> > CR遠山の金さんNL 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CR遠山の金さんNL  
text by タッキー
 
筐体画像 さて、今年も色々なことがあり、そしてまた一つ歳をとるという紛れもないこの事実。決して若くはないお年頃になってきたせいか(笑)、近頃は益々その思いが強まる。とはいえ10年前を振り返ってみると、まだ30代前半だったにもかかわらず20代を恋しく思ったりしたものだ。ということは、これから5年、10年と月日が経つにつれ、きっとあの頃は良かったなぁと思うに違いない。だからきっと今この瞬間が一番良いわけで、大事にしなければならない時間なのであろう・・・。

では本題に。いよいよ本年最後の実戦機種となってしまったが、その最後を飾るのは斬撃センサーで話題の『CR遠山の金さん』である。
あ〜、思えばこのメーカーの台を打つのも久しぶりのことだなぁ。いったいいつ以来だ? 思い出した、そうそうあれは去年の夏頃に『新レレレにおまかせ』を打って以来のことだ。その前となると『Gメン‘75』『湘南爆走族』『イヤミのここで一発』といったところか。ひょっとすると、長いパチ歴の中でもっとも多く打ったのがこのメーカーの台かもしれない。
色々な意味でお世話になったメーカーだ。そんな思いからも、今日は心して打ってやろうではないか(笑)。 

今日は新台入れ替えの2日目となっている。昨日はどうしたかというと、前々から家族との約束があって一日お休み。その昨日の状況は、知り合いからの話だと初日にしてあまり回ってない様子だったということ。ということは、今日に関しては釘の方も据え置きか、締められたとしてもそれほど大きなものではないだろう。きっと何処かに回る台が存在する筈。
逆に昨日の時点で結構回っていたというならば、近頃の例からいくと全台が締めの対象になってしまうのだ。

とまぁ、勝手な解釈をながらいざ入店して釘に目をやると、これが中々そそるようなヘソで、思わずその1台を確保した。中には若干手を加えられたであろう台も見かけたが、この台に関してはきっと昨日と同じ釘だと思う。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る