コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CR花の慶次−雲のかなたに−  
 

実戦データ
店舗名 関東K店
換金率 40玉
遊技ルール 無制限・台移動・出玉の共有不可
機種名 CR花の慶次−雲のかなたに−
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 15500円
総回転数 3634回
大当たり回数 35回
確変回数 5回
総出玉数 21650個
換金額 54000円
収支 38500円

居心地だけではもはや限界かもしれない。

それでは本題に。正月も明けて何日か経つというのに、ここのお店の釘は相変わらず正月仕様のままだ。もちろん酷い方の仕様なのはいうまでもないか(笑)。 それでも、探せば何処かに打てる台が1台か2台あるのがこの店の良いところ。

そして入店していつものように『CR花の慶次−雲のかなたに−』の島から釘を見ていくと、その中に1台だけ打てそうな釘を発見。間違いなく本日開きになった台。何処まで回るかは打ってのお楽しみだが、とりあえずこれをキープ。念の為ぐるっと店内を見て歩くも、あまりの渋さに途中で嫌になって半分ほどの台を見ただけで「あ〜もういいや って感じで先程押さえた台と向き合うことに決め込む。

『慶次』を打つのも久しぶりのこと。そういえば「直江兼続」のドラマが始まるのを去年の冬頃から楽しみにしていたというのに、見るのを忘れてしまった。ビデオに撮るのも忘れた。本まで買って読んだのに。慌てて実家に連絡したら、再放送があるのを教えられて一件落着。今度は見逃さないようにしなくっちゃ(笑)。

一喜一憂した展開に・・・。

さて、その肝心の『慶次』、現金で何処まで追えるかはっきり言って自信がない。いいとこ1000円辺り30あるかないの釘なのは分かりきっているので、正直おっかない。いきなり1000回オーバーなんてことになったらきっと逃げ出してしまうに決まっているから。

おっかなびっくり回していくと4000円目まではぴったし30回だったが、徐々に落ち始めて、やっぱり駄目かぁと思った矢先の242回転目、いつもは大概2回で終わってしまう「桜吹雪」の疑似連が3回まで続きステップ5は「直江兼続」。「金扇子」「赤襖」「金」のセリフ枠。とどめは「キセル」予告と続いて、いったいどんなリーチになるのかと思っていたら「伊達政宗」にガクッときたが無事大当たり。

さすがにこれだけ強い予告が重なれば当たらないほうが不思議なくらいだ。ではお楽しみのバトルへと・・・そう思ったのも束の間、一度も「城門」へ行くことなく「捨丸」が登場してあっけなく敗北。もちろん2ラウンド通常の方で、打っていて恥ずかしくなるよ、まったく(笑)。 当然ながらこれっぽっちの玉はあっという間になくなった。

しかし、次の当たりも早かった。400回手前のところで、前ぶれもなく「傾奇ゾーン」突入となるパターン。てっきり通常の方だと思ってたら、確変だった。これが「もののふチャンス」から「直江兼続」となり大当たり。いやぁ、何度打っても面白いなぁこの台は。

今度こそは長めの継続に期待していると、まずは「捨丸・岩兵衛」が登場してきっちり「城門突破」となり大当たり。つづいて「慶次」がお出ましとなってこれも簡単に大当たり。これで3連チャン。よしよし、これでちょっとは格好がついたかな。このくらいで満足してしまうのもなんだが、まあいい。そしてここで「捨丸」が出てきてしまった。この流れだと、右へ行けば簡単にやられちゃうパターンか? はい、あっさり敗北。この時点で使ったお金は15500円也。

次もさっきと同じようなところで当たった。その間、何も見せ場がないところがこの台の特徴かもしれない。淡々とデジタルだけが回っていく感じ。400回ちょっと超えたところでステップ5が「慶次」となって待望の「キセル」予告だ。そして掛かったリーチは何と「聚楽第」! これでようやく一息つけるかな。おっと「捨丸」登場。信じ難いがここでもまた敗北してしまった。もうどうにでもなれっての。

そしたらその時短終了間際に「ピー」音が鳴り「捨丸」がピンチを救ってくれた(笑)。 ここからが普通は凄いことになるんだろうけど、一体全体どうなっているのやら。今度は「岩兵衛」にやられてしまった。いいかげんがっくりきたところで、その「岩兵衛」が大当たりを引き戻す。こんなことってあるのかねぇ・・・。

この後は一気に10連チャンまで伸び、最後はきっちり「捨丸」で納得の敗北。ドキドキしながらも終わってみればそれ相当の出玉になった。ところがまだ終わらなかった。時短終了間際の98回転目、またしても引き戻してしまった。さらに6連チャンを追加して、いったい何回続いたのだろう。はっきり分かることは出玉が30000個を超えたということ。3時間ぐらい続いたのだろう、その間トイレにも行かず(笑)。 こんなに続くと分かっていたなら、コーヒーでも飲みながらゆっくり楽しみたかったなぁ。

まだまだ時間はたっぷりあるので、この後もお楽しみだ。回りの方も、30回オーバーとはいかないまでもそれに近い回りになってきたので、これだけの玉があれば安心。そして一箱、また一箱とだらだら飲まれ始めて、またしても何の見せ場もなく気付いたら1000回転を超えていた。超えた直後に「桜吹雪」が3回続き、ここで「キセル」予告が来た。しかしこれ以外は何にもない。せめて「赤文字」でもあればいいのだが。掛かったリーチは「真田幸村」。「冗談じゃねえぞ〜このやろう」って感じで外れました(笑)。 

結局3時間ほど楽しい思いをした後は、4時間近く何の音沙汰ないまま時間切れとなってしまった。1253回転。できることなら朝まで打っていたいんだけどなぁ。動き始めたばかりでまだまだ体力もあるし。

<タッキーのひとり言>

打ち終えて、たまには近場の店も覗いてみたいと思い、急いで地元へ戻って閉店間際の店を3軒ほど釘だけを頼りに見てみたら、意外にも打てそうな台がゴロゴロしていたのには驚いた。今いる店の締まっている釘と比較してのことだが、何か訳ありなのかなぁ・・・それとも今の店の釘に慣れてしまったせいなのかな(笑)。 何れにしても駄目だった時のアテだけは確保できたので喜んでおかねば。
今日は、昼間の電話と夜の店回りで明日への望みと生きる勇気と元気をもらった一日だった。
ちょっと大げさか・・・。
text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る