> > CR闘牌伝説アカギ狂気編 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CR闘牌伝説アカギ狂気編  
text by 冬月カースケ
 
筐体画像 ついに、雪山に行って初滑りをしてきた。まだ人工雪で狭いゲレンデだけど、この時期にしては十分な状況で、所属するスクールの研修と自分の練習を兼ねて二日間たっぷりと滑ってきた。

久しぶりに触れる山の清新な空気はことさら気持ちよく、やはりスノースポーツはいいなぁと改めて実感してきた次第。下山すれば空気の悪いホールで過ごすことが大半だから、よりそう思うのかな。

でも、仙人のように空気を食べては生きていけないから、今日も頑張ってホールに向かうのだ。向かう先は、近隣に大規模チェーン店のグランドオープンを近々に控えているA店(3円無制限)。幾ばくかの「やる気」を出していてはくれまいか・・・。

道路がやたらに渋滞していて、A店に着いたのは開店から12分後。ホールに遅刻だけはほぼ絶対にしない自分だけど、この日は朝方からMの追悼コンサートの準備やら何やらで片付けなきゃならない事が何点かあったために、仕方ないとしておこう。客つきのいいA店とはいえ、15分後なら大体の釘は見られる。

ざっと見てみるが、まるで開いてない。ひっかかったのは『冬ソナ2』だけで、いったん車のキーを置くが、しみじみ見るとやはりギリギリの勝負しかできそうにないので止めておく。

「今日はこのまま帰ったほうがよさそうだ。それが賢いな」「大体、今日はコンサートの準備でやらなきゃいけないことがかなりある。だったら、潔く撤収すべしだ」とか色々なことを考えながら、最後に見ていない(後回しにした)シマへ入る。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る