コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CRA海物語スペシャルwithアグネス・ラム  
 

実戦データ
店舗名 関東R店
換金率 3.3円
遊技ルール 無制限・共有・台移動自由
機種名 CRA海物語スペシャルwithアグネス・ラム
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
5008移動
100023移動
50010移動
150023移動
1500358マリン
59移動
5000119移動
3500735パールFノーマル
15魚群珊瑚
459連続予告マリン
983マリン
22ノーマル
944ノーマル
 1445ノーマル
15魚群黒潮
504ノーマル
415RパールFノーマル
415Rサム
133魚群黒潮
1689魚群マリン
2225ノーマル
1405パールFマリン
14ノーマル
14パールF珊瑚
54ノーマル
1001パールFマリン
488ノーマル
3332ノーマル
308ノーマル
1017魚群マリン
103パールF珊瑚
2123ノーマル
197終了
総投資額 13500円
総回転数 2374回
大当たり回数 26回
確変回数 ***
総出玉数 0個
換金額 0円
収支 -13500円

■3軒目にたどりつけば・・・

市役所に行く用事があったので、それをちゃっちゃと済ませ開店15分前に着くと、顔見知りの常連さんがすでに5〜6人並んでいる。「おお、久しぶり」と声をかけられ談笑すると、すでに特別なイベントはやってないらしい。おまけに、「1万円で200回回る台はないよ!」とも言う。打ちっ放しの常連さんだから情報としては確実じゃないが、厳しいことは間違いないだろう。

さっそくの移動を考えるが、あと5分で店は開くのだから見るだけは見ておこう。で、店内に入り一周。ヘソが大きく見えるものの、みんな寄りが苦しい。ネカセも悪そうだ。あとは見た目からして悪い。それでも5分以上はいただろうか。馴染みの店員さんに軽く挨拶をして店を去る。

2軒目に行くべきは、羽根デジのイベントをやっているI店(3円)。貯玉が使えるので打てる台があれば・・・と思うが、昨年末に貯玉は壊滅しているので0からのスタートとなる。客付きはよくない感じ。シマを巡航しているとランプがピカピカしている「EX麻雀」には顔見知りの谷ちゃんが座っている。新年の挨拶もそこそこに様子を聞いてみると、昨日は22連チャンしたけど打てなくて流した、今日は拾えたけど(潜伏確変)、この台もダメだ。とかそんな話ばかり。

目当ての羽根デジのシマの客付きはまあまあ。開いている台を過去の経験と横の比較をしながら5台ばかり触ってみるがどうにもこうにも。5000円をばらまいて、当たりは『ハイパー海』で一回だけ。それも冴えない回転数であっという間に飲まれ、移動を決意。これからは、巡回ルートかI店はきっぱりと削除しよう。「さようならI店」。

三軒目は3.3円のチェーン店。昨年末に何回か覗いて大まかな状況はつかんでいるつもり。しかも今日は新装開店日に当たっている。『アグネス海』が大量の追加導入。昼を過ぎているので箱を積んでいる人もちらほら、空き台もちらほら。

ざっと見ていくと、増台になったほうのヘソは旧台よりは大きい。しかも風車上の鎧釘の左側がプラス調整になっている。アタッカーは左がかなりマイナスになっているが、右はノーマル。スルーは足りるかどうか程度。換金率から考えると打てそうだ。というわけで、一台を選んで打ち始める。

最初の500円で13回。次で12回。これが本物なら打てるのだが・・・回りはあがったり下がったり、右も試してみたりで・・・5000円打ったところで119回。やれると思うが、もっと上があるかもしれない。気になったもう一台に移動する。さすれば、500円で18回、16回、14回、15回と素晴らしいペースで回り始める。と思いきや、2500円目からは、8回、6 回とヘソがまるでどこかに消滅したかのように低下する。

「うーむ」とつぶやきながら玉貸しボタンを押すと、連続予告からの魚群がモノになる。これが保連と時短で都合個の6ラウンド。次は確率ラインでぼちぼち当たり、何となくの玉が出来る。とりあえずこの玉で様子を見ることは出来そうだ。羽根デジにしては、総額13500円という投資的に痛いラインに入っているわけだし。

確率ラインを超えて回りも持ち玉も怪しいラインにさしかかった時に、ノーマルから6ラウンドをゲット。これが保連と時短で3回当たった時に、ついに15ラウンド当たりが訪れた。楽しみな100回時短つき。展開としては、保留連ではなく100回を消化する当たりで当たるのが理想なのだが(時短で玉が増やせるため)、と思っていると保留の4個で魚群から出てきたのは、サムくん。これなら大歓迎と15ラウンドの連チャン。

4%といえども引く時には引くものだ。逆も一杯あったからね。たまにはいいべさ。そしてこの100回時短もわずか13回転で6ラウンドを引き当て6連チャンを達成し5000個以上の玉が出来あがった。「何だか今日はいけそうな気がする〜(笑)」

しかしいけそうな気がしたのはただの気のせいだった。ここから初当たりは確率越えのオンパレード。かつ8回連続で保留連チャンなしで、出玉は減るばかり。虎の子の出玉は6時過ぎに壊滅した。

■打ち切れないという悩み

はまって玉がなくなるのはどうってことはないが、時折やってくる1000円15回以下の回りムラに気持ちが悪くなる。丁寧に丁寧にストロークを動かして集中しながらでもこれだから、とても疲れる。

残りの時間は店回りに充てるべし。そこから3軒巡回し、帰宅は8時前。やるだけはやったと思う、多分。

うーむ、新年から敗北は残念。当たりが足りなかった展開よりも、打ち切れる台を探せなかったことに前途の暗雲を感じる。何か大きな方針の転換が必要な時に来ているのだろう。

実は現場での『ラムちゃん』は初打ちだったのだが、ラウンド振り分けが隔たると苦しいかもなあ。逆ならいいけど。それと、連チャン確定の「アグネスサインロゴ」は一回も出なかったけど出現率はかなり低いのかな? ていうか、保留連チャンほとんどしなかったせいか・・・。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る