コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CR花の慶次−雲のかなたに−  
 

実戦データ
店舗名 関東K店
換金率 40玉
遊技ルール 無制限・台移動・出玉の共有不可
機種名 CR花の慶次−雲のかなたに−
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 1000円
総回転数 3594回
大当たり回数 49回
確変回数 8回
総出玉数 30616個
換金額 76500円
収支 75500円

最後尾からの入店。

冗談はこれぐらいにして、今日は通いの店の新装開店初日。二週間入れ替えがなかったことからかなり期待して臨んだのだが、いざ蓋を開けてみたらそれはもうしょっぱい台ばかりで、台数からしてお店のやる気の無さが伝わってくる程だった。引いてきた抽選番号もそれに伴ってか最後尾だった。あ〜今日はもう終わったか・・・。

定刻の時間となり一番後ろから入場し、既に押さえられている新台の釘に目をやると、ヘソ以外はマイナス調整だった。果たしてどこまで回るのやら。くじ運が悪かったのが幸いしたかもしれない。もしも新台を取れる位置にいたならば、とりあえずは打っていただろうから。

そして運よく『CR花の慶次』に一台開きを発見。イベント台だというのにこの島で開けられた台はたったの一台だけ。最後尾から入店したというのに誰一人押さえてなかったのはラッキーの一言。そういやこの台、先週までは整備中の札が入ってたっけ。長いこと電源が入ってなかったから釘もまともに見てなかったけど、ひょっとしたらずっとこの釘だったりして(笑)。
加えて、この台は以前試し打ちした時にステージの癖がいまひとつだったのを思い出した。

まあでも他に打てそうな台もないわけだから、ここはひとつ自分の目を信じて打つほかあるまい。そして打ち始めると2回転目でいきなり、「金の襖」 で「七霧」 の背景。この回転で背景チェンジしたのかな? だとすれば大当たり確定なんだけど、玉の動きに気を取られていて全く見ていなかった。掛かったリーチが「直江兼続」。何れにせよ当たってもおかしくないリーチなんだけどなぁ・・・外れだってさ。

気を取り直して回していくと、今度は4回転目で「殿リーチ」 となったが捨丸じゃ全然期待できないので気にせず保留玉を埋めていく。たった500円だけど、保留満タンとこの4回転で上皿にはまだ200円分程の玉が残っているわけで、ひょっとするとそこそこのレベルの台なのかもしれない。

そんなことを考えていたら「撃破」 の文字が! いやいやこれにはビックリ。『花の慶次』でたったの4回転で当たるとは。誓って言うが、潜伏確変を拾ったわけではなく、正真正銘通常時の当たりを引き当てたのだ(笑)。 そして恐ろしいことに、この当たりが一撃20000個超えの18連チャンとなった。とにかく、捨丸登場で大ピンチとなっても大ふへん者で凌ぎ、慶次や捨・岩の二人が登場した時にはきっちり城門突破となり、朝から願ってもない展開となった。それにしてもこんなに捨丸が大活躍するなんて初めてのこと。

この当たりを取り終えたのは午後一時近く。しかしまぁどうなんでしょ、まだこの時点でははっきりとした回りも把握してないといった状況。たとえ回らなくても、勝ちは確定しているようなものなので気は楽だが。なんてたって使ったお金はたったの500円・・・の筈だったが、どうも知らないうちに貸し玉ボタンを押してしまったようで、サンドに表示された額は9000円。ということで、1000円の投資となってしまった(笑)。

さすがに今日は余裕の展開。

大当たり中はステージで玉がぶつかり合って今ひとつ感触が掴めなかったが、さすがに通常時となれば止めるところは止めるので、微妙な回りながらもステージからの入賞はまずまず見込めそうな気配。そんな矢先、本日二度目の金襖で更に待望の「キセル予告」 登場。さてさてどんなリーチが掛かるのやら。

襖の先にはなんと秀吉の顔が。大当たり確定の「聚楽第リーチ」 は大概が「もののふチャンス」 からの突入なのに、このパターンはお初である。キセルといい聚楽第といい圧巻の一言。この当たりが3連チャンとなった後に、2ラウンド通常であっさり終了してしまった。なんだかなぁ・・・。と思う間もなく、時短突入後キュインという確定音が鳴り大ふへん者。たったの11回転だもんなぁ。こりゃ今日はとんでもないことになるかもしれない。なんて思っていたら、またしても2ラウンド通常に阻まれる。

しかし、回りのほうは1000円辺り30回ぐらいにはなってきたので、まずまず大丈夫ではなかろうか。そして次に300回を超えたところで突然ガガっときて傾奇ゾーン突入となって例のランプを見れば、なんと2ラウンド確変。しかしこれがなかなか当たらずで、100回近く回す破目に。その間、風流リーチが10回近く掛かったものだから、もうヒヤヒヤもの。で、また2ラウンド確変を引き、ようやく53回転目で戦リーチがものになる。大ふへん者だったが。これが5連チャンとなった。

次は、とうとう来た!金襖から七霧背景へ移行。この時点で大当たり確定。意外とありそうでない演出だと思う。なんてったって初めての経験だから。そして赤襖に直江の家紋付。しかしこの後、突確→通常でまさかの転落。なんだか段々連チャンの数が少なくなってきたみたい。 とはいえこの時点で出玉のほうはざっと30000個。そろそろテレビでは日本シリーズが始まろうとしている時間。まさにこの時を待っていたのだ。さすがにビールは飲めないので、コーヒーでも買ってゆっくり試合終了まで野球観戦といきますか。なんて幸せなひと時なのだろう。

そうはいっても遊んでいるわけではないので、しっかり止めるところは止めないとね。この後、今日初めてのちょっとした嵌り。なんていう程でもないか。500回を超えたところで悲しいかな2ラウンド通常。都合800回手前で突確から本日二度目のキセル予告登場。掛かったリーチは直江さんで、当然の如く当たり。その保留で捨丸登場、万事休すかと思っていたら最後の最後で襖が開き大ふへん者で救われる。ふぅ・・・休む間もなく今度は岩兵衛登場であっ気なく無念の2ラウンド通常となった。朝のでかいのが無かったらどうなっていたことやら。

テレビ観戦も終りそろそろ時間も気になりかけていたところに、疑似連が1回、2回ときた。いつもはだいたい2回止まりで3回きたところでそれ程熱くもない演出だが、これがびっくり仰天の4回となり大当たり確定。へたをすると取りきれない可能性もあるので、ここは止め打ちも程々に消化優先で回していくことにする。案の定150回とか引っ張られちゃうし(笑)。 しかしそんな心配をよそに今度は3回で終了。とはいえ、時間的には丁度良いところなので時短を消化して終了とした。

<タッキーのひとり言>

冒頭でも書いたけど、大物スターの逮捕には驚いた。ファンでもなんでもないが、やはりショッキングな出来事だと思う。加えてメディアの対応も手のひらを返したような扱いで、擁護するつもりは全くないが些か賛同しかねる部分もある。あれだけ多くの楽曲があるが故、普段の生活で何気なく耳にする曲も彼の手がけた歌だったりするわけだから、その全てを消し去るのは不可能だと思うし。一言でいえば、哀れという言葉以外は見当たらない・・・。
text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る