コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CRA響三姉妹9AU  
 

実戦データ
店舗名 関東L店
換金率 3円
遊技ルール 無制限・移動あり
機種名 CRA響三姉妹9AU
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
3000737疑似連三姉妹
8連チャン
392連チャン
1353連チャン
1552連チャン
ゴーストに移動
4051疑似連
380終了
総投資額 3000円
総回転数 ***
大当たり回数 1+23回
確変回数 ***
総出玉数 0個
換金額 0円
収支 -3000円

■いいのか悪いのか・・・・

今日、並んでいるL店(3円無制限)もそのひとつ。数年前には一時期メインにしていた店。4日間休んで、1円パチの導入と台数の削減→シマ変更という大きなリニューアルを敢行。今日はその初日。換金率のアップがないので、いくらかは期待できるかもしれないということで、消極的な気持ちで並びに参加。

開店30分前なので、すでに100人以上の列が出来ている。先頭のほうに、以前よくK店で一緒に打っていた川ちゃんがいる。カースケを見つけると、ニコニコと寄ってきてくれてひとしきりの情報交換。もちろん暗い話題になってしまうのは当然の成り行き。ほどなく、店員さんが新台の整理券を配布し始めた。自分のところまでは回るまいと思っていたら、あにはからんや『ゴースト ニューヨークの幻』が数枚余っていたので、とりあえず貰っておいた。あてもないので、まずはうろうろせずにすむから。

時間はあっという間に過ぎ、開店時刻。人波に背中を押されるようにして、まずは『ゴースト』のシマへ向かう。アキになっている3台ばかりを「横の比較(故・田山幸憲プロの造語)」で寄り調整のいい台を一台押さえる。ヘソの幅はまずまずで、寄り釘も汚くはないので、やれるかもしれないという思い・・・。そして慌てて羽根デジのシマに視察に赴く。

行ってみればいつもよりは、釘がいいと思われた。ざっーと見ていくと『響三姉妹』の釘がいい感じ。あれ?見知らぬところにランプがついている。ちょうど川ちゃんが通りかかったので、聞くともナシに見て貰うと、潜伏だと。ふーん、ルール違反ではあるが、すぐに当たるはずの羽根デジの潜伏だから、まずは出玉をもって速攻で新台に移動するという本来やってはならないダーティな選択をする。

ところが、悪いことはできないもので、数回転で当たると思いきや、モードチェンジを繰り返し20回転を超えても当たらない。リーチもかかったので、3分近く時間もたっている。玉抜きの時間を考慮すればここが限界だろう・・・・保留が消えるのを見届けてから、急いで『ゴースト』のシマに鍵を取りに行けば、待ってましたとばかりに誰かが押さえた。「ガンバってね」どこのどなたか知りませんが。

そして、腰を落ち着けて打ち始める。鍵をどけた理由のひとつは、ステージが使えそうで1000円25回転くらいが見込めそうだということ。早く玉になってこの回転率なら、日当は出るはずだ。と虫のいいことを考えてみても、当たる気配はない。モードが偉いところに行き来するので、間違いなく高確率なのだろうが、30 40 50 60 回転と当たらない。ついには70回転を超える。73回転目、疑似連とフラッシュが重なって三姉妹のリーチでようやく当たる。7倍はまりかと思っていたら、そんなことはなく1/20の確率だったと後から気づく。それでも3倍オーバー・・・。でも投資はちょうど3000円で上皿に玉がかなり残っていたので、やれると思う。

この当たりは、赤い図柄ばかり引っ張ってきて、8連チャンとなった。出玉は3500個といったところか。玉箱が変わっていてよくわからないが、まあそんなとこだろう。その後もはまることなく初当たりが2回やってきて、出玉は5000個弱くらいになった。そしてそこから数時間モミモミの状態に入り、玉は4000個のラインを行ったり来たり・・・。よそであぶれた弟子が到着したので、偵察がてら他のシマを見に行けば、朝から一度も当たっていない角番の『ゴースト』が空き台になっている。釘を見ればやれるような気もするので、とりあえず確保。そこからどうなるかはパチの神様次第か・・・。


■またもや「幻」の勝利に・・・・

弟子に『響三姉妹』は任せて、自分は『ゴースト』に移動。「お待たせしました」今日はこの子にやはり縁があるらしいから、よろしくお願いします。5000個近くあるので、この玉で一回くらいは当たるといいなとばかりに慎重に回しにかかる。望外にいい感じ。1000円28回転くらいのベースで進行していく。あちゃ、やっぱ今日はこっちから行くべきだったのかもね。とは言うモノのここまでの展開は申し分ないわけで、ラッキーなことが続いているから、この流れに身をまかせることに。

ヘブンフラッシュが何度かきたが、当たることはなく玉はどんどん消えていく。前のお客さんと合算で1200回転を超えたところで、ラインが増える光リーチが最終絵柄で停止。青図柄で昇格はナシだが、とりあえず玉を確保。アタッカーは3分ちょいと優秀だったが、時短の玉持ちがきつい。打つ場所も悪い上に、止め打ちのタイミングもへぼくて、玉はかなり減った。

この玉がなくなったらどうしようかなあと考えてたところに、メールが入りなじみのスキーショップから。注文の板が入荷したとのこと。おお。。明日から山に入る予定でなんといいタイミング。いてもたってもいられずに、それでも目先の玉は大事だから打ち続ける。そんな気持ちが反映してかしないでか、玉は壊滅。ちょうど知り合いのさーちゃんが来たので、台を譲って脱兎のごとくスキー板を取りに行った。

負けは3000円ちょうど・・・・今日も今日とてダメ稼働なり。勝利は、またもや「ゴースト(幻)」に終わる。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る