こりうることは起こりうるのだ。確率的にありえないことが起こるなら話は別だが。紙のように薄い事象でも、起きる可能性があるなら起きてしまうのだ。

何万人に一人の難病を患う方も世にはいる。まじめに暮らしている人の上に自殺者が降ってきたり、通り魔に遭うこともある。2億円の宝くじに当選し殺されてしまう人もいる。ひどい話ばかりで書いていて嫌になるが、現実にあるのだからそれは受け入れるしかない。(注:理不尽な犯罪や事件を受け入れるということではない)

話は大きくそれたけど、ホールにおける「遠隔操作」やそのたぐいの不正行為は実際にある。摘発もされているわけだから「ない!」と断言するのも早計だが、「そうだ!」と決めつけるのもまた早計だと思う。某掲示板などでは、この手の話題でホールへの悪口雑言であふれているところもあるみたいだけど、何事も冷静に自分の目や耳で確かめながら考え、行動していくしかない。だって生きるってことはそもそもそういうものでしょ。

歴史的には、風評の丸呑みや思い込み・決めつけで、日本人は過去にたくさんの過ちを犯してきたわけだし・・・。何だかまたもや話がずれてしまったが、意をくんでもらえるとうれしいかな。

追記:信頼できる友人から聞いた話では、隣の県の店で、旧「大海物語」で45回当たった台がその次の日は50回当たり、三日目も55回当たったことがあるらしい。これだって起こりうることだけど、さすがにこうなると限りなく黒に近いなにやらかもね・・・・。そういう場合は、文句をいうよりも「面白い店だなあ〜」とか「君子危うきに近寄らず」でいいんじゃないかな。(冷静に考えれば、店の操作というよりは、バグかゴトを仕込まれた可能性のほうが高いと思うけど)
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る