コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CR遠山の金さんNL  
 

実戦データ
店舗名 関東K店
換金率 40玉
遊技ルール 無制限・台移動・出玉の共有不可
機種名 CR遠山の金さんNL
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 3000円
総回転数 3206回
大当たり回数 23回
確変回数 6回
総出玉数 14214個
換金額 35500円
収支 32500円

勇気を出して斬った(笑)。

そしていざ打ち始める段階になってちょっとした台のトラブルが発生、待つこと10分。すると従業員がサービス玉と称して幾ばくかの玉を入賞口にいれてくれた。お陰で、1000円辺りどの程度回っているのかさっぱり分からない(笑)。 そしてその1000円を使った40回転目、疑似連が3回続き「チャンバラチャンス」リーチとなった。これが噂の「斬撃センサー」か。先程、隣の人も何食わぬ顔で斬っていたので、ここはオイラもひとつ恥じらいを捨ててビシッと斬る・・・って外れかよ(笑)。 

まったくもう、オレがどんな思いで手をかざしたかお判りかい? これにはちょっとぶ然。もう二度と斬るのはよそう(笑)。
冗談はさておき、このガラスに手をかざす行為はどうも抵抗がある。なんかこう、悪さでもしてるような怪しさがあるのよ。慣れないから、ついついキョロキョロしちゃってなお更だ。おまけに隣の人が斬ってる仕草を見ると、よく年配の人が絵柄に向かって当たれ当たれってナデナデしているそれに似ていて、なんか格好がつかないんだよなぁ。
斬新なアイデアではあるけれど、オレは天の邪鬼だからやらない(笑)。

では気を取り直して・・・回していくと、またしても「提灯役物」が壊れそうな勢いで1回、2回、3回と、そして掛かったリーチが実写系の「一刀両断」リーチだ。しかもこの時、盤面右下にある「坊主」役物が光り、そこには「寿」の文字が。これはもう紛れもなく超激アツってことで、当たった絵柄も「五」。使ったお金はたったの3000円、116回転目の出来事。お陰で1000円分ぐらい儲かった計算になる(笑)。 しかしこれは残念ワンセットで終了。

実を言うと、打ち始める前はうんざり感たっぷりの台だったらどうしようか、なんて心配していたのだが、これが意外や意外、最近の台の中では消化もまずまずだし(とはいえ、時間300回に届くかどうかってところだが)、中々の好感触だ。
そして何より、潜伏確変も無く、アタッカーパカパカも無く、打ち手には優しい台だと思う。つい何年か前までは散々潜伏を拾ってばかりいたくせに(笑)。

次も早いのがきたが、確変だったとはいえこれもワンセットで終了。

そして一箱分の玉が飲まれる手前で「雷雲モード」に突入。画面には「リーチが熱い!」なんてテロップが出たけど、突入した回転で掛かればそれなりに熱いのだろうが、保留が何個か消化した状態じゃね、なんて思っていたらその何個目かに掛かったリーチが本当に熱かった。疑似連は2回だったものの「遠山桜フラッシュ」も連動した上「寿フラッシュ」までもが発生し見事大当たり。絵柄も「四」から「五」へと昇格した。

今度こそはちょっぴり大きな連チャンに期待しながら確変中限定の演出で揃った絵柄は「二」。「金」の絵柄を増やせれば確変の期待が高まるところ。全絵柄中「四、六」が「金」となったので再抽選で「一」から始まる全回転が「二」を過ぎてくれれば確変決定である。
これまでの流れからも大概は三個以上移動しているので、間違っても「二」で停止するなんてことはないだろうからこれは貰ったも同然。そしたら、これがまた皮肉にもたった絵柄一個移動しただけで「二」の所で止まってしまった。中々に奥の深い台だこと。

しかし今回はこれだけで終わらなかった。その時短中、画面いっぱいに「桜紋アタック」なるものが張り付いて「五」が三つ揃ってしまった。これがなんと都合8連チャンとなる。出玉のほうもざっと19000個ぐらいか。この後が楽しみになってきた。

本年最後に勝ててひと安心。

肝心の回りの方はというと、見た目の釘に似合わず(笑)、1000円辺り25回程度のギリギリの回りだ。20後半はあると踏んだのだがとんだ見当違いだったようだ。
この後は500超えで本日初の2ラウンド確変となる。たまに襖の色が赤くなるくせに別段熱いリーチが掛かる訳でもなく不思議に思っていたら、今回初めてここから発展して2ラウンドランプが光った。当然この時点で電チューサポートも付くので、玉を減らすことなく次の当たりを待つことができる。しかし今回は残念、1回ポッキリで終了。

次は早かった、たった50回転かそこらで「提灯」が赤くなって簡単に当たった。そしてこれがなんと6連チャン。今日もまた確変に救われる。そして更に今度はその「提灯」がいつもは下から順に上がって行くのに、今見る上から下へ逆になっている。おまけに赤い色で。掛かったリーチも「チャンバラチャンス」リーチだ。手をかざさなかったのがいけなかったのかなぁ・・・あっさり外れてしまった。

そんなことがあったせいか、この後ずるずると後退してしまった。600手前で「一」、500手前で「四」。最後もまた単発で、時短を消化したところでぴったり10時となり、ここで終了となった。
大きな音と眩しい光には参ったが、個人的にはお気に入りの部類に入る台だった。耳栓とサングラスは必須アイテムだ。

<タッキーのひとり言>

なんだかんだと言いながら、今年もこれが最後の実戦コラムとなってしまった。これもひとえに読者の皆様方のお陰だと心から感じております。一年間お付き合い頂きありがとうございました。
僕らのやっていることは決して夢を売る商売ではないけれど、このコラムを見て少しでも明日への励みになれたら、との思いで日々これを書いています。オレなんてパチンコで表現するならば、まだまだステップ2ぐらいの段階だから。それでも時には当たることもある(笑)。 
冗談はさておき、今年一年幸せだったという人も、残念ながらそうでなかった人も、来年はもっともっと良い年でありますように祈っています。それでは良いお年をお迎え下さいませ。
ここで少しの間お休みを頂きますが、俺たち直ぐに戻ってきます!(笑)。
text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る